ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
アニメ『SSSS.GRIDMAN』の登場人物。

プロフィール

身長169cm
年齢43歳
誕生日1974年11月6日(さそり座)
血液型B型
CV新谷真弓

概要

テレビアニメSSSS.GRIDMAN』の登場人物。DVD・ブルーレイ第2巻の解説書掲載の設定画によると、本名は宝多織江。夫の詳細は不明。


宝多六花母親で、リサイクルショップ「絢 JUNK SHOP」を営んでおり、この店に置いてあったパソコンジャンク」が響裕太たちとグリッドマンを引き合わせた。

赤みを帯びたショートカットと、黄色い目玉の耳飾りが特徴的。

自称シャーリーズ・セロン、またはアンジェリーナ・ジョリー


六花とは親子ながらタメ口を使い合う仲の良さで、六花の「セレブっぽい生活をしている」という噂は母の趣味によるものが大きい。六花はそれらを愚痴りつつも邪険にはしておらず、チーズフォンデュが好物になるなど影響を受けている。


性格は明るく溌剌としており、ノリが軽くフレンドリー。

ボイスドラマ第2.2回で裕太たちを夕食に誘ったり、その申し出を受け入れたサムライ・キャリバーを初対面ながら「キャリちゃん」と呼んで本人を戸惑わせるなどしていた(第3回の新世紀中学生初集合時には驚いていたものの、翌第4回では普通に応対している)。

普段から店に入り浸っている新世紀中学生を度々心配する様子を見せ、見ず知らずのアンチに対して食事を御馳走するなど六花同様お人好しな一面もある。ボイスドラマ第2.2回でグリッドマンの声を聴いた時はめっちゃかっこいい声と評した。

かなり面倒見もよく、良くも悪くも「関西圏にいそうなノリの良いおばちゃん」を地で行く部分がある。

ボイスドラマ第4.4回ではそんな彼女の信念もいくつか明かされている。


映画『グリッドマンユニバース』では新世紀中学生に加えて、ツツジ台の世界に飛ばされてきたガウマ隊の面倒を見るなど以前と変わらない世話好きの一面を見せた。


余談

  • 瞳の色は黄色。本作キャラクターの瞳は基本的に味方=青、敵=赤と推測されている(グリッドマン同盟ではないがなみこはっすも青色)が、彼女はグリッドマン及びある人物と同じ色になっている。
  • グリッドマン同盟新世紀中学生に一番近い一般人であるためか、記憶改変がどこまで適用されているのか若干曖昧。少なくとも怪獣や実体化したグリッドマンたちの記憶は通常通り改変されている様子だが、改変前のやり取りで生まれた「キャリちゃん」というキャリバーへの呼び方はその後も引き続き使用している(期間は空いているので、仮に記憶改変の影響で覚えていなかったとしても、その間にまた同じやり取りをしていた可能性もあるが)。
  • ファンの間ではモデルはトランスフォーマーのG1メガトロン、若しくはその元になったミクロチェンジガンロボと推測されている(ちなみに、G1メガトロンとガンロボの当時の玩具も瞳の色が黄色である)。
  • 彼女の耳飾りは同じTRIGGER作品の宇宙パトロールルル子で新谷氏が演じたミドリ・セイブザワールド第三の目に酷似しており、所謂中の人ネタと考えられる。同様に、ボイスドラマ第9.9回のタイトル(六花ママのセリフでもある)「反省します反省しました」がミドリのセリフであることも中の人ネタである。因みにミドリの人形はアカネの部屋に飾られる形でカメオ出演している。
  • 彼女が営む「絢」ではジャンクのような電子機器から電化製品、照明器具、家具、衣類など様々な商品を扱っている。店の奥にはカウンター式の喫茶コーナーがあり、お茶や軽食が楽しめるようになっているが、新世紀中学生以外の常連は少なくあまり儲かっていない様子。新世紀中学生相手に「ドブみたいな匂いがするほうじ茶ラテ」を出してしまい、ボラーたちから顰蹙を買ったこともある(ボイスドラマ第9.9回)。
  • 第6回の「海苔煎餅」や、ボイスドラマ第8.8回の「きなこ豆乳」などのセリフはアドリブである。前者は、アフレコ後にわざわざ絵を新規で描き足された。

正体について

グリッドマンの同類であることを表すかのような黄色い目をしていることもあり、正体の考察が盛んであるが今のところ有力な答えは見つかっていない。


店の屋号(特撮版は「彩」で読みは同じ「あや」)やジャンクが置いてあること、浪人中の兄がいるなどの情報から、特撮版『電光超人グリッドマン』に登場した馬場一平の妹・カナであるとする説や、六花と家庭環境が似ていてアノシラスやジャンクと縁があり、アシストウェポン達から最も信頼され、グリッドマンを応援していた人物である井上ゆか本人であるとする説。彼女だけ唯一純粋なコンポイドという説などが挙がっている。


