ピクシブ百科事典

ゆやゆず

ゆやゆず

「遊戯王ARC-V」に登場する人物の「榊遊矢」と「柊柚子」のカップリング。
目次[非表示]

概要

主人公榊遊矢と幼なじみのヒロイン柊柚子の王道カップリング。
キャラクター詳細は個記事を参照。

一緒に登下校したり学校で共に昼食をとる(5・15話)など、 傍から見れば付き合っているようにしか見えないが、遊矢自身は幼馴染としかまだ思っていない様子。
尚、柚子は少なからず好意を寄せているようである。

ただ、遊矢も父が失踪した時自分を支えてくれた柚子に感謝しており、その思いは権現坂昇と同じかそれ以上とのこと。
そして、彼女を大事に思う気持ちは柚子の失踪により表面化する。

今後、遊矢の方の意識が変わるかどうかでこの二人の行く末は決まるだろう。

なお、幼馴染と明言されていながら、1年目(49話まで)には二人の回想は行われず(権現坂昇と遊矢の回想は11・25話で登場)、53話でようやく幼少時の柚子が回想で登場した。

※注意

よくネット上でこのカップリングの話がされる事があるが、腐向け百合等に限らず、そういったカップリングの話に不快に思う者もいるので注意。
公共の場ではそういった発言等はせず、純粋に楽しみましょう。
あくまで二次創作で楽しむ事。

作中の展開

舞網チャンピオンシップまで

  • 2話

遊勝塾・入塾増加を狙ったアクション・デュエルをエキシビジョンとして二人で行った。
その際のアクションデュエルの口上を息ぴったりに披露している。

\アクショーン…デュエル!!/



  • 5話
遊矢へ弟子入りをしようと付きまとっていた、紫雲院素良から柚子が「遊矢の彼女」と称され頬を赤くするも、肝心の遊矢からは「ガサツなストロング女」と言い返され柚子が彼をハリセンで制裁した。

  • 10話
動揺から、光津真澄とのデュエルに負けて落ち込み倒れかかった柚子を遊矢が抱き留めた。その直後に真澄からちゃかされ、思わず柚子は遊矢を突き飛ばし、慌ててそのことを謝った。
その後、権現坂昇のアクションデュエルの前口上で、2人仲良く「アクショ〜ン」とコールした。

  • 12話
遊勝塾をかけた延長戦、赤馬零児とのデュエル前に硬い表情になっている遊矢に向かって柚子は「笑って!」と声をかけ、遊矢の表情をほぐした。

  • 15話
遊矢曰く、権現坂昇と同じかそれ以上に柚子には感謝しているとのこと。

  • 18話
榊家の晩御飯の最中、素良が「余裕をかましてたら柚子を他の誰かにとられちゃうかもよ」と発言するも、遊矢は「別にあいつ俺の彼女じゃないし」と返した。

  • 21話
北斗達からLDSの襲撃犯が現れたと聞いて駆け付けた遊矢。そこには不審者から「瑠璃」と呼ばれ、突然消えた不審者と黒マスクの男の存在に激しく動揺する柚子と散らばった彼女のデッキがあった。
仕方なくデッキをまとめて柚子に渡す遊矢だったが、彼女が去った後、「融合」を拾い忘れていたことに気づく。

  • 23話
遊矢が柚子に拾いそびれていた「融合」を返却し、その際遊矢が柚子に「柚子のおかげでヒントをもらった」とお礼を言い、良い雰囲気になりかけていたが、遊矢に惚れた方中ミエルの「ダーリン」発言によって柚子が「何なのよその女は!」とハリセンをかます形で終わっている。

  • 25・26話
舞網チャンピオンシップ予選最終戦、権現坂昇と遊矢のデュエル前の彼を心配しての憂い顔、権現坂に勝った遊矢に向けた笑顔は必見。

  • 27話
舞網チャンピオンシップ開催直前に消えた遊矢を心配。またミエルと再会し、遊矢を「ダーリン」と呼ぶ彼女にハリセンをぶちかまそうとした。

  • 38話
舞網チャンピオンシップ2日目の夜から2日間も目を覚まさない遊矢を彼の母の榊洋子と共に見守る。洋子との息はぴったりで、試合を放り出して遊矢の元にきた方中ミエルを上手く二人で言いくるめて帰している。

