ピクシブ百科事典

ポーランドボールの国家一覧

ぽーらんどぼーるのこっかいちらん

ここでは、ポーランドボールに登場する主な国家の特徴をまとめる。
目次[非表示]
  • 1 ヨーロッパ
  • 1.1 ポーランド
  • 1.2 ドイツ
  • 1.3 ロシア
  • 1.4 イギリス
  • 1.5 シーランド
  • 1.6 スウェーデン
  • 1.7 デンマーク
  • 1.8 フィンランド
  • 1.9 オランダ
  • 1.10 スイス
  • 1.11 オーストリア
  • 1.12 ラトビア
  • 1.13 ギリシャ
  • 1.14 イタリア
  • 1.15 フランス
  • 1.16 スペイン
  • 1.17 ポルトガル
  • 1.18 アイルランド
  • 1.19 ウェールズ
  • 1.20 ベルギー
  • 1.21 ルーマニア
  • 1.22 セルビア
  • 1.23 ハンガリー
  • 1.24 ベラルーシ
  • 1.25 エストニア
  • 1.26 バチカン市国
  • 1.27 サンマリノ
  • 1.28 ブルガリア
  • 1.29 モナコ
  • 2 南北アメリカ大陸
  • 2.1 アメリカ
  • 2.2 カナダ
  • 2.3 グリーンランド
  • 2.4 メキシコ
  • 2.5 ジャマイカ
  • 2.6 パナマ
  • 2.7 ブラジル
  • 2.8 アルゼンチン
  • 2.9 チリ
  • 2.10 ボリビア
  • 2.11 パラグアイ
  • 3 アフリカ
  • 3.1 モロッコ
  • 3.2 コンゴ民主共和国
  • 3.3 南アフリカ
  • 3.4 レソト
  • 3.5 モーリタニア
  • 3.6 エチオピア
  • 3.7 チャド
  • 3.8 リベリア
  • 4 アジア
  • 4.1 トルクメニスタン
  • 4.2 日本
  • 4.3 中国
  • 4.4 北朝鮮/韓国
  • 4.5 台湾
  • 4.6 香港
  • 4.7 ベトナム
  • 4.8 タイ
  • 4.9 イスラエル
  • 4.10 トルコ
  • 4.11 インド
  • 4.12 アフガニスタン
  • 5 オセアニアその他
  • 5.1 オーストラリア
  • 5.2 ニュージーランド
  • 5.3 パラオ
  • 5.4 パプアニューギニア
  • 5.5 南極
  • 6 歴史上の国々
  • 6.1 ソ連
  • 6.2 ナチスドイツ
  • 6.3 大日本帝国
  • 6.4 イタリア王国
  • 6.5 オスマン帝国
  • 6.6 オーストリア=ハンガリー帝国
  • 6.7 ローマ帝国
  • 6.8 モンゴル帝国
  • ヨーロッパ

    ※☆はGIPSI(PIIGSと同義、アナグラム)。

    ポーランド

    色々な記念日11/11


    国旗が上下逆になっており、元の国旗を再現したものはホモゲイと呼ばれ忌避される。一応主人公であるが、出現頻度は減少気味。とはいえ何も知らない観光客や番組の司会者など、不特定の国の代わりにポーランドが使われる程度の名残はある。イギリスの下で配管工として働いている。かつてリトアニアと組んでいたときがあり(ポーランド・リトアニア連合)、時々フサリア(有翼重騎兵)の翼が生えてくる。ただしこれの解釈はいろいろあり、ポーランド・リトアニア連合がポーランドの祖父であるとすることの方がむしろ多い。分割ネタが豊富。宇宙に行けない。大体Kurwa!(F█ck相当語)と言っている。

    ドイツ

    初期からポーランドとの絡みがあったためか、かなり登場回数が多い。平常時は仕事が大好きなEUのボス。ナチス時代のことがトラウマとなっており、「赤」「進めない」の2語だけで大戦中のソ連を思い出して信号機を無視できなくなるなど。怒ったり、他国を併合したり、オーストリアを摂取したりするとライヒタングルとなり、多くの場合ポーランドに襲いかかる。

    ロシア

    いじめっ子であり、他の国から恐れられている。ウォッカが大好きで少数派のロシア人が迫害されていると併合しようとしてくる。ダッシュカムに定評がある。オムスクにはオムスクバードがいる。ヨーロッパ諸国がパーティーなどで盛り上がっている場面では大抵窓の外や部屋の隅っこで様子を窺っていたりウクライナと喧嘩していたりする。同性愛が大嫌い。