特典のブックレットによればキャラモチーフはミドリ・セイブザワールドであり、目の色が黄色なのもそのためであるという公式の見解があげられた。

これは作品の雰囲気がシリアスになり過ぎないようにライトな作品である『宇宙パトロールルル子』からキャラを引き継がせたため。アレクシスも同様の理由で引き継がれている。

つまりグリッドマンとアレクシスと六花ママの目が黄色なのは、電光超人グリッドマン』と『宇宙パトロールルル子』というSSSS.GRIDMAN以外の作品から引き継がれたキャラだからである。


またキャラデザの坂本勝氏は、六花ママとアレクシスはコンピューターワールドじゃない世界出身で、SSSS.GRIDMANの台本を読んで、ストーリーを知っているメタキャラだと監督が言っていたと語っている。

この事を踏まえて本編を見ると、第五回で新世紀中学生に言った「働いているの?」もそのままの意味だけではなく「グリッドマン同盟の護衛はどうした?」と言っているようにもとれる。


以上のように様々な説があるが、公式設定として明言されたことはどれも一度もないためその点は注意が必要である。


関連タグ

SSSS.GRIDMAN 母親 ママン 宝多六花 六花パパ ???

プロフィール

身長169cm
年齢43歳
誕生日1974年11月6日(さそり座)
血液型B型
CV新谷真弓

概要

テレビアニメSSSS.GRIDMAN』の登場人物。DVD・ブルーレイ第2巻の解説書掲載の設定画によると、本名は宝多織江。夫の詳細は不明。


宝多六花母親で、リサイクルショップ「絢 JUNK SHOP」を営んでおり、この店に置いてあったパソコンジャンク」が響裕太たちとグリッドマンを引き合わせた。

赤みを帯びたショートカットと、黄色い目玉の耳飾りが特徴的。

自称シャーリーズ・セロン、またはアンジェリーナ・ジョリー


六花とは親子ながらタメ口を使い合う仲の良さで、六花の「セレブっぽい生活をしている」という噂は母の趣味によるものが大きい。六花はそれらを愚痴りつつも邪険にはしておらず、チーズフォンデュが好物になるなど影響を受けている。


性格は明るく溌剌としており、ノリが軽くフレンドリー。

ボイスドラマ第2.2回で裕太たちを夕食に誘ったり、その申し出を受け入れたサムライ・キャリバーを初対面ながら「キャリちゃん」と呼んで本人を戸惑わせるなどしていた(第3回の新世紀中学生初集合時には驚いていたものの、翌第4回では普通に応対している)。

普段から店に入り浸っている新世紀中学生を度々心配する様子を見せ、見ず知らずのアンチに対して食事を御馳走するなど六花同様お人好しな一面もある。ボイスドラマ第2.2回でグリッドマンの声を聴いた時はめっちゃかっこいい声と評した。

かなり面倒見もよく、良くも悪くも「関西圏にいそうなノリの良いおばちゃん」を地で行く部分がある。

ボイスドラマ第4.4回ではそんな彼女の信念もいくつか明かされている。


映画『グリッドマンユニバース』では新世紀中学生に加えて、ツツジ台の世界に飛ばされてきたガウマ隊の面倒を見るなど以前と変わらない世話好きの一面を見せた。


余談

  • 瞳の色は黄色。本作キャラクターの瞳は基本的に味方=青、敵=赤と推測されている(グリッドマン同盟ではないがなみこはっすも青色)が、彼女はグリッドマン及びある人物と同じ色になっている。
  • グリッドマン同盟新世紀中学生に一番近い一般人であるためか、記憶改変がどこまで適用されているのか若干曖昧。少なくとも怪獣や実体化したグリッドマンたちの記憶は通常通り改変されている様子だが、改変前のやり取りで生まれた「キャリちゃん」というキャリバーへの呼び方はその後も引き続き使用している(期間は空いているので、仮に記憶改変の影響で覚えていなかったとしても、その間にまた同じやり取りをしていた可能性もあるが)。
  • ファンの間ではモデルはトランスフォーマーのG1メガトロン、若しくはその元になったミクロチェンジガンロボと推測されている(ちなみに、G1メガトロンとガンロボの当時の玩具も瞳の色が黄色である)。
  • 彼女の耳飾りは同じTRIGGER作品の宇宙パトロールルル子で新谷氏が演じたミドリ・セイブザワールド第三の目に酷似しており、所謂中の人ネタと考えられる。同様に、ボイスドラマ第9.9回のタイトル(六花ママのセリフでもある)「反省します反省しました」がミドリのセリフであることも中の人ネタである。因みにミドリの人形はアカネの部屋に飾られる形でカメオ出演している。
  • 彼女が営む「絢」ではジャンクのような電子機器から電化製品、照明器具、家具、衣類など様々な商品を扱っている。店の奥にはカウンター式の喫茶コーナーがあり、お茶や軽食が楽しめるようになっているが、新世紀中学生以外の常連は少なくあまり儲かっていない様子。新世紀中学生相手に「ドブみたいな匂いがするほうじ茶ラテ」を出してしまい、ボラーたちから顰蹙を買ったこともある(ボイスドラマ第9.9回)。
  • 第6回の「海苔煎餅」や、ボイスドラマ第8.8回の「きなこ豆乳」などのセリフはアドリブである。前者は、アフレコ後にわざわざ絵を新規で描き足された。

