ピクシブ百科事典

性別:リムル

りむるさままじまおう

「転生したらスライムだった件」の主人公、リムル=テンペストの性別と愛おしさを確認するためにつけられるタグ。

概要

転生前は三上悟と言う37歳独身男性であったが通り魔に襲われ命を落とした後に
無性別であるスライムに転生。
無性別であるため、人化する際も完璧なつるぺたボディ。

だがその容姿が可憐な美少女にも幼げな美少年にも見える大天使(魔王)。
これは人化した際の容姿のベースが前世の自分ではなくシズさんである事が原因。

The Tempest and the Flame




作中では話が進むにつれて成長体も登場している。

リムル様の成長


(左端が10歳ほどだとして右端が20前後の容姿となっている。)
(本人の魔力量の増加に伴って登場していくのだが、形態変化でサイズ変更は自由な為、状況によって使い分けている。)
上のイラストの右端の成長(最終)形態は端麗な女神(魔王)、優美な青年悪魔(魔王)などと
ファンの間でも評される(ちなみに女神発言を作中で初めてしたのはとあるオサーンである)。
魔王ってなんだろうか?

そのためなのかスピンオフ作品『転生したらスライムだった件~魔物の国の歩き方27話』では
ホブゴブリンドワーフら配下達の間で、誰がリムル正妻にふさわしいかと論争する際に
側近の鬼人らが男女とも挙げられてしまっていた(シオンシュナベニマルソウエイ)。
(因みにソウエイの名を挙げたのは天井から見張ってリムルに連絡していたソーカである。)

アニメ版ではカットされているが、丘の上で計画に乗る事をヨウムが決断し、リムルが握手を求める為に人型に変身。初めて見たその姿にヨウムは驚き、顔も赤らめていた
これを元にしたのか、スピンオフ作品『転スラ日記〜15日記目』ではヨウムの英雄化計画の思案中に、美しき魔物の姫リムルが(報告書の案の中で)登場してしまった。

本人の意識としては前世の事もあり男湯に入ろうとしたりするのだが、その容姿で男性陣が暴走することを危惧したシュナ達によって女湯や個人風呂に隔離されている。
また無意識の内に放つ色気扇情的な仕草無防備な姿を晒したりと周囲を惑わす事も少なくない。



だが人化せずともスライム特有の丸っこい愛くるしさから、シュナやシオンらなどの間で取り合いになることもたびたびあり、スライム姿でも人型でも関係なくテンペストの国民たちから慕われている(一部のストーk、執事からは尋常じゃないくらい慕われすぎな気もするが)。


上記した通りシズさん達のように召喚された訳でなく転生し異世界の地に新しく生まれ落ちた訳であり、スライムとしてのリムル本来の肉体的年齢は凡そ一歳である。

変身による性別変化も可能だが作中ではほぼ使用していない。
下手に使用すれば正妻戦争が激化する可能性が高いのではと思われる。

「完」リムルが好き その四



もっとも無性別のままでも勃発するであろうが。

ベニリム
転スラアニメ楽しみです!



何より人化すらしなくても、上記したように既に修羅場になるのを避けられてはいない。

オーガ・プリンセス
「完」リムルキャワイイその三



これが魔王の宿命か……。



この作品のファンもリムルを男女どちらでもあり、どちらでもなく見ることのできることがこの作品の人気を博してる要因の一つであると言えるのだろう。
結局のところはかわいいは正義かっこいいも正義なのだ。

関連イラスト

6巻妄想メイドリムルさま
リムルとシズさん
転スラ リムルとミリム
転スラLOG2
ゴスロリ リムル様
利姆鲁

関連記事

親記事

リムル=テンペスト りむるてんぺすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「性別:リムル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1746916

コメント