  • 40話
舞網チャンピオンシップ7日目、勝鬨勇雄とのデュエルの結末に落ち込んでいる遊矢だったが、斜芽美伎代とのデュエルで見事なエンタメを披露し盛り上げる柚子の姿を見て元気を取り戻した。

  • 41話
ベスト16に残り、3回戦進出が決定した二人。
お互い、ライバルとして、遊勝塾の代表として、エンタメデュエルでトップを目指すことを改めて誓い合った。

  • 42話
3回戦のバトルロイヤルで、お互いに離れてペンデュラムカードを探すことになった二人。
お互いに無事を祈りながら別れるが…。

  • 47話
柚子の捕獲を命じられたユーリに追いつめられ、思わず遊矢のことを思った柚子。
しかし現れたのはユーゴであり、彼の登場で(ブレスレットにより)救われるが、今度はユーゴと接触していたせいで、遊矢が柚子に近づいた際、ユーゴごとシンクロ次元に飛ばされてしまった。

  • 50話
舞網チャンピオンシップの真相を知り、行方不明・カードになった柚子達デュエリストの無念の思いを吐露しながら赤馬零児にぶつかっていく遊矢。
デュエルの最中、柚子がそばにいたからこそかつての自分はいじめに耐えることが出来、柚子がLDSに勝つために融合を会得しようとしている姿を見たからこそ自分もペンデュラム融合に到達できたと語った。
零児へ怒りをぶつけるという形ではあるが、初めて遊矢が柚子のことを大切に思っていることが語られた。

  • 51話
全力を尽くしても零児には勝てなかった遊矢。自分の実力不足を痛感した彼は、ランサーズに入り、柚子を助けることを決意する。

シンクロ次元

  • 54話

自分がシンクロ次元に飛ばされてしまったことを、ユーゴとの会話で理解した柚子。遊矢と離ればなれとなったことを知り、気丈な彼女も泣いてしまった。

なお、51話の同時刻、お互いを思いながら遊矢も泣いていた。

  • 64話
フレンドシップカップ会場に到着した柚子。そこでエキシビションで出場する遊矢の姿を見た柚子は涙するのだった。
しかしジャックに完敗し吹き飛ばされる遊矢の姿を見て絶叫する。

  • 65話
ジャックに敗北し、行政評議会により客人としての接待・監視を兼ねてトップスのペントハウスにそれぞれ軟禁された遊矢達ランサーズや柚子とユーゴ。
エースカードの反応から、近くにユーゴ、そして柚子が近くの部屋にいるのではないかと思い、一人部屋の中を動き回りながら柚子への思いを叫んだ。
その様子は誰が考えたか「柚子ミュージカル」。

  • 69話
遊矢が見ているであろうことを考えながら徳松長次郎とのライディングアクションデュエルに挑む柚子。ジャックに敗れ落ち込んでいるかもしれない遊矢に「貴方は一人じゃない」と伝えるべくエンタメデュエルを展開。「お楽しみはこれからよ!」「いけ!燃えろ!熱血だー!」「しびれるう~でしょ?」等、遊矢へのメッセージをこめながらデュエルを進め見事勝利。
更に言うと、ブルームディーバを召喚、バトルフェイズになんと榊遊矢のテーマが流れた。これには視聴者は驚愕した。
デュエル後、彼女の意を見抜いた長次郎から「遊矢にホの字なのか」といわれて思わず彼にハリセンツッコミしていた。

柚子からのメッセージを受け取った遊矢は一人涙を流しながら喜んだ。

  • 73話
遊矢の1回戦のデュエルに不安を覚えていた柚子。
そんな中、月影から遊矢の手紙を届けられる
遊矢が覚悟を新たにしたこと、そして「全てが終わったら一緒に帰ろう」という言葉に、安堵と喜びの涙を流すのだった。

  • 76話
フレンドシップカップ3日目の朝。
柚子は遊矢の言葉を思い出し、「絶対無事に帰るから。遊矢と一緒に。」と誓う。
そんな彼女の様子を眺めるがいた…。

  • 漫才フェイズ(「DM」リマスター36話・「ARC-V」77話予告)
柚子のフレンドシップカップ2回戦前、久々に会話をする遊矢と柚子。
遊勝塾の話となるが、遊矢は塾時代、柚子によくハリセンで叩かれたことを思い出し、嬉しそうにあれ痛いんだよな~」と語り、柚子に怒られた。

