ピクシブ百科事典

目次[非表示]

略歴

1945年3月28日フィリピンレイテ島マアシン生まれ、ダバオ出身。
は法律家、中華系のは学校教師という家庭に育ち、大学卒業後は地元の検察官として約10年働いた後、政界に進出。
1988年から1997年2001年から2010年2013年から2016年までダバオ市長を歴任。

市長在任中はダバオ市の自警団である「ダバオ・デス・スクワッド」による犯罪者超法規的手法 殺害を黙認しており、「処刑人」と恐れられた。しかしこれによりフィリピンでも最悪の犯罪発生率を劇的に軽減させることに成功し「東南アジアで最も平和な都市」を標榜するに至った。

大統領に

2016年の大統領選挙に出馬し、その過激発言から同時期にアメリカ大統領選に出馬した人物になぞらえて「フィリピンのトランプと渾名された。

麻薬撲滅政策

大統領選にあたっては治安維持の実績を強く訴えるとともにフィリピン共産党(毛沢東派)の支持も取り付け、当選。さっそく麻薬をはじめとした凶悪犯罪者に対しては警察官に見つけ次第の射殺を命じるなど非常に強い態度で取り締まりを強化した。

就任の2ヶ月後には数々の麻薬王の逮捕に成功している。その中の1人であるレイテ島のカーウィン・エスピノサは父親であるローランドを町長に仕立て上げ、政治にも侵食していた。このような誰にも手を出せない麻薬王の撲滅に努めたことは高く評価されるべきである。

しかしドゥテルテ氏による取締から、警察官の誤認で殺害、口封じのために殺害など無実の者もかなり多いとみられており、法学者や法曹界からは猛反発を受けたが、「警察の指導下での一般市民による麻薬常用者の殺害」や「死体を引き渡せば報奨金を与える」という斜め上の切り返しで既成事実化を図った。

また、麻薬取引などの汚職に関与したと疑われる警察官102人と麻薬王としての疑いのあるピーター・リムを呼び出し「お前を殺す (意訳)」と脅迫するなど、個人レベルでも積極的に活動を行っている。

独裁者テンプレのような彼であるが、7割から8割ほどと国民からの高い支持率を維持している。むしろ、彼の政治的成功によって「国際社会の側が近代法や人権概念の見直しを迫られるのではないか」といった言説さえ出てくるようになった。

外交関係

プライドが高く激高しやすい性格と言われており、バラク・オバマ大統領には売春婦の息子潘基文国連事務総長にはバカ野郎」フランシスコ1世ローマ教皇には「二度とフィリピンに来るな」と言い放つなど、国際的な批判にも瞬時に中傷で「応戦」する

特にアメリカに対しては、かつて植民地支配を受け、現代でも国内に米軍駐留(前政権の置き土産)しているという事実が非常にプライドを傷つけられるらしく、何も言われずとも度々「反米」を明言している。一方で、ドナルド・トランプが大統領に就任してからは、同士による首脳会談やアメリカ軍と共同してイスラム主義組織であるアブ・サヤフの撲滅 (マラウィの戦い) を行うなど、比較的友好な関係が築かれている。

フィリピンの歴代大統領はコハンコ財閥を始めとする財閥の息がかかっており、エリート層による汚職の黙認が続いていた。財閥はアメリカと密に繋がっており、対米従属の政治を続ける限り財閥の力が弱まることはない。このような背景もあり、ドゥトルテ政権は反米に拍車をかけることになる。

経済政策

ドゥテルテ政権は大体的な麻薬撲滅政策が目立っているが、農作物適地図作成、汚職の追放、官僚主義の撤廃などの公約を果たしてきている。アキノ前政権の経済政策を受け継ぎ、海外企業の誘致やインフラへの投資など、普段のイメージとは違った手堅い政策を行っている。

賛否両論のあるドゥテルテ政権であるが、一部の勢力だけが牛耳るフィリピンの支配構造を根元から変えるとともに、フィリピン経済を発展させようとする意図をもって行われていることは間違いない。

関連タグ

暴れん坊将軍 ヴラド・ツェペシュ ランボー
ウラジーミル・プーチン ドナルド・トランプ - ドゥテルテと似た者同士の強権的政治家。

関連記事

親記事

フィリピン ふぃりぴん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロドリゴ・ドゥテルテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9752

コメント