ピクシブ百科事典

千家貴司

せんけたかし

漫画「金田一少年の事件簿」の登場人物。
目次[非表示]

概要

漫画・金田一少年の事件簿の登場人物。
金田一美雪の小学生来の幼馴染という設定があり、初登場した「ファイル8 首吊り学園殺人事件」以後はサブレギュラーとなるが、アニメでは大人の事情(犯人の動機など)からその回は未放送エピソードとなっているため、大幅に登場がカットされている

人物

原作

不動高校2年5組。金田一一七瀬美雪の小学生来の幼馴染。
色素の薄い髪と額の中心のホクロが特徴。
前述のとおり、初登場は「ファイル8 首吊り学園殺人事件」であり、この事件の後、サブレギュラーとして短編などに度々登場する。
1年前に予備校で首吊り死体が発見されたいじめられっ子・深町充とは仲が良かったらしく、彼がいじめグループから手酷い暴行を受けていたことを知っていたにもかかわらず、彼らからの報復を恐れ何も言い返せなかったことがトラウマになっており、いじめグループの主犯が次々変死した際には「殺されるのはオレかもしれない」と語っていた。
この事件は、後に引き起こされた悲劇を招いた一因と取れるかもしれない…。

アニメ

声優:菊池正美
原作とは異なり黒髪で、額のホクロもない。(つまり、原作の特徴がなくなっている)
前述の理由により、登場エピソードが「ファイル20 魔犬の森の殺人」のみとなっている。
(短編「誰が女神を殺したか?」の千家のポジションは、同じく金田一の友人である村上草太に変わっている)

ドラマ

松本潤版の第3シリーズ「ファイル7 魔犬の森の殺人事件」にて登場。
なんと性別が女性に変更されている、部活は美雪と同じミステリー研究会所属以外の設定は特に変更点はない。名前は、千堂恭子
演者は山田優

関連タグ

金田一少年の事件簿





ネタバレ





































魔犬の森の殺人

【金田一少年】千家とか山野教授とか深山とか高遠の漫画


二度目に登場した長編「ファイル20 魔犬の森の殺人」にて三名を殺害し、更にもう一名を殺害しようとした事件の真犯人「ケルベロスの正体。
動機は、「被害者等の製作した薬の実験台となり、余命を待たずに亡くなった恋人水沢利緒の復讐」である。殺害された被害者等は研修医でありながら、利緒の死に後悔を抱くどころか「たかが半年しか生きられない患者だった」と彼女と『命』というものに対し侮辱、冒涜する発言をし、これが千家に復讐を決意させる切っ掛けとなってしまった。
奇しくも、初登場エピソードである「首吊り学園」の犯人・地獄の子守唄と同じ『恋人の敵討ち』となった。最後は一の説得と利緒の幻影により自首した。現在は少年院に服役中である。

サブレギュラーであり、『金田一の気の良い友人』というポジションだった彼が真犯人だったこの事件は、被害者の生前の外道ぶりに同情出来ないことも相俟って、読者にとっては「ファイル7 異人館ホテル殺人事件」の佐木竜太の死と並ぶトラウマの一つに挙げられている。

実写ドラマ版の余談としては、『恭子』という名は同事件直前に変更された名前であり、レギュラー登場時は千堂百恵という名前だった。変更は名前の数字が重要なヒントのための配慮である。
更にドラマ版では、恋人(千家が千堂に性別変更されているため、自動的にこちらも男の恋人に変更されている)も不治の病ではなく普通の入院患者で、『人体実験に加え、生死が賭けの対象にされていた』という被害者に全く同情出来ないエピソードが追加されている。
また、説得役も一から同じミス研所属の美雪に変更されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「千家貴司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17813

コメント