ピクシブ百科事典

買収国電

ばいしゅうこくでん

戦前および戦中に鉄道省、戦後国鉄となる、が買収した路線・鉄道会社に在籍していた電車のこと。
目次[非表示]

一般的には昭和初期に行われた鉄道省による私鉄買収で日本国有鉄道に編入された電車を指す。

買収された私鉄と路線

 戦前に鉄道敷設法による予定線として買収されたものと、第二次世界大戦中に国家総動員法などに基く強制的な戦時買収私鉄によるものが存在する。
その他電化されていない路線も買収されたが、これらはこの話に関係ないため記述しない。なおそれらの車両は買収気動車とよばれ、買収後速やかに廃車および中小私鉄へ払い下げされた。

戦前に買収されたもの

戦時買収によるもの

 また機関車客車も国有化されたが、これらは電車および気動車とは扱いが異なる。

買収後の行方

 これらの会社および路線は日本国に買収され、鉄道省管理となったが、それらの路線で使用していた電車は国電となったものの形態も制御方式もその路線にあわせられ、他路線での運用には取り回しの悪い車両であったため、利用できる区域で利用された。ただし戦時買収私鉄に関しては本来の会社に返却される可能性が存在したため置き換えが難しかった。
 置き換えが本格的になったのは返却の話がなくなった戦後からで、国鉄が20m車を導入したことにより、それよりも小さい17m級とそれ以下の車両が大量に地方行きあるいは廃車となり(高品質だった阪和電鉄買収車や車両限界の都合があった南武鉄道の買収電車などの例外はあったが)、主に買収路線などで活躍していた電車は、戦後の電車不足で悩む私鉄などに譲渡されていった。
 国鉄に残された電車は一部車輌は改造の上、事業用車などに転用されていたものも存在するが、昭和59年には廃車・形式消滅となり国鉄内における買収国電の歴史は終わった。
 一方中小私鉄に譲渡された車両は譲渡された鉄道会社によりさまざまであり、中には電装を解除されたり、魔改造された上で1980年代後半まで使用されたものも存在した( 弘南鉄道 )。

関連項目

鉄道省 国鉄 中小私鉄
電車 国電 旧型国電

pixivに投稿された作品 pixivで「買収国電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1164

コメント