ピクシブ百科事典

昌子源

しょうじげん

昌子源(左下の人物)は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。サッカー日本代表。

1992年12月11日生まれ、兵庫県神戸市出身。

父・力は、JFA 公認S級コーチを所得していて、現在姫路獨協大学サッカー部監督。
母・直美は元・ソフトボール日本リーグ選手、元Lリーグ田崎ペルーレ所属で現在も神戸FCマミーズの選手。(JFAのHPより
実姉は、女優でエーチーム所属の昌子楓。

小学生時代にサッカーを本格的に始める]。入団当初のポジションはフォワードであった。
中学生になると、ガンバ大阪ジュニアユースに入団してプレーを続けるが中学2年の時膝を怪我し、中学3年の途中で退団。
昌子自身は高校でサッカーを続ける意思は無かったが、練習参加がきっかけで米子北高校へ進学。
1年の夏に当時JFLガイナーレ鳥取との練習試合で味方DFが負傷した際に、たまたま監督の真横に座っていたFWの昌子に声がかかり、5歳年上のFW相手に堂々プレーしたことによりセンターバックへのコンバートを命じられる。気持ちを切り替えた昌子は次第にレギュラーとして定着し、経験を積む毎にCBとしての才能を開花、高校3年に上がる頃にはU-19日本代表候補として招集されるまでに成長するが落選。

2011年、柴崎岳(現・CDレガネス)、梅鉢貴秀(現・SC相模原)、土居聖真らとともに鹿島アントラーズへ入団した。
(メイン画像は左上から右回りに柴崎、梅鉢、土居、昌子。)
2014年のリーグ戦では自身初の全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞を獲得。
2015年3月31日、JALチャレンジカップのウズベキスタン戦で代表デビュー。
2016年、12月3日のチャンピオンシップ決勝・浦和レッズ戦ではセンターバックとして守備陣を支えて優勝に貢献。開催国代表として挑んだFIFAクラブワールドカップではディフェンスの中心としてプレーし、世界2位に貢献した守備力が評価された。

2016年3月17日、2018FIFAワールドカップ・アジア2次予選の代表発表で復帰。
2017年12月12日、EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017の中国戦で代表初得点。
2018年6月12日の国際親善試合パラグアイ代表戦で西野朗監督によって槙野智章に代わるスタメンに起用され、ハリルホジッチ前監督解任後の初勝利に貢献。そのままの勢いで2018年 FIFAワールドカップロシア初戦のコロンビア代表戦でワールドカップ初出場を果たし、南米の強豪コロンビア相手にアジア勢としてワールドカップ史上初の南米勢に対する勝利に貢献。
しかし、決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦でチームは敗退。試合終了後、うずくまって泣きながらピッチをたたく姿はサポーターに大きな感動を与えた。

ワールドカップ終了後の7月に左足首の怪我で約3カ月の離脱を余儀なくされた。しかし、10月にチームに復帰。その後はキャプテンとして試合に出場し、11月には鹿島アントラーズ通算20冠目であり、初めてとなるAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献。試合後に、大岩剛監督から「お前を主将にして良かった」という言葉をかけられた。

12月、7年間所属した鹿島アントラーズを退団し、フランス1部リーグのトゥールーズFCへ300万ユーロで完全移籍した。移籍の背景には横浜F・マリノス元監督のエリク・モンバエルツの推薦があったという。トゥールーズでの1年目はレギュラーメンバーとして活躍したが、2年目はハムストリングスの大怪我でシーズンを棒に振ってしまった。この時にメディカルスタッフとの関係がギクシャクしたこともトゥールーズ退団の要因だった、と昌子はのちに語っている。

2020年、ジュニアユース時代を過ごしたガンバ大阪へ完全移籍した。しかも、加入日が冬の移籍市場終盤である2月4日という電撃移籍となった。加入当初は上記の大怪我が災いしたことと、リーグ開幕戦の直後にCOVID-19の影響で公式戦が中断したことが重なって出場期間はほとんどなかった。その後、8月5日のJリーグYBCルヴァンカップグループステージ第2節の大分トリニータ戦で移籍後初出場し、8日の横浜FC戦で移籍後リーグ初出場したが、鹿島時代にはほど遠いパフォーマンスが続いた。そのため、12月と1月の天皇杯を欠場し、ハムストリングスの手術に踏み切った。
そして、手術後の2021年は本来のパフォーマンスを取り戻し、再び守備のレギュラーとなった。

座右の銘は「いいときはみんなのおかげ」。

関連記事

親記事

ガンバ大阪 がんばおおさか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昌子源」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 822

コメント