ピクシブ百科事典

ミズキ(NARUTO)

みずき

ミズキとは『NARUTO』に登場するキャラクターである。 うずまきナルトにとっては最初の敵である。
目次[非表示]

CV:三木眞一郎 ←ミキシンは犠牲に…(ry、菅沼久義(幼少時代)

概要

第一話にて登場。ミズキ先生と呼ばれることが多い。
忍者アカデミー卒業試験に落選したナルトを騙し、初代火影千手柱間の禁術の巻物である封印の書を盗ませ、何も知らないナルトに九尾が封印されていることを暴露し、ナルトとイルカを殺そうと襲いかかる。
イルカの心情を知ったナルトは影分身の術でミズキに対抗するが、影分身に驚き油断したミズキは呆気なくボコボコにされてしまう。
その後のミズキがどうなったかは不明だが、アニメでは過去に大蛇丸と出会い、部下として活動していた事が分かる。
ナルトに倒された後、厳重施設に投獄されていたが、同じ囚人の風神・雷神兄弟と共同し猿飛アスマ夕日紅を倒し脱獄。奈良一族の研究施設から奪った薬剤を調合した薬を飲み、トラの如く猛獣化した。この姿はナルトにサスケの呪印で強化した状態2を彷彿させた。この状態で再びナルトやイルカと激突したが、成長したナルトには勝てず、螺旋丸に敗北、薬の副作用で老化した。敗北したミズキに大蛇丸が救援をよこすことはなかった。ミズキも又、君麻呂達同様捨て駒としか思われていなかったのである。老化してなお尚ナルト達に執着していた。


人物像

ランクは中忍で元教師。
お人好しで優しい性格だが、裏の顔は野心家で残忍な性格。
主に風魔手裏剣(大型の手裏剣)を使用して戦う。
アニメでは施設で脱獄に備える為に鍛え、真っ暗な空間でも再不斬のようにを使わなくても戦う事ができるようになっている。
アカデミー入学前から独学で、傀儡幻術など習得していたオールラウンドであり、木ノ葉の秀才だとイルカは認めており、昇格会議では上忍昇格の話があった。だが三代目火影から同胞殺しの疑いをかけられ昇格はかなわず現在に至る。
当初はイルカを毛嫌いしている割には、試験で死にそうになった時は庇い助けたりなどもしていて、実際は、強烈な嫉妬を抱きながらも、仲間としては認めていたのかもしれない
だが上記の様に任務に忠実であるが故、任務に支障をきたす同僚を平気で見殺しにしたり、殺害後偽装工作さえしたり、ナルトとの関係は劣った者を軽蔑する心情からの行動であるなど、その思考はどこまでも木ノ葉の里の火の意志とは相容れず、あまつさえ木ノ葉の里の仲間主義に嫉妬に近い苛立ちと、愛されることへの欲求(実際には猿飛アスマ夕日紅シズネうみのイルカなどは仲間として受け入れていたが)をも持っていた。これでは忌避を買うのも考え方が近い大蛇丸に目を付けられたのも必然と言える。によって全てを支配しようとする考え方は「人を力で束ねる」思想を持つうちは一族の元祖とも言える大筒木インドラとも重なる部分があるが、遥かに小物であることは言うまでもない。
椿( 声優CV: 永島由子 )という婚約者もいたが、改心を望む彼女の叫びはミズキに届く事は無かった。

関連イラスト

懐かしい
春のミズキ祭り2014



関連タグ

NARUTO
うみのイルカ うずまきナルト 影分身
忍者学校 木ノ葉隠れ

表記揺れ

ミズキ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミズキ(NARUTO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5297

コメント