ピクシブ百科事典

ノウワーム星人

のうわーむせいじん

ノウワーム星人とは、公式外伝『COMIC'S★ウルトラ大全集』「ウルトラセブンVOL.1 古都に燃ゆ」に登場するウルトラシリーズ屈指のグロテスクな外見をしたマイナー宇宙人の名称である。

概要

リム出版新社より発行された公式外伝『COMIC'S★ウルトラ大全集』「ウルトラセブンVOL.1 古都に燃ゆ」に登場。

太古の昔に故郷太陽が失われた事が切っ掛けで母星であるノウワーム星を捨てて新たな新天地を求め永い年月の間、当てもない宇宙を続けていた結果、肉体が衰退し、クローン再生技術を使ってを繋ぎ止めて来た為に脳髄のみしか残されていない姿になってしまったスペースビースト並みのウルトラシリーズ屈指のグロテスクな外見をした宇宙人

たまたま地球の近くを通りかかった際、宇宙空間に投げ出され生死の境を彷徨っていた防衛軍養成学校のヤスヒラ教官を回収した事を切っ掛けに肉体を取り戻す事を思い立ち、ヤスヒラ教官にミシュロフという名の同胞を移植して地球へと侵入させ地球人に自分たちの遺伝子を適応させるための実験を繰り返していた(早い話が××して自分たちの子供を孕ませようと暗躍していたという、とても映像表現が難しい実験を行っていた)。

正体を曝け出す際はヤスヒラ教官の肉体をサナギの様に脱ぎすれて正体を現す(何のホラー漫画だ?)。

なお、適合できない女性たちは急激に妊娠した挙句委の果てに、免疫不全で昏睡状態になってしまう。

ちなみに全くの余談だが、適合実験の為に女性たちに (未遂に終わってはいるが)触手を伸ばして自分たちの遺伝子を植え付けようとしているシーンは“これ、本当に全年齢対象の健全なウルトラシリーズなのか?”と疑問に思うような多少なりの過激なシーンだったりする。

アンヌ隊員を拉致し、彼女にも自分たちの遺伝子の適合実験を行おうとするも、事件の真相を突き止め本拠地に乗り込んできたモロボシ・ダン=ウルトラセブンに阻まれ前線基地を破壊されて全滅。
生き残ったミシュロフは巨大化し、セブンに自分たちただを取り戻したいだけで(どんな事情があるにせよ)せっかく授かった命を簡単に切りすてる地球人たちの方が自分たちより悪質だといって迫るが、最後は『エメリウム光線』を受け爆死し、星人の支配下に置かれていたヤスヒラも星人の死により支配下からようやく逃れたかのように安らかな顔をしながら消滅していった…。

関連項目

宇宙人 ウルトラセブン

コメント