ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レールは列車が通過することで次第に狂いが生じる。この狂いの発見はマヤ34の登場まで作業員の目視に頼っていたが、列車の本数増加と高速化が進んだことで作業員の目視による検測には限界が生じてきたことから、列車として通常の速度で走行しながら軌道の検測を行う車両の研究が鉄道技術研究所により進められ、1959年に本形式が開発された。

構造

ベースとしては当時製造が進められていた軽量客車10系に準ずるが、車体長が1号は17.5mで2002以降は18.04mと短く、検測精度を高めるために走行時の振動による車体中央部のたわみが±0.25mm以下と非常に頑丈な構造になっている。

車内には測定室の他、寝室もあり長期間の検測運行にも配慮されている。各種検測・記録装置や冷房装置等の電源として発電用ディーゼルエンジンを車端部に搭載するので牽引車両、電化非電化問わず運転可能。

走行および測定に用いる台車は5m間隔で装着され、1号はTR56形、2002以降がTR202A形を3基装着する。得られたデータは記録紙に記録されるが、記録紙のことを本形式にちなみマヤチャートと呼ぶ。

連結器はありとあらゆる車両との連結を想定して自動連結器密着連結器を備えた双頭連結器を装備し、ブレーキも電車用の電磁直通ブレーキ(自動ブレーキがバックアップとして存在)。当該線の建築限界が許容すれば、JRや第三セクター以外の私鉄線へ貸し出されて検測することも可能(東急線など)。ジャンパ栓を各種用意することで、電車の中間に挟まって運用されることも多々あった。

現況

全部で10両が製造されたが、老朽化と後継車両(JR東日本East-iJR東海ドクター東海JR西日本キヤ141系JR北海道マヤ35)の導入により廃車が行われている。

2017年4月時点で車籍を有するのは2004、2008、2009の3両。2004がJR東日本尾久車両センター所属(保留車)、2008がJR北海道札幌運転所所属、2009がJR九州熊本車両センター所属となっている。

関連タグ

客車 日本国有鉄道国鉄 事業用車

関連記事

親記事

客車 きゃくしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マヤ34」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568

コメント