ピクシブ百科事典

アラバスター

あらばすたー

手塚治虫の漫画作品、及びその登場人物。
目次[非表示]

概要

手塚治虫がグロテスクで醜悪な作品を描きたいと思いついて連載された作品。
思いついて連載を始めた物の、当時の手塚の精神状態は割と追いつめられていたらしく、本人はこの作品を気に入っていない事を公言している。
しかし高いアクション性、ストーリー性、共に読者からの評判はそれなりに有り、ともすれば平凡と受け取られかねない「外見の美醜よりも心の美醜」とも言うべきテーマを説得力溢れる描写で展開、そして変態化がさらに進行したロック・ホームは正に名人芸である。
近年kickstarterにて英語版出版の為のクラウドファンディングによる資金調達計画が達成された(外部リンク


あらすじ

米国の黒人金メダリスト、ジェームズ・ブロックはハンサムな顔とその実績から英雄的な存在だった。
しかしある日慕っていた白人女優のスーザンから黒人であることを理由に手酷くフラれ、さらに彼女の嘘の証言が原因で刑務所送りになってしまう。
今までの名誉をすべて失い絶望の淵に居た彼は、死刑囚の科学者F博士に託された透明化銃に救いを求め、黒人でも白人でもない存在になろうとする、結果的にそれは成功するが…。


キャラクターとしてのアラバスター

本名ジェームズ・ブロック。
何と言っても特徴的なのはその外見である。元々美男子であったが最早その面影はなく、半透明の体からは血管だけが透けて見え、さながら出来の悪い人体模型のような外見である。
オリンピック選手の肩書は伊達ではなく凄まじい身体能力を有しており、敵の動きを見切りピーナッツの礫で多大な打撃を与える特異な技術を持ち、外見も相まってまさに怪人である。
既存の価値観による美しいモノ全てを憎悪しており、醜いモノこそ美しいと嘯く。

登場キャラクター

ロック・ホーム

アラバスターと対峙するFBIの腕利き捜査官と言う、一応は善玉役で登場するが、ギリシャ系以外の人種は美しくないと断じる差別的な美的感覚の持ち主で、全裸で鏡にもたれかかる超ナルシスト女装やら捜査方法やらで簡単に善玉とは言い切れない。

関連イラスト

アラバスターに関するイラストを紹介してください。

ロック・ホーム
アラバスター



別名・表記ゆれ

アラバスターに関する別名や、表記ゆれがありましたら、紹介してください。
例)ピクシブ ぴくしぶ チョビ chobi

関連タグ

アラバスターに関係するタグがありましたら、紹介してください。


この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「アラバスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10173

コメント