正体について

グリッドマンの同類であることを表すかのような黄色い目をしていることもあり、正体の考察が盛んであるが今のところ有力な答えは見つかっていない。


店の屋号(特撮版は「彩」で読みは同じ「あや」)やジャンクが置いてあること、浪人中の兄がいるなどの情報から、特撮版『電光超人グリッドマン』に登場した馬場一平の妹・カナであるとする説や、六花と家庭環境が似ていてアノシラスやジャンクと縁があり、アシストウェポン達から最も信頼され、グリッドマンを応援していた人物である井上ゆか本人であるとする説。彼女だけ唯一純粋なコンポイドという説などが挙がっている。


特典のブックレットによればキャラモチーフはミドリ・セイブザワールドであり、目の色が黄色なのもそのためであるという公式の見解があげられた。

これは作品の雰囲気がシリアスになり過ぎないようにライトな作品である『宇宙パトロールルル子』からキャラを引き継がせたため。アレクシスも同様の理由で引き継がれている。

つまりグリッドマンとアレクシスと六花ママの目が黄色なのは、電光超人グリッドマン』と『宇宙パトロールルル子』というSSSS.GRIDMAN以外の作品から引き継がれたキャラだからである。


またキャラデザの坂本勝氏は、六花ママとアレクシスはコンピューターワールドじゃない世界出身で、SSSS.GRIDMANの台本を読んで、ストーリーを知っているメタキャラだと監督が言っていたと語っている。

この事を踏まえて本編を見ると、第五回で新世紀中学生に言った「働いているの?」もそのままの意味だけではなく「グリッドマン同盟の護衛はどうした?」と言っているようにもとれる。


以上のように様々な説があるが、公式設定として明言されたことはどれも一度もないためその点は注意が必要である。


関連タグ

SSSS.GRIDMAN 母親 ママン 宝多六花 六花パパ ???

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 夏の夜の秘め事

    魔王杯SS わたしも参加させていただきます!! という訳で、夏の裕六です。 なんというか…いつも通りです。
  • ローファー

    第4回裕六大会二本目です 卒業を間近に迎え、高校生活を振り返る六花さん。そして裕太と一緒にどこかへ…… そして来週からDYNAZENONが始まりますね。楽しみです♪
  • お汁粉

    今日は鏡開きなのでお汁粉に関する裕六です 鏡餅最近飾るすらしてないな〜
  • 月と星々は見ていた

    今日は露天風呂の日らしいのでこんなお話を書いてみました。 もしかしたら、続くかも…?
  • 「パフェの日」

    パフェの日。珍しくジャンクショップ絢の手伝いをしているボラーと、お客内海の話。
  • オススメはスパロボ

    SSSS.GRIDMAN、スパロボ30参戦おめでとう🎉 を記念した作品です 裕太がジャンク屋をお手伝いしながら、六花とスパロボについて語るお話。 実際スパロボ30ではグリッドマンに裕太達はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
  • 暑い日にあなたへ小さな喜びを

    裕六SS。裕太が六花にカクテル(ノンアル)を振舞い、そんな裕太にちょっとトキメキしちゃう六花さんなお話。投稿直前に今日がILOVEYOUの日だと知って、その要素が無いわけでもないので合わせてみました!と言い張ってみたりと。 一応気にする人もいるかもなので言いますと、時系列は高三か謎時空かのいずれかで各々解釈して頂けたらと。 次回投稿→九月中旬内に長編四話目。その間で何か浮かんだら何か書くかもですが、とりあえずの予定です。
  • 「ワガママ」

