ピクシブ百科事典

アンクルホーン

あんくるほーん

アンクルホーンとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場はドラゴンクエスト4
筋肉モリモリ、マッチョマンの半獣悪魔。筋肉だけでなく、立派な角と立派な髭も特徴。

初登場のDQ4では、普段はヒャダルコを唱えたり通常攻撃をするだけだが、
HPが少なくなると怯えだし、たいあたり攻撃を使うようになる。
この状態は、守備力が上がる代わりに攻撃力と素早さが下がる。
しかし、この複雑な行動パターンと演出はDQ4固有であり、ドラクエ5以降は撤廃されてしまった(このようなモンスターは多い)。
おびえ状態になると、ガラリと体の色が変わり、ブルデビルに似た色となる。
以降この怯えた状態の色とブルデビルの色をアンクルホーンが手に入れたため、ブルデビルは姿を消した。

DQ5では迷いの森などに登場。能力はブルデビルに近い高さとなり、初見ではなかなか強い。
ヒャダルコやバギクロスなどの呪文を使う。
比較的高い確率で仲間にすることができ、堅実な強さを誇る。
仲間になると育ててもバギクロスを使えなくなる。
SFC版では歩行グラフィックがDQ4の通常時の色になっている。

アンクルホーン系のモンスター

ブルデビル
ドラクエ4にのみ登場。アンクルホーンの上位種。
マヒャド、ザオリクなどを使用する。しかしMPが低いため、
どちらかしか使えない。
なお、このモンスターの配色は
ドラクエ5以降はアンクルホーンに使われるようになった。
近年ではDQ7の色を手に入れて復活を果たしたが、
アンクルホーンの下位種となり、名前以外はほぼ別物。

ヘルバトラー
初登場時のDQ4では、地底世界にてデスキャッスルの結界を守る四天王という
中ボスキャラというポジションだった。
1~2回行動で、雄叫び、イオナズン、激しい炎、凍える吹雪など、
全体攻撃技が多い。以降の作品はザコ敵として登場している。

DQ5では、エビルマウンテンで大魔王ミルドラースの直前で中ボスとして登場。
しかし、クリア後のおまけダンジョンでは何故かザコに格下げされている。
ただし、非常に確率が低いが仲間にすることもでき、仲間モンスター最強のスペックを誇る。

ドラクエ7のみ配色が違う。その配色をブルデビルに
使えばいいんじゃないんだろうか…と巷で言われていたが、その通りになった。

デスカイザー
不気味な光を放って耐性を下げたり、イオナズンや凍える吹雪で
攻撃してくる。
ドラクエ9では、灼熱の炎を吐いたり、暗黒の霧を使って
相手の攻撃力と攻撃魔力を下げてきたり、テンションブーストを
使ってテンションを一気に上げてくることもある。

その他

プレイステーション版4では、このモンスターの姿をした移民が「グレートデーモン」という名義で登場する。

関連イラスト

アンクルホーン

アンクル

pixivに投稿された作品 pixivで「アンクルホーン」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237364

コメント