ピクシブ百科事典

Gコン

じーこん

機動新世紀ガンダムXに登場するGX系列ガンダム用デバイスの事。

概要

機動新世紀ガンダムXに登場するGX系列のガンダム、つまりガンダムエックスを起動させるためのデバイスの事。正式名称は「Gコントロール・ユニット」(「Gコントローラー」とも)。
GX系列は右の操縦桿をこのデバイスに置き換える事で起動キーの役割を果たし、他のガンダムタイプと違ってこれを右操縦桿部分のコネクタに差し込まないと起動させることすらできない。また、GX系列最大の特徴とも言えるサテライトシステムを起動させるスイッチもGコン側にあり、スイッチを入れるとGコン自体も各部を展開変形しサテライトシステム用の管制画面が現れる。

厳密にはサテライトキャノンの発射を制御する為のセイフティ機構でありサテライトシステム自体はゾンダーエプタでのフリーデンへの恫喝の際の台詞から判る通りサテライトシステムの起動はGコン無しでも可能だがサテライトキャノン発射にはGコンが必須である。

劇中では第一話でライク・アント(正体はニュータイプを被検体にしているアルタネイティヴ社のスパイ)という人物による依頼でガロード・ランバルチャーからティファ・アディールを浚うついでに金目の物目当てでフリーデン内の金庫から奪って手に入れた。

同話終盤で依頼者のライクにきな臭いものを感じたガロードが契約を破棄しアルタネイティブ社のドートレスに襲われる中、ティファに導かれて乗り込んだガンダムエックスを「これで動いたら神様を信じる」覚悟でたまたま奪ってきたGコンを一か八かセットした結果、起動に成功している。

GX系列と述べたことからも分かるように、かつてジャミル・ニートが搭乗していたガンダムエックス二号機をベースに作られたガンダムダブルエックスもGコンがないと起動不可。
ゾンダーエプタ島でダブルエックス開発を命じ、機体を管理していた政府再建委員会(新地球連邦軍)の中心人物アイムザット・カートラルもダブルエックス専用のGコンをドヤ顔でちらつかせていたが、ティファ・アディールの能力で保管していたガロードのGX用Gコンの場所を特定されジャミル・ニートに取り戻されカトック・アルザミールの裏切りもあってあっさり強奪。さらにガロード駆るダブルエックスの初陣で逆にその驚異的な性能を見せつけられ盛大な墓穴を掘ることとなってしまった。

ちなみにアイムザットが所持していたダブルエックス専用Gコンはガロードが所持していたGX用とは違う赤色ベースでダブルエックス胸部のガイドレーザー受信部を模したダブルエックス専用のデザインとなっている。
劇中ではダブルエックス強奪後アイムザットは裏切ったフロスト兄弟に銃殺され、そのままダブルエックスのツインサテライトキャノンでガロードの手によって乗っていた船は島とその周辺ごと消滅させられたため、このダブルエックス専用Gコンも消滅したものと思われる。

サテライトシステムが破壊された事を切っ掛けに改修されたガンダムエックスディバイダーもガンダムエックスがそのまま素体になっているため、当初の起動にはGコンが必要となっていた。
ガロードがダブルエックスに乗り換え後にジャミル専用搭乗機体となったディバイダーは一般の連邦仕様の操縦桿が設置されGコン無しでも起動できる様にコクピットを改修されている。

GXの核とも言えるユニットのため、ガロードがガンダムエックスを競売に出した時も後付けでこれをちらつかせ金額を上乗せしようとしていた。また、劇中では競売に参加してたモブによってGコン目的でガロードが襲われる事もあった(フロスト兄弟の助けで事なきを得たが)。時代が時代なだけに、Gコンを所有する側も命がけである。

実はアニメ放送当時は玩具として商品化もされている。商品名は「Gコントローラー」。
スイッチを入れるとガンダムエックスの起動音が鳴り響き、コントローラー前面にあるモニター画面でパイロットシミュレーターの液晶ゲームが楽しめる。
サテライトキャノン発射時のコントローラー展開ギミックも再現されている他、
ビームライフル発射音やブースター音、サテライトキャノン発射音なども劇中そのままに収録されている。

しかし現在は当然絶版になっており、欲しい人は劇中さながらオークションで入手するしかない。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX デバイス 操縦桿
ガンダムエックス ガンダムエックスディバイダー ガンダムダブルエックス

pixivに投稿された作品 pixivで「Gコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4675

コメント