  • 77話
柚子が人々に心を一つにし、アカデミアに対抗することの大切さを訴える姿に喜ぶ遊矢。しかし彼女の気高き姿に、「ヴァンダリズム」という本性を抑えきれなくなったセルゲイ・ヴォルコフによってビルに叩きつけられ、柚子が死んでいてもおかしくない状況に遊矢に絶叫する。(遊戯王史上類を見ないヒロインの事故である)

  • 80話
再会した素良との会話で、柚子の無事を知る遊矢。柚子のことは友達として大事に思いながらも、忠誠を誓うアカデミアのために柚子とセレナの交換を申し出る素良だったが、遊矢は素良にアカデミアから離反し共に戦うことを訴える。
しかし話の途中でセキュリティが素良を捕えようと乱入したため、遊矢は素良をかばい、彼を信じて柚子の身を託す。

  • 87・88話
セキュリティからの追っ手をかわすため、月影の協力により地下強制労働施設に身を隠した柚子。
そこでしばし働くが、突如点滅し始めたブレスレットを見て遊矢の身を案じるのだった。

  • 90・91話
労働施設にいたが、オベリスク・フォースに対抗しようと地上に出ようとするランサーズシンジ・ウェーバー達が起こした暴動に巻き込まれ、仲間とはぐれて一人地上に出てしまった柚子。
胸騒ぎの中、ブレスレットの導きに従い遊矢の元に急ごうとするのだった。

  • 92話
何かと共鳴し復活を始めようとする遊矢。間一髪柚子は間に合い、ユーゴユーリを別の場所に転送させ、遊矢の正気を取り戻すことに成功する。しかし今度は乱入してきたセルゲイ・ヴォルコフのフィールド魔法「地縛牢」に柚子が拘束されてしまう。
満身創痍の遊矢は怒りながらもセルゲイとデュエルを進めようとするが、柚子は遊矢に怒りにとらわれてほしくないと訴える。
その言葉を聞いた遊矢は、今の自分には皆を笑顔にできるほどの実力がない苦さを痛感しながらも、「柚子一人なら」と、自分が不利になることを承知で「地縛牢」を破壊し、柚子を解放することを選んだ。
しかし、セルゲイの規格外の肉体による攻撃の前に柚子を奪われてしまう。

  • 94話
セルゲイにさらわれジャン・ミシェル・ロジェの元に連れてこられた柚子。ロジェが自分にとっての理想の世界を築こうとしていることを真っ向から否定し、意味ある世界とは「誰もが笑顔になれる。それが理想の世界」と語った。

  • 95話
セルゲイの敗北によりモニターを通じてシティに戒厳令を出すロジェ。柚子は彼を突き飛ばし、モニターに向けて遊矢にエンタメデュエルを通じて争いを止めるよう語った。
遊矢は動揺し柚子の救出に向かおうとするが、権現坂昇に諫められ、ジャック・アトラスから遊矢への伝言が伝えられたことで、柚子とジャックの言葉を胸に人々の暴動を収めるためデュエルパレスへと向かう。

  • 99話
エレベーターを破壊され落下した柚子を遊矢がお姫様抱っこをして救出する。
柚子の無事を確認すると遊矢は柚子を涙を流しながら抱きしめる。(主人公がヒロインを抱きしめるのは今までの遊戯王シリーズ初である)
その後、ロジェの起動させた次元転送装置の次元の穴に吸い込まれそうになるが、遊矢は柚子を抱きしめたまま庇っている。
しかし直後、次元転送装置が突如起動し再び引き離されてしまった。

余談


某ピンナップのVDゆやゆず漫画



関連イラスト

お楽しみはこれからよ!
オトコノコ、オンナノコ
ゆやゆず
主人公


ARC-V
ないしょばなし
あくふぁつめ2
明けましておめでとうございます



関連タグ

遊戯王ARC-V 榊遊矢 柊柚子 NL


リンク先ネタバレ有り
ズァーク レイ(遊戯王ARC-V)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆやゆず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3428463

コメント