ピクシブ百科事典

ハリ千本バッジ

はりせんぼんばっじ

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC10巻収録「ハリ千本ノマス」。
ハリセンボン型のバッジ。このバッジを付けていると、誰かがバッジ使用者に対して嘘を言った場合、バッジから「ノマスー!」という音が響く。すると嘘を言った者の身体が勝手に動き出し、嘘を本当にする為の行動を取るようになる

作中では、毎年エイプリルフールになると周りから騙されてばかりののび太を不憫に思ったドラえもんが、この道具を取り出した。
のび太はバッジを付け、ママで試してみることにする。ママが「お小遣いを1000円追加で渡す」と嘘を言うと、ママは本当に財布から1000円札を取り出してのび太に渡した。
道具の効果が本物だと分かったのび太は、いつも自分を騙そうとしてくるジャイアンスネ夫に仕返しをすることにした。

スネ夫は「のび太に切手コレクションをあげる」と嘘を言った為、スネ夫は自宅から切手コレクションを持ち出してのび太にあげる羽目になってしまう。そしてジャイアンは「のび太にケーキを奢る」と嘘を言った為、ジャイアンは自腹でケーキを購入し、のび太に渡す羽目になってしまった。

その後、しずかが「誰でも明らかに分かる嘘をついてあげよう」と考え、のび太に対して「あなたの家が火事よ!」と嘘を言う。その結果、しずかはそのままマッチを取り出し、野比家を本当に火事にしようとしてしまう。その様子を見たのび太は「ドラえもん!早くバッジを外してくれ!」と大慌てし、しずかを止めようとしたドラえもんの背中に火がついてしまい、彼が火傷するオチで終わっている(ただしこの場面は漫画本編ではなく、コマの外に描かれている)。

余談

上記のエピソードは大山のぶ代版及び水田わさび版アニメで映像化されている。前者は原作通りの展開だが、後者は様々なアレンジが施されている。

  • はる夫安雄が登場し、ジャイアン達と共にのび太を騙そうとしている。

  • はる夫は「神成さんの家でおやつが食べ放題」と言った為、神成さんの羊羹を盗み食いしてしまう

  • 安雄は「広瀬ベルがウチに来ている」と言った為、広瀬ベルを強引に連れて行こうとするが、のび太がハリ千本バッジを外したことで収まる

  • 補欠の野球少年が弟に「試合でホームランを打つ」と言ったことで、バッジの効果で打たせてもらえることになる。その後、自力でホームランを打つことに成功し、のび太からは「エイプリルフールの奇跡」と称された。

  • しずかの嘘が「泥棒が入った」に変更されており、しずかが野比家へ泥棒に入ることになってしまい、ドラえもんが「嘘つきは泥棒の始まり」と呟くオチになっている

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具
エイプリルフール

帰ってきたドラえもん:こちらもエイプリルフールがテーマになっているが、「ハリ千本ノマス」とは対照的にシリアスかつ感動的なエピソードとして描かれている。

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

コメント