ピクシブ百科事典

八神コウ

やがみこう

「八神コウ」とは、漫画『NEWGAME!』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日8月2日(しし座)
身長164cm
血液型A型
年齢25歳(初登場時)
役職キャラ班リーダー+キャラクターデザイナー→アートディレクター+キャラデザ
出身地東京都
CV日笠陽子


人物像

ゲーム制作会社「イーグルジャンプ」に勤務する社員で、主人公涼風青葉の所属するキャラクター制作班のリーダーであり、青葉がキャラクターデザイナーを目指すきっかけとなった人物でもある。

容姿

金髪碧眼の美人。その姿はすっぴんでもかなりのものらしく、入社初日に出くわした青葉が一瞬ときめく程。髪型はロングヘアーだが、後述の性格故に普段はまったく手入れをしていない。

服装は一貫して長袖の黒シャツ+ロングスカートorズボン。これは動きやすいものを適当に着ているだけであり、本人が女性としての魅力のなさを自覚しているが故、あえて男っぽい恰好をしているらしい(本人曰く「胸も色気もない」)。
しかし、元は美人なだけあって何を着させても似合うらしく、りんのコーディネートで女らしい格好をした時には別人のように着こなしていた。

センシティブな作品
八神コウ


ゲーム版ではしずくがこれに目をつけて、彼女の写真集を発売して女性ファンを取り込む事を検討したが、本人とりんの猛反対で中止になっている。

ちなみに本人が「無い」と言い張る程の胸だが、公式で主要人物中最小とされながらも、各種媒体ではそこそこあるように描写されている。

性格

リーダーという立ち位置のためか、仕事に関してはとことんストイック。常に数人分の仕事を一人でこなし、青葉達の提出する課題にも妥協は許さず、時には『神は細部に宿る』と言う格言を持ち出す程の熱意を持って仕事に取り組んでいる。また、青葉の事はそれなりに目を掛けており、時に厳しく、時には優しくと接している。
しかし熱中しすぎて泊まりを頻発した挙句、はじめ「会社に住んでる」とまで言われた上、誰もいない深夜になると「スッキリする」と言う理由で履き物を脱いでパンツ1枚になる脱ぎ癖を持つ。

センシティブな作品センシティブな作品


反面、仕事以外となるとかなりのズボラ。特に用が無ければ休日はひたすら寝ていることが多く、家事のほとんどは様子を見に来たりんに任せている。

あと、意外にも怖いモノが苦手。社員旅行で真夜中に目覚めた時に雷に慄いて青葉に励まされたり、ドラマCDでおばけ屋敷に入った時には、あまりの恐ろしさに幼児退行を引き起こした挙句、ゾンビに出くわした際はりんに助けを叫んでいた。

経歴

本編開始の7年前に青葉と同じく高卒で入社し、若いながらも『フェアリーズストーリー(FS)』のメインキャラデザイナーに抜擢されたが、当時は人間関係が苦手且つかなり生意気だった面もあって周りとの軋轢も絶えないといった苦労の日々を送る(過去のトラウマの一つ)。
その後、続編である『フェアリーズストーリー2(FS2)』ではアートディレクターに任命されるが、周りに厳しく当たり過ぎて新人だった後輩を潰してしまった事で辞任。本人なりに人間関係の大切さを考え始め、ひふみを相手にコミュニケーションの練習をするようになる。(これがきっかけでコウとひふみが互いを「ひふみん」「コウちゃん」と呼び合うようになった)

物語序盤(FS3編)

『フェアリーズストーリー3(FS3)』開発時はキャラ班リーダーとして作業に専念。その過程で新入社員として入社してきた青葉の上司となり、やがては彼女と信頼及び師弟関係を築いていく。
また、自身の過去を知った青葉に励まされ、過去のトラウマを乗り越える。完成後はりんがプロデューサー職に就くこととなったため、迷いながらも再びアートディレクターを務めることとなった。

青葉と共にキャラデザを(PECO編)

完全新作である『PECO』の開発では、コンペに敗れたショックで条件反射的に青葉に八つ当たりをしてしまう。その事で落ち込んでいたところをりんに諭され、青葉の成長のために彼女と共同でキャラデザを行うという決心を固める。
キービジュアルを青葉に描かせようとしていた矢先、出資会社から商業的な理由でコウが描くように指示を受ける。コウ自身と青葉が食い下がったためコンペをすることになるが、それは不本意かつ不条理な対決な上、出来レースに過ぎなかった。悔しさに打ちひしがれる青葉を、コウはただ慰めることしかできず…

