ピクシブ百科事典

神山高志

かみやまたかし

神山高志とは、『魁!!クロマティ高校』の主人公。

概要

CV:櫻井孝宏
演者:須賀貴匡(『仮面ライダー龍騎』の主人公城戸真司役で有名な人)


一応この作品の主人公。話の最初に「前略オフクロ様」との書き出しで母親手紙を書くシーンがあるため母親と別居している可能性があるが、野中氏が「前略オフクロ様」というフレーズをただ単に使いたかっただけなので事実は不明である。
中学時代は優等生だったのだが、あることをきっかけに不良の集うクロマティ高校への入学を決意してしまう。
連載当初は紛れもなく真面目性格ツッコミ役に回ることが多かったが、段々とボケの部分が強調されていくようになり、さらに「涼しい顔で、よく考えるとかなりヒドい事をサラリと言っている」が持ち芸になってしまった。
そのためワルとバカの集まりであるクロマティにおいて「ひょっとしたらコイツが一番ワルなんじゃねーの?」または「ひょっとしたらコイツが一番バカなんじゃねーの?」と作中で評されるようになった。
さらに回を重ねるごとに「よくよく考えたらクロマティ高校で一番のワルとも言える存在」になっていき、下級生からも「本当はすごく悪い人」と思われている。北斗の子分が転校当初、脅威になりそうな生徒を調べた際は「竹之内・フレディ・ゴリラの3人(?)を牛耳っている存在」として何故か大物扱いされていた。

「悪行(ボケ)」の例

  • 37042番目(当時の世界記録タイ)のドミノを接着
  • パシリ」を効率化するために教室商店を開く。どう考えてもパシリじゃなくなっている。
  • 待ち合わせに来た事を証明するために他校の「神山参上」スプレーでデカデカと書く。
  • 車酔いの竹之内にぬるいプリンを食わせてトドメを刺して病院送りにする。
  • バイク(メカ沢)の無免許運転。
  • クラス一狂暴な男を言葉巧みに誘導して結果的に自主退学に追い込む。

また、一度思い込んだことはたとえおかしな事でも平然と発言したり、周囲もノリで真に受けてしまう事がある。
当初は見慣れないワル達に囲まれて戸惑っていたがいつの間にか平然と生活していること、さらにそのワル達からも一目置かれていることからも、環境への適応能力は凄まじく高いことが分かる。
(第四話で林田にメンチを切られて青くなっている以外に特に怖がっている描写もない上、第六話にして「この程度の連中には怖さを感じなくなっている」と思っている。)
ラジオ番組に「ハチミツボーイ」の名で投稿しているハガキ職人
また腹話術もできる(相棒はポール君)。自宅はクロマティ高校に近いが、乗り物が大好きなため、バスで通学している。「一応」とはいえ主人公のはずなのだが、回を追うごとに登場頻度が減少。最長で7週間も出てこなかった。作者曰く「忘れていた」。
また、巻を追うごとに周囲に対する目線は鋭く冷たいもの(むしろ無関心)になっていく。最初は暴力反対を訴えていたが、後半になると平然と人を殴ることも多くなった
誕生日は6月27日。
苦手科目は体育。座右の銘は「質実剛健」。尊敬する人物はビートたけしビートきよし。好きな音楽マイケル・ジャクソン
第3巻の履歴書の本人希望記入欄には「実はさっさと転校したくてたまらない」と書いているものの、結果的には一番馴染んでいる。
名前の元ネタは競輪選手の神山雄一郎。野中氏がたまたまテレビで付けていた競輪中継で実況アナウンサーが神山の名前を絶叫していたのがインパクトがあったから(神山と)名付けたと語っている。

関連項目

魁!!クロマティ高校 天然ボケ

pixivに投稿された作品 pixivで「神山高志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40469

コメント