ピクシブ百科事典

阿修羅・原

あしゅらはら

阿修羅・原こと原進(1947年1月8日 - 2015年4月28日)は日本のプロレスラーで、ラグビーの日本代表選手でもあった。

長崎県北高来郡森山町(現諫早市)出身。
中学は柔道』に打ち込み、高校では当初は相撲に打ち込んでいたが2年の時ラグビーに転向。
東洋大学を経て近畿日本鉄道(近鉄)に入社。同時に近鉄ラグビー部に所属した。
近鉄では入社数年後に駅係員として勤務していた実績がある。

ラグビー選手として

近鉄時代の1970年に日本代表に選出され、同年3月22日のブリティッシュ・コロンビア州代表戦(於・秩父宮ラグビー場)でNO8として初キャップを獲得した。
一方所属した近鉄は1974年度、リコーの3連覇を阻み、5年ぶりに全国社会人ラグビーフットボール大会を制覇。続く日本選手権でも、早稲田大学を破り、こちらは7年ぶりとなる日本一を果たした。(原も右プロップとして優勝に貢献。)
1976年には日本人として史上初めて世界選抜メンバーに選出されるが社業の関係から原はラグビー選手として引退し、翌1977年に近鉄を退社。退社後は作家・野坂昭如が率いる草ラグビーチームでコーチを務めた。

プロレスラーとして

近鉄を退社した1977年11月29日に国際プロレスに同じラグビー出身者であり、かつ国際プロレス所属であるグレート草津が原をスカウトした上で国際プロレスへ入団した。
覆面レスラーとして試験的にデビューした後、1978年6月29日の大阪府立体育館大会にて素顔で正式にデビューした。(対戦相手は寺西勇)同年7月3日に海外武者修行に出発、12月に帰国後野坂昭如に阿修羅・原 と命名される。
1980年4月3日には新日本プロレスのリングに登場。
1981年9月に国際プロレスが解散。当初は引退して郷里に帰郷し、実家の農業を継ごうとした。この話を聞いたジャイアント馬場らによって引き止められ、フリーで全日本プロレス参戦。
1981年10月に天龍源一郎とのシングル戦で初めて対決して好勝負となり、後に全日本と所属契約を結ぶこととなった。(その後2度シングルで対戦するが後にタッグを組む。)
1984年10月にスランプから失踪、1985年4月に突如現れ、7月にフリー選手として全日本に正式に復帰。
1987年より天龍源一郎と共に「天龍同盟」を結成する。天龍とのタッグ「龍原砲」は全日本で一時代を築くも借金等「私生活の乱れ」を理由に1988年11月、全日本を解雇され札幌で隠遁生活をする。
約2年間の隠遁生活を経て、盟友・天龍の願いを受け1991年に天龍が所属していたSWSにて復帰。SWS崩壊後は天龍らとWARへ移籍。対抗戦の相手である新日本プロレスのリングでは、長州力や藤波辰爾とも対戦した。
1994年に引退、郷里に戻り町民の健康づくりのスポーツコーチや母校の長崎県立諫早農業高校でラグビー部コーチ、講演活動や知人の生花店で働いていたが後に親の介護をしながら療養生活をする。
2015年4月28日午前5時15分、雲仙市内の病院で肺炎のため68歳で死去。

pixivに投稿された作品 pixivで「阿修羅・原」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 583

コメント