    イギリス

    飯がまずいことより始終雨が降っていることをネタにされ、「日の沈まぬ帝国」ならぬ「日が射さない帝国」などと言われる。ポーランドの雇い主。帝国主義に特有の鬼畜さを持ち合わせる。紳士っぽく振る舞っているが、かなりの皮肉屋で粗暴な言動をする事がある。

    シーランド

    イギリス近海のミクロネーション。多分ミクロネーションの中では一番有名。知名度がないのを気にしている。国土もよく一緒に描かれる。ミクロネーション故にケーキのさくらんぼくらいの大きさしかない。

    スウェーデン

    自由で平等な国であるが、そのせいかホモキャラになったり、ムスリムに乗っ取られたりする。たまにIKEAネタで登場する。Börk(2文字目はoにウムラウトの付いたもの)が口癖。ハンマーを持ち、ヴァイキングの兜をかぶっているトールみたいな見た目のスウェーデンはDickRhinoというルールへの厳格さで知られる管理人であり、ポーランドボーラーからは恐れられている。

    デンマーク

    スウェーデンとは仲が悪い。グリーンランドを差し置いて幸福な生活を送っている。レゴを撒菱のようにして使う。

    フィンランド

    うつ病のような表情でパーソナルスペースを保とうとする。アル中の遠距離射撃が得意な奴。プーッコを持っていたり、ソ連を狙撃したりする。エストニアを北欧とみなす唯一の国。

    オランダ

    国土の多くが海抜0m以下であるため、沼ドイツと呼ばれている。その割に水に耐性がない。大麻を吸っており目が充血しているので、時々モブで出てきても区別がついたりする。

    スイス

    山ドイツ、強化版ドイツなどと呼ばれる中立国。中立なのに国旗は正(+)。金にがめつい。

    オーストリア

    精神科の先生として登場することが多いがあまり役に立たない。二度の世界大戦の原因だがドイツのせいにしている。一応ケツ痛用の軟膏を開発したり、パパとマイクロペニスのせいにしたりしている。

    ラトビア

    設定上ジャガイモが食べられないが、曲解されてジャガイモが恋人だったりすることもある。少数派のロシア人を迫害しているためNATOに守ってもらっているがソ連時代の方がましなぐらい貧乏である。エストニアからもどうでもいいと思われている。ジャガイモを食べられない設定持ちとしては、他にもアイルランド(ジャガイモ飢饉)とベラルーシ(ソ連時代)が挙げられる。

    ギリシャ

    ☆借金返さない。そのためドイツからも砂浜の砂を差し押さえられたり事あるごとに返済を要求されたりしているくらいだが、気にしていない。古代ギリシアが全盛期。

    イタリア

    ☆何かある度に寝返る汚職の国。時々ローマ帝国の幽霊に指図されている。ローマ帝国がイタリアの全盛期。働かない。

    フランス

    何かあると降参するバゲットとカエルと革命の国。国旗も一時期本当に白旗だった。EUの話になるとドイツの奥さんとして登場し、EUが二カ国の子供とされることも多い。帝国時代が全盛期。

    スペイン

    ☆描きにくいためあまり登場しない。主にシエスタしていることが多い。一時期カタルーニャ独立問題で一時期だいぶ描かれていたが、描きづらさゆえ紋章が省略されることが多い。帝国時代が(ry

    ポルトガル

    ☆糞四角形。こちらも出番はあまりない。帝(ry

    アイルランド

    ☆飲んだっくれ。イギリスからは色々と酷い目に遭っている。イギリスとの絡みが大部分。

    ウェールズ

    イギリスの息子またはペット。国旗の赤いドラゴンがしばしばネタにされる。意味不明な言語を常に喋っている。羊を性的な意味で愛する。

    ベルギー

    ワッフルが好きな中立国。一応EUやNATOの中心のはずだが誰にも相手にされず、大抵ドイツやフランスがリーダーになっている。ワッフルと手首が好きで、働かないと存在しないはずの手首を切り落とす。被害者はコンゴ民主共和国。ドイツの通り道である。泣き虫でどんなに些細な事でもすぐ泣き出す。

    ルーマニア

    時々チャドと間違われたりする。ジプシーの国としてハンガリーから嫌われていたり吸血鬼になったりするが特に怖くはない。

    セルビア

    ケバブ(トルコ、場合によりイスラム勢力全体)をリムーブ(排除)するプロ。コソボはセルビア。
    これはセルビアでプロパガンダのために作られたSerbia Strongという曲がネタにされ、間奏をループしたものがYoutubeでRemove Kebab(ケバブを排除せよ)というタイトルで投稿され、かなり流行ったことに由来する。

    ハンガリー

    ポーランドの親友で、変わり者だが周囲との関係は良好な模様。パプリカが大好き。反移民派であり、セルビア同様ケバブをリムーブする。

    ベラルーシ

    ロシア大好きっ子。放射能がネタにされており、三つ目のキャラとなっている事がある。

    エストニア

    北欧を自称するが誰も認めていない。エストニアを唯一北欧と見なすフィンランドが大好き。
    エスティつおい!

    バチカン市国

    イタリアにいる豆国家。多くの場合聖職者の帽子を被っており、シーランドほどではないもののかなり小さいサイズで描かれる。異教徒(特にイスラム)や同性愛が大嫌いで、十字軍ネタではその性格がより顕著に表れている。

    サンマリノ

    バチカンと共にイタリアの中にいる豆国家。
    エストニアに変装したことがある。

    ブルガリア

    あんまり書かれることが少ない。旧枢軸組や第二世界のモブとして描かれることが多い。
    現在はルーマニアと同じくEUに雑用係にされている。

    モナコ

    フランスの南にいる豆国家。インドネシアとよく似た国旗なので間違われやすいが、とても小さいサイズで描かれたり王冠を被っていたりするなどして差別化されている。F1の舞台の一つという事からスポーツカーに乗っている事もある。

    南北アメリカ大陸

    アメリカ

    常にグラサンなので表情が分かりにくい(感情に合わせてサングラスの形が変化する場合もある)。自分がいればどうにかなると考えており、また地理に疎いので国名を間違えることが多い。とてつもないデブで運動不足、非常に自分勝手な性格。フロリダとテキサスはアメリカの急所。石油が大好物で、石油を見ると民主主義とフリーダム™の名のもとに攻撃してくる。

    カナダ

    アングロファミリーの中では比較的温厚で優しい性格。しかしアザラシの子を撲殺し、テンの毛皮を剥ぐ猟奇系のキャラになりつつある。アイスホッケーが大好き故に、ホッケーが絡むと凶暴化する時がある。涙がメープルシロップ。一度、サウジアラビアの人権問題に首を突っ込んだ為にレイプされたことがある。一時期首相のスキャンダルがネタにされていた。

    グリーンランド

    何かにつけてすぐ自殺する。デンマークの息子。一時期アメリカの領土になりかけた。

    メキシコ

    昔アメリカにぶん取られた領土を不法移民として侵入して取り戻そうとしている。アメリカにはスペイン語なんて通じないので会話が成立しない。モンゴルと並ぶ国境を越えるプロである。

    ジャマイカ

    マリファナ合法の国その2。やはり目は充血してる。

    パナマ

    パナマ運河によって国土が二分されている事がネタなのか体を上下(または左右)に分離させる事ができる。またそれを利用して銃弾を回避したりする。

    ブラジル

    ふぇとサッカーの国。7-1(ワールドカップ2014のドイツ戦での惨敗)は33-4のようにネタにされる。
    Huehuehueという奇妙な声で笑う。

    アルゼンチン

    白人国家であると自称しているが誰も認めない。マルビナスはアルゼンチン

    チリ

    海岸線を丸々国家にしたような形から、蛇のようにやたらと細長く描かれることがそれなりにある。被害者はボリビア。

    ボリビア

    過去の出来事が原因で海に絶対に行けない。そのため常に海を求めて探し回っている。逆に世界が水没して滅亡してもボリビアだけ生き残る事もある。

    パラグアイ

    過去の三国戦争がネタにされる。
    パラグアイつおい!!!

    アフリカ

    モロッコ

    五芒星があるため悪魔扱いされている。地獄にいることも多い。イタリアとブンガブンガしていた経歴あり。

    コンゴ民主共和国

    民主共和国に相当するDemocratic Republicを略すとDRとなることから、Dr.コンゴと呼ばれほとんどの場合藪医者として登場する。アフリカ諸国の診察をよく行っている。

    南アフリカ

    時々レソトにブブゼラ(南アフリカの楽器)で嫌がらせしている。

    レソト

    南アフリカとの国境がネタにされ、南アフリカの腫瘍として描かれる事がある。

    モーリタニア

    国旗の模様がネタにされ常に笑っているような表情をしている。

    エチオピア

    飢饉がネタにされており、瓢箪のような形に痩せ細っている事がある。同じくアフリカ諸国では数少ない独立を保った国。

    チャド

    ルーマニアと国旗が似ている事を利用して成り済ますがすぐにバレる。チャド湖の水を近くの四ヶ国と取り合っている。

    リベリア

    アメリカの解放奴隷が建国したという歴史からしばしばアメリカの息子として登場するが、ほとんど無視される。また国旗もアメリカのそれに似ているので間違われやすい。雑なデザインの州旗もネタにされる。

    アジア

    トルクメニスタン

    一番描きにくい国旗と言われている。地獄の入り口とされている。

    日本

    触手プレイを好むHENTAI。ネコ耳と尻尾をつけてコスプレしていることもある。勿論サービス残業もしてるし、時々自殺もする。社畜。ドイツが大好きだが相手にされてない。

    中国

    大気汚染がひどく、これでテロリストを撃退した。最近は万里の長城がアメリカの壁と一緒にネタになる。

    北朝鮮/韓国

    北朝鮮はベストコリア、韓国はワーストコリア(またはペプシコリア)と呼ばれることがある。韓国は都市伝説の関係上扇風機恐怖症。

    台湾

    いつも「台湾はリアルチャイナ」(もしくは「台湾#1」)と叫んでいる。この事から台湾はリアルチャイナと呼ばれ、反対に中国はフェイクチャイナと呼ばれる。

    香港

    長くイギリスの統治が続いた事から、イギリスと同じくシルクハットとモノクルを身に着け、紅茶を嗜む事が多い。

    ベトナム

    唯一アメリカを打ち負かせた戦争がネタにされる。しかし、資本主義が大好きな社会主義国と描かれることもある。

    タイ

    ニューハーフが多いことをネタにされる為、国顰関連の作品の登場が多い。東南アジアで唯一独立を保った。

    イスラエル

    「ユダヤの物理学」のため超立方体で描かれる。またユダヤ陰謀論がネタにされており、次元の壁を越えたり他国を操ったり、更には世界そのものを裏から支配していたりと色々チートな力を持つ事もある。ドイツから潜水艦を貰う。シャワーとオーブンにトラウマを持つ。

    トルコ

    EUに入るために色々努力しているがなかなか入れてもらえない。オスマン時代の出来事が原因でヨーロッパ諸国(特にギリシャとセルビア)からひどく嫌われている。天敵はロシア。あだ名はケバブ。

    インド

    そこら中で用を足しまくる迷惑極まりないキャラとして描かれる。将来の夢はトイレを買う事。

    アフガニスタン

    別名帝国の墓場。これまでありとあらゆる帝国が干渉してきてはいった。

    オセアニアその他

    オーストラリア

    元流刑地のためアングロファミリーの中でいちばんの荒くれ者。しかしエミューには勝てなかった。地図の表記の関係で実は全てが上下逆さに見えている。
    首都がややこしく、ドイツ以外キャンベラにたどりつかなかったこともある。国名も紛らわしく、オーストリアと間違われる事も多い。また訛りの激しい英語(いわゆるオーストラリア英語)もしょっちゅうネタにされる。

    ニュージーランド

    通称NZR。首都が分かりにくい。羊とセ○〇〇している。
    国旗が変更されるネタがある。

    パラオ

    日本と仲がいい。

    パプアニューギニア

    食人ネタがある。

    南極

    マフラーとゴーグルをしている。セリフの代わりに絵文字で会話しており(✔︎、Øなどがそのまま吹き出しの中に描かれている)、ペンギンと暮らしてたりする。

    歴史上の国々

    ソ連

    基本ロシアと同じ。平等になる事を強制しており、バルト三国やウクライナからはひどく嫌われている。フィンランドに喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    ナチスドイツ

    基本ドイツと同じ。ドイツより残酷な性格。大体イスラエルを迫害してる。日本語版だとごく稀に総統閣下ネタと結び付けられることもある。鉤十字が規制されている場合、鉤十字がf(数日に渡ってポーランドボールのページを規制したことのあるfacebookの頭文字)になっていたり、fを4つ組み合わせて鉤十字のようにしたものが使われることもある。ソ連に喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    大日本帝国

    基本日本と同じだが、それとは違い触手に興味が無いなど真面目な一面もある。しかし海軍ネタになると大抵某軍艦擬人化ゲーと結び付けられるのはお約束。アメリカに喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    イタリア王国

    基本イタリアと同じ。列強で唯一アフリカの国に負けた。ピンチになるといつもドイツを裏切る。ギリシャに喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    オスマン帝国

    基本トルコと同じ。ヨーロッパに喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    オーストリア=ハンガリー帝国

    国旗の模様がネタにされ、両目に眼帯を着けた盲目のキャラ。たまに老人キャラとして描かれる。WW1が終わるとバラバラに分解する。

    ローマ帝国

    イタリアの祖先。ゲルマン人に喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    モンゴル帝国

    中国やロシアをいじめる。日本に喧嘩を売っては返り討ちにされる。

    関連記事

    親記事

    ポーランドボール ぽーらんどぼーる

    兄弟記事

    コメント