    裕太と結ばれた六花。しかし悩みがあるようで?
  • 決戦?は誕生日

    一本目は裕太が宝多家の誕生日パーティーに招待されます。
  • 未来予想図Ⅲ・雪華爛漫編①

    グリユニ読み切り駄文、また未来予想図の新しい話を書いてしまいました(笑)。読み切りなのにシリーズ化している気がする(笑)。タイトルは『せっからんまん』と読みます。六花=雪の結晶なので、当然ながら今回の話は六花さんが主役です。そして、今回は今まで敢えて書かなかった六花さんと裕太の『そういう話』になるかもしれません(笑)!既にあんこまん先生とか他の創作主の方々がスゲー甘いのを書いてる中、駄文使いも遅ればせながら参戦する…かも(笑)?ヒロインズとグリッドマンの香水(笑)なんて商品が出るみたいですし、それを絡めてみるのも面白いかもしれませんね(笑)。
  • バーゲンの日

    短めですが、今日はバーゲンの日なので六花ママの買い物に駆り出された裕六です。 日常ほのぼの回です。
  • 雛は巣立つから

    ひな祭りなので。
  • 子供って、小さな怪獣

    ※ネタバレ注意!この駄文にはNetflixで独占配信中の映画『ULTRAMAN:RISING』のネタバレが含まれています! 6月14日に円谷プロとアメリカのVFX映像制作会社・ILM(インダストリアル・ライト&マジック)が共同で製作した『ウルトラマンUSA』以来となる日米合作のウルトラマン映画、『ULTRAMAN:RISING』がNetflixでの独占配信を開始しました!私も見ましたが、まさしく『お父さんはウルトラマン』でしたね。ウルトラマンに変身できる能力を持つプロ野球のスター選手である主人公、サトウ・ケンは怪獣ジャイガントロンとKDF(怪獣防衛隊)の戦いに巻き込まれ、その中でジャイガントロンの子供である赤ちゃん怪獣『エミ』の世話をするという思いもよらない事態に直面します。プロ野球選手と新米パパ、二足の草鞋を履いて苦労する日々の中でケンは疎遠になっていた父親との関係、そして『ウルトラマンとしての在り方』を見つめ直す事となります。『家族』という普遍的なテーマを貫きつつ、『ウルトラマンの力は何の為にあるのか』というシリーズ永遠のテーマに切り込んだ傑作でした。初見の印象は、いわゆるイルミネーション作品みたいなアメリカのアニメ作品の作風をウルトラマンに取り入れたという感じでしたね。ケンが変身するウルトラマンも、いかにもアメリカのコミックヒーロー的な体型をしていましたし。そして、何よりも赤ちゃん怪獣エミが可愛すぎる(*´ω`*)!ウルトラシリーズの中でも屈指の萌えキャラにしてマスコットではないかと思ってしまう次第です(笑)。この駄文では『ULTRAMAN:RISING』はツツジ台の世界でも全世界に配信されているという設定にして、そして裕六の『少し先の未来』も書いてみました。参考にしたのは黒田アサキ先生がXやpixivに投稿してくださる漫画です。個人的にグリユニ関係の二次創作イラストで黒田先生の作品が一番好きなので。いつかRISINGの世界と本家ウルトラシリーズの世界やグリッドマンシリーズの世界を二次創作駄文でクロスオーバーさせてみたいですね~(笑)。
  • 〇〇〇のコスプレシリーズ

    天使のコスプレ

    今日は天使の日にちなんでこの物語を作りました。まだ気が早いですが六花はどんなハロウィン衣装を着てくれるのか楽しみです!小悪魔だけでなく色々見てみたいです! [追記]ぎぶすさん(https://www.pixiv.net/users/6423952)がこの作品の挿絵(https://www.pixiv.net/artworks/112255413)を描いてくれました!ありがとうございます!
  • 珈・琲

    短いですが今日はドリップコーヒーの日なので、コーヒーに関する裕六です(二度目になりますが) こう言う事して六花ママに揶揄われるのが見える...
  • SSSS.GRIDMAN Re:UNION

    第6.6回 偽物って本物になれると思う?

    第6.6回です。時系列は第6回よりも前で、六花ママ初登場回なります。
  • 相思相愛②

    久々のグリユニ駄文、裕六新婚旅行話の続きです。と言っても、まだ始まったばかりですけどね(笑)。裕六を書くと、どうしてもブラックコーヒーに大量の砂糖ブチ撒けたみたいに甘くなっちゃうんだよなぁ(笑)。
  • 自由すぎる母の誕生日

    六花ママの誕生日作品 単純に裕太と六花、新世紀中学生の皆で六花ママをお祝いする話です。 本当六花ママって何者なんだろう...記憶あるし

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー