ピクシブ百科事典

桜ねね

さくらねね

「桜ねね」とは、漫画及びアニメ『NEWGAME!』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「聞いてよ!大学でね、みんなが中学生扱いするの!ひどいと思わない!?」

プロフィール

誕生日5月5日(おうし座)
身長144cm
血液型B型
役職大学生→プログラマー
出身地東京都
CV朝日奈丸佳


概要

涼風青葉の友人で物語開始時点ではきらら女子大学に通う大学生。青葉とは小学校入学前(アニメ版では幼稚園入園よりも前)からの付き合い。
青葉のことを「あおっち」と呼び、青葉からは「ねねっち」と呼ばれている。
背丈は青葉以上に小柄で中学生に間違われてからかわれることもしばしばだが、胸はそこそこあり、幼児体型ではない。
女児向けのアニメ映画ムーンレンジャーを青葉と一緒に観に行った際は、青葉が無難な塩味のポップコーンをチョイスしたのに対し期間限定のバナナキャラメル味をチョイスするなど好奇心が旺盛。ちなみにこの際小学生以下程度を対象としたグッズが配布されていたが、青葉共々問題なくもらえていた。
後に大学の夏休みを利用してデバッグアルバイトとしてイーグルジャンプにやってくる。
イーグルジャンプの同学年内では最も酒に強い(正確には『青葉たちが大変なことになるため下手に酔えない』)という意外な面も。
本人曰く途中単位が危うくなりながらも卒業した後は正式に契約社員として入社した。

性格

見た目同様性格も子供っぽく、逆境からは背を向けたがるところがあり、社内の冷蔵庫内の八神コウのプリンをうっかり食べてしまいちょっとした騒ぎを起こしてしまうなど軽率な言動も目立つ。
その一方で自分に敵意を向けてくるような相手であっても本当に困っていれば迷うことなく手を差し伸べる優しさを示すなど大人の振る舞いをする一面も。
阿波根うみこの計らいで実現した二度目の入社と同時期に入ってきた自身を「コネ入社」(※1)と日頃から邪険に扱っていた研修生の鳴海ツバメがケアレスミスで重大なエラーを発生させて窮地に立っていた際も、救いの手を差し伸べた。

エンコ採用


(※1)「コネ入社」とは本来は創業者一族や関連会社との繋がりを指す言葉であり、今回のケースは単なる経験者採用である(未だに勘違いしている社会人は多い)

青葉と同じブースの篠田はじめに引けを取らないオタクであり、はじめのコレクションに並々ならぬ関心を示す。ゲーム業界事情にも詳しい。

涼風青葉との関係

端的に言えば、青葉にとってのモチベーターである。
高校時代、キャラクターデザイナーになるには大学で技術を高めなければと思っていた青葉に、彼女が憧れるコウが高卒で入社してキャラクターデザイナーになったことを教え、コウが勤めるイーグルジャンプの採用面接を受けるように後押しした。
高校卒業後進路は別れたものの青葉とは現在でも仲が良く、物語序盤は残業のない夜を中心に長電話で近況報告や悩み事を言い合っていた。アニメではこれが行き詰った仕事の解決のヒントとなった描写がある。
転機となったのは、青葉からフェアリーズストーリー3の制作終了まで夏休みが取れないと言われたことだった。自分が夏休みの間も働く彼女を心配して、たまたま大学の掲示板で青葉が勤めるイーグルジャンプの求人が掲載されていたことから同社でアルバイトをすることを決める。
当初は残業や休日出勤を繰り返し十分な睡眠時間も取らずに働く青葉を理解できず、それを否定する発言をして彼女と喧嘩をしてしまうが、飯島ゆんから青葉の仕事ぶりや社内における立ち位置を聞かされたことで青葉と仲直りをして友達として彼女を応援しようと決意する。
青葉がPECOのキャラクターデザイナーになったときは、
「凄いよあおっち大出世じゃん!」
と手放しで絶賛し、諸般の事情で落ち込んでいた青葉を大いに元気づけた。

阿波根うみことの関係

当初はアルバイトとその管理者という関係だった。初日からいきなり遅刻し、青葉を探して社内をウロウロして産業スパイと間違われ、仕事についてからも離席を繰り返すことからうみこからの心証はかなり悪く、自身も彼女に苦手意識を持っていた。しかし、バグのみならず旧作を熟知していないとわからないような指摘を真面目に行ったことから彼女からの評価が改善した。アニメでは企画班からも評価されていることを帰りのエレベーターの中で彼女から直接告げられた。
途中からうみこのとなりの席で働くことになり(最初は他のアルバイトと同じブースでデバッグしていたが、よく抜け出して青葉のところに行ってしまうことで素行に問題アリと見なされてしまったため)、彼女と机を並べて仕事をするうちにプログラマーの仕事に興味を持つようになる。その中でうみことの距離を縮めており、青葉と喧嘩してしまった時も相談に乗ってもらっている。
また、打ち上げパーティーの際にはビンゴの景品でうみこが提供した商品(アサルトライフルエアガン)を引き当て
「いらない」
とバッサリ切り捨てつつも
「次のデバッグの仕事までには(ミリタリーについて)調べておく」
と前向きに受け止め、直後に(専門業者への外注になったため)
「もうデバッグのアルバイト募集はない」
と知らされた際にはエアガンを取り落してしまうほどに落胆していたが、彼女から個人的に名刺を渡されて関係が維持されることに。

退職後、ほぼ経験ゼロからプログラミングを学び、うみこの協力も得つつ半年で自作のアクションゲームを完成させるほどに成長する。2年目突入時改めて面接を受け(正社員採用が前提であるものの、まだ大学に在学中ということで契約社員という扱いとなった)、再びイーグルジャンプで働くことになる。


きららファンタジア

サービス開始時から青葉のセリフに名前だけは登場していたが、長い期間に亘って実装はされず、一部プレイヤーからは「きらファンのバグを取るために残業している」と揶揄される始末だった。

ねねっち!!!


ようやくイベントクエスト『ねねっちクエスト』でせんしとして参戦し、自作のゲーム世界に巻き込まれながらも青葉達とともにエトワリアにやってきた。
クロスシナリオでは胸が意外にあるにも関わらずチノと同じ身長だった為、ココアから年下(チノと同じ年)と勘違いされ、「ねねちゃん」と呼ばれた上にお酒が飲める歳だと話しても信じてもらう所か逆に心配され、ランプが年上だと説明されてもいくつになっても小さいままだと失礼すぎる発言をして年下扱いのまま、喜ばれた。またイベントクエスト『パイレーツオブエトワリア』ではほとんどの者からさん付けされたがけいおん!のみ知っているのか知らないのかココア同様に「ねねちゃん」と呼んでいる。

その他

作者のお気に入りキャラクターなのか、得能正太郎氏の公式ツイッターアカウントのプロフィール画像には、主人公の青葉を差し置いて、長らくねねっちが起用されている。


関連タグ

NEWGAME!
※大学生です

関連記事

親記事

イーグルジャンプ いーぐるじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「桜ねね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2632868

コメント