ピクシブ百科事典

通りぬけフープ

とおりぬけふーぷ

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場回はTC9巻収録「通りぬけフープ」。
黄色(作品によってはピンク色、黄緑色の場合もある)のフラフープのような外観の道具で、これを取り付けたにはが開き、その中を通過することが出来るようになる。
壁を物理的に破壊している訳ではないので、穴をあけても壁自体の強度は変わらず、外せば元通りとなる。「どこでもドア」の簡易版とも言える。

ただし壁ではなく天井に取り付けた場合も穴が開く為、仮にフープが転がって地面に倒れた場合、その部分に落とし穴が出来てしまう。地下室下水道があればその位置までの通路が出来、それらが無ければ地球を貫通してブラジルまで到達するスピンオフ漫画『ザ・ドラえもんズスペシャル』1巻の作中では、ドラリーニョブラジルから通りぬけフープで穴をあけ、日光に弱い一角大王という妖怪にブラジルの真昼の直射日光を浴びせて撃退していた)。

更に鉄格子等といった、壁とは呼べないスカスカな障害物に対しても問題無く効果を発揮する。実際に水田わさび版アニメ「子犬イチの国 ~キボウ編~」の作中では、とある建物に侵入する際ドラえもんのび太はこの道具で鉄格子を突破していた。
また、この道具は生物に対しても使用可能。上記の『ザ・ドラえもんズスペシャル』ではドラゴンの身体にこの道具で抜け穴を作り出しており、2020年版「のび太シンデレラ」ではドラえもん達が「絵本入りこみぐつ」で『赤ずきんちゃん』の世界に入り込んだ際、赤ずきんとお婆さんを食べてしまった狼の腹部にこの道具を取り付け、赤ずきんとお婆さんを救出している。

初登場時は「ぬけ穴フープ」という名称だった。しかし大長編版ブリキの迷宮』で「ぬけ穴フープ」が登場した際、通りぬけフープとは別の道具となっている。「ぬけ穴」の名前に恥じず、地下室の壁に取り付ければ自動的に地上までワームホールを作ってそこを通り抜けることが出来る。言わば「ぬけ穴ライト」(光を照らすだけで地面に穴をあけて進むことが出来るひみつ道具)の上位互換と言える効果となっていた。

また『ザ・ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』では、ドクターアチモフが操る巨大ロボットの張り手を避ける為、ドラえもんがLLサイズの通りぬけフープを取り出して手を潜り抜けてた。

なお、水田版アニメにおける「ルームガードセット」(他者が自室に侵入出来ないよう妨害することが出来るひみつ道具)は通りぬけフープによる空間操作を無効化しており、23世紀からやって来たギガゾンビも通りぬけフープの通路を捻じ曲げる妨害工作を行っていた。

関連道具

  • 即席落とし穴

外観はオレンジ色の「通りぬけフープ」で、地面に置くと瞬時に落とし穴を作ることが出来る。ただしこちらは通りぬけフープと違い、地下まで通路が出来てしまうことは無い。

  • マジックチャック
「通りぬけフープ」のチャックバージョンと言えるひみつ道具。
外観は巨大なチャックファスナージッパーとも呼ばれるアレ)で、これを壁に取り付けてチャックを下ろし、その中に入れば壁を通り抜けることが出来る。
ただし通りぬけフープとは違い、こちらの道具は壁を通り抜けるだけでなく壁の中に入って隠れることも可能

  • ぬけ穴ボールペン
孔を書いた部分が抜け穴になるボールペン。
「通りぬけフープ」や「マジックチャック」のように壁をそのまま通過するのではなく、別の壁まで繋がったワームホールを作り出し、その中を移動することが出来る。しかしどこが出口になるかは本人も指定できず、あくまで「脱出」という目的のみを追求した道具である。室内で使用し、裸足あるいは靴下の状態でワームホールを通ったとしても、外に出た時点で勝手にを履いている状態になるという便利な代物。
野外で使用すると起点空間の入り口(最初に輪を描いた場所)にリターンできる。
原作では一度きりの登場だったが、『ひみつ道具博物館』にて再登場を果たしている(ただし効果が原作と微妙に異なっており、原作では出口を指定することが出来なかったが、こちらの作品では出口を自由に指定することが出来る「ワープペン」と同じ効果になっていた)。

関連項目

ドラえもん ひみつ道具
  リング ワープ ショートカット

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「通りぬけフープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント