ピクシブ百科事典

ハッピー☆マテリアル

はっぴーまてりある

TVアニメ「魔法先生ネギま!」のOP曲。略称「ハピマテ」。多数のバージョンがリリースされている。
目次[非表示]

概要

テレビアニメ魔法先生ネギま!」のOP曲。略称「ハピマテ」。
作詞:うらん 作曲:大川茂伸 編曲:大久保薫。

麻帆良学園中等部2年A組の女子生徒を出席番号順に分け、1か月ごとに歌うキャラクター声優)を交代する形で、六ヶ月間オープニングテーマとして放送された。
最終回では、2-Aの生徒全員が歌う最終バージョンが採用されるなど、11種のバージョンが音源として残されている。
また2017年より放送された続編UQ_HOLDER!」でも主題歌としてリファインされて使用される。

2000年代初期に、当時のオタク層に人気を誇った曲で「アニソンをヒットチャートの1位にしよう」という購買運動にまで発展した。

ハピマテ購買運動

この曲がオタクに支持されていた2005年当時、森山直太朗ラジオ(J-WAVE)でこの曲を「ああ、萌えーアキバ系のやつだ。こういうの、無くなってほしいですね。」と萌え系アニソンを全否定する発言がファンの間で炎上し、ネット日本ミュージシャンを抜かし、アニソンをオリコン1位にしよう」というCD購買運動に発展した。
また同2005年にNHKが実施した『紅白歌合戦』用のリクエスト企画「スキウタ」への投票を呼びかけ、紅組50位にランクインさせた。

なお最高位は3位で、目標であった「オリコン1位」を達成することはできなかった。

ちなみに

炎上後も謝罪しなかったことから、直太朗に現在も良い感情を抱いていないファンは多い。発言自体もまあ、現在ならさらなる炎上必至で迂闊なのだが、これが一般層の偽らざる正直感想だったのは事実である。そのくらい、2005年当時は(現在以上に)萌え系アニソンの地位は低く、オリコンチャートなどでも、アニソンだけ極端に紹介映像が短いなど、腫れ物扱いだったのである。

なお2017年放送となった「UQ_HOLDER!」の主題歌採用時は既にまったく話題にならず、若いアニメファンには「なんか年寄りが昔大騒ぎしたとかいう曲ってコレ?」くらいの扱いであった。

関連タグ

魔法先生ネギま! UQ_HOLDER! アニソン キャラソン

燃えてヒーロー2018年度版「キャプテン翼」のED曲として採用。メインキャラの声優がそれぞれ担当するバージョンが、本編の内容にあわせて流れる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ハッピー☆マテリアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7473

コメント