ピクシブ百科事典

奇械人トラフグン

きっかいじんとらふぐん

奇械人トラフグンとは、『仮面ライダーストロンガー』に登場する奇械人の一体。

CV:山下啓介

概要

仮面ライダーストロンガー』第6話「ブラック・サタンの学校給食!?」に登場。
毒を持つフグとして有名なトラフグ奇械人

赤い皮膚と鋭い棘を持った体に、感情の変化で膨らむ頬袋を持つ。
棘をミサイルのように発射することができる他、体内で生成したフグ毒「テトロドトキシン」のカプセルを作り出す。
鳴き声は「グーフー」

小学校の給食の仕込みを担当する守戸という老人に乗り移り、給食の中に自身の毒入りカプセルを混入させ、食べた子供たちを次々と中毒症状に陥れた。
城茂岬ユリ子の目の前で守戸から分離して正体を現すと、仮面ライダーストロンガーと戦闘。途中でアジトに逃げ帰るが、無暗にストロンガーと戦った事を一つ目タイタンに叱責される。

その後、ブラックサタンの目的を察知し給食センターを訪れた茂の前に再び出現し戦闘。電気マグネットで自身の棘が肩に突き刺さり怯んだところに電キックを受け爆死した。

子供たちは立花藤兵衛の持ってきた解毒剤を飲んだことで全員回復した。

関連タグ

奇械人

コメント