ピクシブ百科事典

環境生物

かんきょうせいぶつ

「モンスターハンター:ワールド」にて初登場したモンスターの生物群のひとつである ※画像はフワフワクイナ
目次[非表示]

概要

モンスターハンター:ワールドにて初登場したフィールドに生息しているモンスター・人以外の小動物の一部が「環境生物」と呼ばれる。MHXXまでのシリーズ作品でもフィールド内に背景として登場することはあったが、本作でではこれらを「捕獲用ネット」というアイテムを用いて捕らえることが可能となった。

種類も豊富であり、その存在は単にフィールドを彩るだけではなく、間接的に大型モンスターの存在を示したり、狩りの助けになる環境生物も存在する。

中には滅多なことでは出会えないレアな環境生物も存在する。
出現確率は低いがクエスト・探索問わず出現するので、フィールドへ移動したときはこまめに探してみよう。


序盤の環境生物

注意:ここでは序盤に登場する環境生物の一部を解説する。環境生物はじっくり探して発見、捕獲することも一つの醍醐味である。安易に攻略サイトなどで情報を知ってしまうとお楽しみが無くなってしまうので注意されたし。

  • ヨリミチウサギ
初期ベースキャンプのすぐそばでプレイヤーが最初に遭遇する環境生物。耳の長い茶色のウサギ。ハンターや大型モンスターが近づくと狭い道へ逃げる習性があるので、追いかけると思わぬ通り道が見つかるかもしれない。

  • 回復ミツムシ
大きな蜜を抱えて飛んでいる大型のハチ。はじけた蜜に触れると体力が回復する。
新米はもちろんベテランハンターもお世話になる優秀な環境生物。
古代樹の森にはさらに大型のミツムシも存在する。

  • ニクイドリ
大型モンスターが捕食した後に残る食べ残しを漁る大型の鳥。
その食性のため肉食の大型モンスターの周囲に群れることが多く、空をニクイドリが飛んでいたら近くに大型モンスターが徘徊している可能性が高いので注意。

  • キザシヤンマ
白く光る長い尾を持つ大型のトンボ。普段はゆったりと飛行しているが、大型モンスターが接近すると尾が赤くなり動きも激しくなる。
痕跡が十分に集まっていない序盤のクエストではターゲットを発見するのも一苦労だが、キザシヤンマに注目すれば周囲の大型モンスターの存在が確認できるので活用しよう。

水辺の近くにいる黄色いカエル。攻撃すると極めて強力な麻痺ガスを周囲に噴射する。
ハンターやオトモアイルーはもちろん、大型モンスターですら一瞬でシビレさせる強力なガスなので戦闘に夢中になりすぎて巻き込まれないように。
近縁種に睡眠ガスや爆発性のガスを出す個体も存在する。

  • 閃光羽虫
強い光を放ちながら飛んでいる虫の集合体。衝撃を与えると強力な閃光を発する。
モンスターの目を短時間眩ますことができる上にハンター、オトモアイルーには効かないので非常に使い勝手が良い環境生物。

  • フワフワクイナ
レア環境生物の中でも特に低い出現率の個体。文字通り白いフワフワな毛を持つヒヨコ?のような鳥。
目撃例自体が少ないので情報も多くないが、モンスターの背中に数匹乗っていることが多い。
鳥だがまだ飛べないらしく、ハンターに気付くと一斉に走って逃げる。
逃げ足も速く気付かれた後の捕獲は極めて困難なので、隠れ身の装衣は必須装備。


関連タグ

モンハン モンスターハンターシリーズのモンスター一覧

草食種…似たようなポジションである。

pixivに投稿された作品 pixivで「環境生物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6817

コメント