この一件をきっかけに、コウは現状に満足せず自らのスキルアップをする必要があると考えるようになる。
劇中2年目の東京ゲーム展終了後、大和・クリスティーナ・和子のツテでフランスでゲームを一本作ってくる』ことやイーグルジャンプを離れること(当初は退職することも考えていたが、クリスティーナの説得で思い留まる)を決意する。
その後、皆にそのことを明かし、りんから「行ってほしくない。ずっとそばに居てほしい」と号泣されたことで「これからもずっと甘えさせて! ずっと見守って!」と説き伏せる。旅立つ直前には青葉に対して感謝の言葉と激励を送り、後から駆け付けた皆に見送られながら日本を後にした。

渡仏後(DDB編)

渡仏後は出向扱いでブルーローズに入社。クリスティーナの妹である大和・カトリーヌ・十和の下に下宿しながら彼女のチームで研鑽を積むことになる。
仕事面以外でもフランス語を大和・ソフィー・和音との交流で日常会話なら問題ないレベルで習得、チームの面々とのコミュニケーションもそつなくこなしている。

春からはカトリーヌの誘いを受けて大学を休学・再度渡仏してきた星川ほたるも同僚に。私生活でも同室となったことで、青葉らも巻き込みりんからあらぬ誤解を受けるハメになる。
ほたるには社会人として度々アドバイスを与える一方で、カトリーヌから与えられた開発中のタイトルの重要敵キャラ・キングズハンドのキャラデザを巡って争ううちに、彼女の姿勢から強い刺激を受けてもいる。

出向から1年以上も経った頃、カトリーヌからブルーローズへの正式な入社を請われる。イーグルジャンプを退社することも意味するその要請にその場で答えを出せなかったコウに、カトリーヌは1カ月の猶予を与える。
りんから「コウちゃんがやりたいことをするべきだと思う」、そしてほたるからは「八神さんは私みたいにただ上手くなりたいだなんて思ってるような人間には思えない。もっと別の何かを大切にしているのでは」との声を聞いたコウ。
カトリーヌの右腕として技術を磨き続けるよりも、イーグルジャンプで自ら上に立ち、後進の育成と自分主導のアートを作り上げることを選択したコウは、「やっぱり日本のチームは大切にしたい」と入社を拒否。
カトリーヌは心底残念そうな表情を見せるものの、イーグルジャンプでははじめ主導の『デストラクションドッジボール(DDB)』の開発スケジュールが破綻・炎上し、自身もクリスティーナから何度もコウを返すように催促を受けていたことを明かす。
その場で翌日の航空チケットと「コウは皆から愛されているよ。これは生まれ持ったものだ、日本でその才能を活かせ」という助言を与えられたコウはその晩のうちに荷造りを済ませ(その間にキングズハンドのキャラデザも完成させ、採用もされる)、カトリーヌ・ほたる・ソフィーの3人に見送られて日本に舞い戻る。

帰国後は『DDB』の制作に直接参加することはなく、『DDB』の発売を2カ月延期させるようクリスティーナに進言したり、炎上の一因を作った外注会社の新人社員を指導したりするなど、間接的なサポートに徹底する。

イーグルジャンプへの復帰後(FS4編)

『DDB』のマスターアップ後チームに復帰。自らアートディレクターに志願し、『フェアリーズストーリー4(FS4)』の開発を先導していく。
手始めに青葉をキャラデザ担当に指名。主人公・ノアのキャラデザに際しては、決まりかけていたデザインに納得がいかず、曖昧な指示しか出せない自分の不甲斐なさを感じつつも締め切りギリギリまで青葉と人物像を話し合う。結果、誰もが腑に落ちる主人公・ノアのキャラデザが完成する。
その後も青葉によるサブキャラが完成していく一方、コンペをせず最初から青葉を指名したことで紅葉から不信感を抱かれていた。密接に自分の気持ちを伝え合って解消。紅葉が提出したラスボスのキャラデザを採用したのをきっかけに、他のサブキャラのデザインも紅葉に担当させる。

開発が順調に進む中、出資会社・芳文堂の都合で『FS4』への出資取りやめが言い渡されるトラブルが発生。りんやクリスティーナの活躍でブルーローズが出資者となり開発中止は回避される。ところが、今度はカトリーヌが青葉をキービジュアルから降板させ、ほたるに描かせるよう要求。青葉はコンペで決めさせろと食い下がるが、カトリーヌの「青葉はコウから信用されていないのではないか」という指摘に戦意を喪失する。それを見たコウは――

余談

原作は既に4年目を目前に控えており、コウ自身も28歳となっている。きらら系列のメインキャラとしてはかなりの年長者であり、りん共々、きららファンタジア参戦者で年齢が判明しているキャラの中では最年長である。

関連タグ

NEWGAME! イーグルジャンプ キャラ班
涼風青葉 飯島ゆん 滝本ひふみ 遠山りん 望月紅葉
コウりん

関連記事

親記事

キャラ班 きゃらはん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「八神コウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4042883

コメント