ピクシブ百科事典

RFラジオ日本

あーるえふらじおにほん

神奈川県を放送エリアとするラジオ局。
目次[非表示]

概要

1958年12月24日に開局。どこの系列にも属さない独立ラジオ局である。だが、独立ラジオ局という割には日本テレビの影響が強い。これは後述する経営の混乱があったため。

神奈川県域局として免許されているが、実際は関東一円で聴取できる。

コールサインはJORF。

社名はアール・エフ・ラジオ日本が正式名称。なぜラジオ日本ではないかというと、後述する遠山景久が社名、元々の名前であるラジオ関東から改名した際にNHKニッポン放送から「紛らわしいから何とかしろや!」と言われたため。通称ラジオ日本、1422ラジオ日本。

社会の木鐸宣言と経営の悪化

そもそも社会の木鐸(しゃかいのぼくたく)とは、社会の人々を指導する人を意味する言葉。
1981年、当時社長を務めていた遠山景久(なんとあの遠山の金さんの末裔らしい)は社名をRFラジオ日本に改名した直後に見出しで述べたいわゆる「社会の木鐸宣言」をし、若者向けの番組を敵視。番組からロック歌手やアイドルを排除し、タカ派、反共産主義や演歌、ジャズ中心の中高年或いは保守層向けの番組編成に一新。トラック運転手などからは好評を得たものの全体として聴取率は大きく下がった(当時はまだ「団塊の世代」が若年層であり、その時点での「中高年」というのは男性であれば軍隊帰りの大正生まれとかである)。
聴取率低下により、多くのスポンサーが「ほとんど聞かれてないラジオ局なんかにCMを流すかボケェ!」と言ったかどうか知らないが、撤退してしまう。

1987年、遠山景久は社長を退任して会長に就任。しかし社内への影響力は大きく残したままだった。1989年、夜9時以降に残されていた若者向けの番組は消滅した。
1991年、「林原めぐみのHeartful Station」などの声優がメインパーソナリティを務める番組を突如放送しないといった無茶苦茶な事をしでかす。
その結果として、聴取率の低下、売上の激減を招いた。

遠山の独裁は続き、アナウンサーをキーパンチャーに転属させて訴訟を起こされたり、管理職の研修を自衛隊で行ったりするなどの普通ではあり得ない事をして労使関係を悪化させ多い時には150人以上いた社員が40名以下となってしまった。
遠山経営の末期には打ち切り番組が21本と異常な状況に陥っていた。ワンマン体制に「もう我慢の限界だ!」となった社員は1993年12月、当時の社長以下取締役会全員一致で「公共の電波を預かる放送局のトップとして不適切」としてクーデター的に解任。会社を追放された。なお、このクーデター、ここと関係の深い読売新聞の当時のボス、小林與三次が1枚かんでいる。

その後遠山は自宅を差し押さえられ、遠山一族が保有していたRFラジオの株式を日本テレビが買い取るなどの紆余曲折を経て現在に至る。
なお、遠山景久は1999年に逝去した。今では地獄にいるのやら天国にいるのやら…。

アニラジ事情

  • 先述したようにかつて林原めぐみがメインパーソナリティを務める番組を放送していたが遠山景久騒動でラジオ関西に移籍した。以後、当局ではネットされていない。
  • それから國府田マリ子のGMなどを細々と放送する状況が続き、2013年に新番組を開始もしてはいる。だが2017年秋時点では、アニラジに該当する番組は再び消滅している(「え?『i☆Ris 芹澤優のせりざわーるどwithyou』があるんじゃないの!?」という人もいるだろうが、アレは一応アイドル番組である。念のため)。


諸々話

  • 開局から1964年まで東急東横線の乗客向けに鉄道無線を利用してニュースを放送していた。また、これまた開局から2001年3月末まで、京浜急行電鉄をスポンサーとした音楽番組「京急ミュージックトレイン」を放送していたが、これと同じ名称(ただし流石に「京急」は外されてはいるが)の臨時特急が走ったことがある。
  • 野毛山の予備送信所でタクシー無線の基地局を勝手に提供し、賃料を得ていたことがある。当然お役所から怒られた。
  • インターネットサイマルラジオサービスradikoに参加している。サイマル対象(無料で聴ける)エリアは神奈川県東京都埼玉県千葉県群馬県茨城県栃木県。…もっともRFはそこまでエリアフリー配信(有料で全国の局が聴ける)対象外の番組があるわけでもないのだが。
  • 社会の木鐸宣言後のような大規模な混乱は起きていないが、毎月番組の突然の打ち切りや時間移動は絶えない。そんな状態で大丈夫か?
  • 横浜本社に放送に必要な設備が何もなく、実質東京支社に置いていたため、これまたお役所から怒られた事がある。
  • 親局は川崎市にある。西側への電波の飛びが強く、北側への飛びが抑えられている。
  • 日本テレビと関係が深いこともあり、日本テレビから局アナを借りることがある。看板アナウンサーとして、巨人戦実況中継で活躍し、60年安保のリポート中に、機動隊員にどつき回されたうえ、その様子までリポートした島碩弥(しまひろみ)がいた。また、台風取材中に殉職してしまったアナウンサーがいた。また、長嶋さんの密着取材で名高い岩田暁美は、ここの社員だった。


関連リンク

公式サイト

コメント