ピクシブ百科事典

火祀夏目

ひまつりなつめ

漫画『金田一少年の事件簿』の登場人物。画面左。
目次[非表示]

概要

CV:彩夢

黒魔術殺人事件』に登場。火祀暁幼妻で、現役バリバリの17歳
おキャンで、若干色ボケな性格。暁との年齢差は31歳差。
井沢のことは「研太郎クン」と呼び、井沢には「奥さん」と呼ばれていて、夫の暁には「夏目」と呼ばれていて、金田一美雪からは「夏目さん」と呼ばれている(スピンオフでは美雪を「七瀬さん」と呼ぶ)。

ふわふわした長い金髪アニメ版では彼に髪の色が似ており、ブリーチかウィッグな可能性が高い)をボンボンツーサイドアップにしている。
ツリ目がちで瞳の色が薄く、アニメでは原作よりも目が小さい。
ピンク色花柄ロリィタファッション甘ロリ)に身を包み、黒魔術の儀式の時は似たデザインの漆黒のワンピースに着替える。
白タイツ(アニメでは縞々のニーソックスで、儀式時は黒のハイソックス)の上から底が厚いストラップシューズを履いている。
アニメ版では地下室をのぞき込んで死体を発見した時に、見えそうで見えないカットを披露した。
花柄のワンピースの右胸にア○ミラのようなハート型のワッペンを付けているが、黒魔術人形とお揃いにする以外に特に意味はなかったようである。
同い年で格好いい金田一や井沢が周りにいても夫に一途な、檜山達之並に凄い精神力の持ち主。井沢に「奥さん」呼びされた際には、喜びの余り井沢の肩を思いっきり叩き、アニメ版では星子と井沢が一緒に現れた時に恋愛関係を疑ってからかっていた。パチンコ版では恐れおののく際に葉村いずみと抱き合っていて、悲鳴が印象的な女性のように描かれている。

事件の後…

落雷停電になった館の廊下で最愛の夫を見失って嗚咽していた際には、はじめと美雪に女の幽霊だと間違われた(どれだけ声にエコーがかかる館なのだろう)。

最愛の夫が殺された際には、黒魔術人形とナイフを使って犯人を呪い殺そうとし、海崎さんに取り押さえられた(後に起きた本当の事件とシンクロしているのは気のせい。夏目は「人形をナイフで刺す」とは発言しておらず、ナイフの使い道は不明なままであった)。

分かりづらいが、事件の最後に真犯人を心配して駆け寄る様子が見られる(夏目の足のみが見えるコマに注目)。

暁社長のどこに惚れこんだかは不明だが、最初は金目的で近付いたが、顔の火傷の過去に同情して…といった感じだろうか。
実は暁は真犯人の正体を知っていたのだが、妻の夏目に真相を話したことがあるのかは不明なままであった。

スピンオフの『金田一少年の1泊2日小旅行』(パラレルワールド)では葡萄の館の次期当主になっていて、同作品に登場する巽もえぎといい勝負に。
原作でこだわっていたかわいいもの、甘さが嫌いになってしまったようで、天真爛漫さが消えて星子以上の黒魔女と化し、黒魔術人形を使って七瀬美雪と張り合っていた。なお、スピンオフでも黒魔術人形に呪いをかけ、金田一の虫歯を入れた人形と金田一の動きがシンクロした。

関連タグ

金田一少年の事件簿
幼妻 ロリィタファッション 女の子走り

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿の登場人物一覧 きんだいちしょうねんのじけんぼのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火祀夏目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234

コメント