ピクシブ百科事典

カメレオンカンス

かめれおんかんす

カメレオンカンスとは、『超電子バイオマン』に登場するメカジャイガンの一体である。
目次[非表示]

ドクターマン「ついに手に入れたぞ!反バイオ粒子!」

登場話:第10話「さよならイエロー」

概要

新帝国ギアドクターマンが侵略用に生み出した巨大ロボメカジャイガンの一体。分銅のような先端の長い舌から敵に流し込む電気ショック、両肩のミサイル、そしてモチーフから連想されるように透明化を得意技とする。

ドクターマンが小型の人工衛星より獲得した「反バイオ粒子」から創り出した光線銃「バイオキラーガン」と共に、バイオマンを大いに苦しめた。

活躍

バイオマンをおびき出すべくコンビナートに出撃、メイスンがバイオキラーガンでバイオロボを撃ち、機能停止に追いやった。そのまま動かなくなったバイオロボを甚振るも、バイオロボはピーボの操縦するバイオドラゴンに回収され、彼らの撤退を許す。

再戦時にはメイスンとサイゴーンの技に倒れたイエローフォーを欠くバイオマン4人が操縦するバイオロボと激突を繰り広げる。両目を虹色に輝かせて姿を消し、バイオロボを翻弄せんとするが、スーパーフラッシュで居場所を暴かれ、伸ばした舌を斬られた挙句、最期は新技のスーパーメーザー・十文字斬りを受けバラバラに崩れ落ちた。

しかし、イエローは反バイオ粒子の技を喰らった影響で死亡してしまい、スーツ姿のまま弔われるのだった・・・。

余談

素顔を見せぬままのイエローの急な退場は、小泉ミカ役の矢島由紀氏が7話以降のアフレコを前に急に失踪し、音信不通になってしまったため。

関連タグ

超電子バイオマン 新帝国ギア メカジャイガン

関連記事

親記事

メカジャイガン めかじゃいがん

兄弟記事

コメント