ピクシブ百科事典

マンダリン草

まんだりんそう

マンダリン草とは、ウルトラマンタロウに登場する植物である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 別名:怪草
  • 出身地:地底

概要

第27話「出た!メフィラス星人だ!」に登場。
ラッキョウタマネギのような本体(蕾)に先端に鉤爪が付いた5~6本の状の触手が特徴。
地質時代古代植物で、かつてマンモスに食べつくされて絶滅したはずだが、メフィラス星人二代目の手によって復活した。
安田商店の自動販売機の中に入れられ、ジュースを買いに来た子供たちのを触手で刺すことで神経を注入し、下半身が不随になる奇病「マンダリン病」に感染させた。触手は自販機の取り出し口から現れ、その姿は「お化け販売機」と形容された。
スフラングリーンモンスと同じように能動的に動いて獲物を狩る肉食植物らしく、劇中では自販機の持ち主と警官二名の計三名を蔦で捉えて捕食した。自販機ごと移動する事も可能で、バットを回避する俊敏さも見せている。

その一方で、「毒を以て毒を制す」の言葉通り赤いに含まれているには治癒能力が備わっており、ZATの攻撃で目を負傷したメフィラス星人は、これを使用することで瞬時に回復させた。

ZATのビーム攻撃を受けて巨大化し、マンダリン病の完治を阻止しようとしたメフィラス星人に守られていたが、ウルトラマンタロウによってメフィラス星人が倒された後、この蜜はマンダリン病の特効薬として大変役に立ったという。

ウルトラ怪獣擬人化計画

漫画作品『ウルトラ怪獣擬人化計画ギャラクシー☆デイズ』に擬人化されず自動販売機の状態のまま登場。メフィラス星人たちが活動拠点としている部室を守るため部員のロボット怪獣「安田くん」として引っ張り出されることになる。自販機としての機能は有しているものの凶暴性も原典通りとなっている。

関連タグ

ウルトラマンタロウ メフィラス星人 植物 食人植物

pixivに投稿された作品 pixivで「マンダリン草」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34513

コメント