ピクシブ百科事典

めぐり愛して

めぐりあいして

めぐり愛してとは1999年にソニー・ミュージック・エンタテインメントがPS1で発売した恋愛シミュレーションゲームである
目次[非表示]

概要

めぐり愛してとは、1999年にソニー・ミュージック・エンタテインメントが発売した恋愛シミュレーションゲームであり、ときめきメモリアルの初代最高責任者だったから永山義明氏が最後に手掛けたゲームである。
ときめきメモリアルうる星やつらきまぐれオレンジロード等を彷彿させるワンダーランド的な作品に対し、此方は、等身大にして平凡な高校生の青春を描写した。
あいたくて…と同様、「ときメモのスタッフが手掛けポストときメモを模索しようとした」のと、「絵に癖があり、ユーザーを選ぶ」問題点と言う共通点があった。

INTRODUCTION

虹ヶ音高校を卒業してから数年後、主人公は故郷の虹ヶ音町に戻った高2の秋から卒業迄の1年4ヶ月の事を思い出していた。そこで、高校時代に恋人となった彼女との出会いや様々な出来事を思い出しながら、数日後に虹ヶ音町で再会する恋人への思いを馳せていた。

GAME SYSTEM

高校2年生の秋にはじまり高校3年生の卒業式の3月1日迄の平日は育成、土曜日は校内をめぐりヒロインをデートに誘い、日曜日はデートや休息を取るというときめきメモリアルと同様のシステムであるが、ヒロインを出し過ぎると、不満処理に追われたりも同じであり、ヒロインの数を抑えて展開する必要もあった。
なお、部活は高3の合宿イベントのみ有効の為、ときメモみたいに試合で頑張ったり、文化祭で活躍する事は出来なかった。

CHARACTER

TRIVIA

  • キャラクター欄に書いてある通り、本田遥夏役だった新山志保の病気降板により、荒川美奈子が引き継いだ事が発売延期の遠因であった。
  • 薬石の甲斐無く新山が逝去した為、本作彼女の遺作となってしまった。

関連作品

ときめきメモリアル…言わずと知れたギャルゲー界の無敵の女王
ときめきメモリアル2無敵の女王直系の後継作品。周囲の大きな期待の割にメディアミックス企画は早死にさせられた
ときめきメモリアル3ゲームファンドのせいで本領を発揮出来ず、潰された悲運の傑作。序でにゲームシステムはあいたくて…を一部リサイクル
ときめきメモリアル4あいたくて…とは逆にラブプラスの陰に隠れ、メディアミックスも早期にご破算になった、ある意味3以上の悲運の傑作
あいたくて…本作と同様、ときメモのスタッフが製作、絵に癖がある、「ポストときメモの大き過ぎた期待の割に不発(あいたくて…コナミのときメモ優先・偏重政策にも非があった)、登場人物の声優に立木文彦が出演しているの共通点繋がり
初恋ばれんたいん…今は亡きファミリーソフト(実製作も今は亡きフィル・イン・カフェ)が発売した一部で伝説のギャルゲー。イントロダクションが本作と類似

関連イラスト

○○ に関するイラストを紹介してください。

イラストの再投稿2
チョビマンガ



別名・表記ゆれ

○○ に関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。
例)ピクシブ ぴくしぶ チョビ chobi

関連タグ

○○ に関係するタグがありましたら、紹介してください。
例)pixiv チョビ

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

関連記事

親記事

ときめきメモリアル ときめきめもりある

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「めぐり愛して」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント