ピクシブ百科事典

貝塚駅

かいづかえき

日本の鉄道駅。大阪府と福岡県に存在。
目次[非表示]

貝塚駅(大阪府)

大阪府貝塚市にある南海電気鉄道本線水間鉄道水間線の駅。
貨物列車を運行していた時は両線の連絡線が設けられていたが、連絡線は撤去され線路は分断された。

南海電気鉄道

駅番号はNK26。橋上駅舎、島式2面4線のホームを持つ地上駅。折り返しのための渡り線が和歌山市側にあるが、回送列車の折り返し用として使われる程度。特急は通過し、急行以下の列車種別が停車。

乗り場路線方向方面備考
1・2南海本線下り泉佐野関西空港和歌山市方面1番乗り場は待避線
3・4南海本線上り岸和田難波方面4番乗り場は待避線


水間鉄道

水間鉄道の起点。南海本線が直流600V電化だったころは当駅を介して南海から直接電気を供給してもらっていた。
旅客営業は1934年に貝塚南駅から移転し営業開始。頭端式1面2線のホームを持つ地上駅。

乗り場路線方面備考
1・2水間鉄道水間観音方面

利用状況

南海電気鉄道

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は、20,181人である。

利用状況比較表

事業者名南海電鉄
年度乗降人員
2008年(平成20年)度21,087人
2009年(平成21年)度20,612人
2010年(平成22年)度20,331人
2011年(平成23年)度20,290人
2012年(平成24年)度20,207人
2013年(平成25年)度20,513人
2014年(平成26年)度20,024人
2015年(平成27年)度20,273人
2016年(平成28年)度20,147人
2017年(平成29年)度20,181人


貝塚駅(福岡県)

福岡県福岡市にある福岡市営地下鉄箱崎線西日本鉄道貝塚線の駅。
元々は1950年に西鉄宮地岳線の駅として開業(当時の駅名は西鉄多々良駅。それ以前は信号場だった)。1954年に西鉄福岡市内線の宮地岳線への直通【軌間変更と架線電圧変更を伴った】開始とともに「競輪場前」に改称(福岡競輪場が近くにできたため)。福岡市内線と宮地岳線との接続駅となった。1962年に福岡競輪場が廃止されたため現駅名の「貝塚」に改称された。1979年の福岡市内線全廃により孤立したターミナル駅となってしまったが、1986年の福岡市営地下鉄箱崎線開業により再び他路線との接続駅となった。

相互直通運転計画があるものの、現在は凍結中(線路はつながっていないまま)。ホーム・改札口はともに1階にある。

福岡市営地下鉄

箱崎線の終点。駅番号はH07。駅のシンボルマークは茶色の巻貝。島式ホーム1面2線。
福岡市営地下鉄空港線への直通列車も発着。

乗り場路線方面備考
1・2箱崎線中洲川端姪浜方面

西日本鉄道

貝塚線の起点。島式ホーム1面2線。福岡市営地下鉄とは当駅を介して乗り継ぎ割引が設定されているが、適用されるのは福岡市内である三苫駅まで。多々良車庫・工場所在。

乗り場路線方面備考
1・2貝塚線西鉄千早西鉄新宮方面

利用状況

福岡市営地下鉄

  • 2016年(平成28年)度の乗降人員は、14,074人である。

西日本鉄道
  • 2016年(平成28年)度の乗降人員は、15,088人である。

利用状況比較表

単独乗降人員

年度西日本鉄道福岡市営地下鉄
乗降人員乗車人員乗降人員
2008年度12,567人3,943人7,886人
2009年度12,321人4,132人8,264人
2010年度12,455人4,970人9,940人
2011年度12,522人5,560人11,120人
2012年度13,012人5,930人11,860人
2013年度13,806人6,338人12,676人
2014年度14,312人6,446人12,892人
2015年度15,088人6,841人13,682人
2016年度15,722人7,037人14,074人

内、箱崎線と西鉄貝塚線の乗り換え人員
年度乗車人員乗降人員
2008年度3,921人7,842人
2009年度3,874人7,748人
2010年度3,452人6,904人
2011年度3,100人6,200人
2012年度3,139人6,278人
2013年度3,141人6,282人
2014年度3,121人6,242人
2015年度3,228人6,456人
2016年度3,513人7,026人

関連項目

 日本の同名駅一覧
貝塚駅(大阪府)
大阪府内の駅一覧 南海電気鉄道 南海本線 空港急行 水間鉄道
貝塚駅(福岡県)
福岡市交通局 西鉄貝塚線貝塚線宮地岳線 福岡県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「貝塚駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 671

コメント