ピクシブ百科事典

メモール

あかいくつはいてたおんなのこ

メモールとは、ウルトラマンタロウに登場する怪獣である。(以下、本編のネタバレ注意!)
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
うろこ怪獣54m2万5千t地球→ドルズ星

第45話「赤い靴はいてた・・・」に登場

概要

率直に言うと、メモールの正体はZATの北島隊員の幼馴染「山川真理」が幼いころドルズ星人に連れ去られ、地球侵略用の怪獣に改造された姿である。
しかもドルズ星人の命令を受けてから50時間後に自動的に怪獣化してしまうのである。
武器は口から吐く火炎と手から出す赤いガス。そして長い尻尾。
北島隊員を利用してZATに近づくが、真理の人間としての良心に耐えきれず自分の正体を明かすが、司令通りの時間となり、メモールに変身してしまった。
ZATの戦闘機を次々と撃墜し、街中で大暴れするが、ウルトラマンタロウが登場し戦闘へと突入する。
ストリウム光線を撃とうとしたタロウに背を向け、立ち去ろうとした姿を見たタロウによって宇宙へ投げ飛ばされた。

その後

その後、天空から真理が履いていた赤い靴の片方が北島隊員の目の前の海に落ちてきたが、北島はZATガンで靴を海に沈めてしまった。
この一件の後、北島隊員は東光太郎「人間誰しも、大事に取っておいた思い出に別れを告げなきゃならない事があるんだ。そんな風にして男は成長していくんだから。お前だって今に同じ思いをするさ・・・。」と語り、光太郎は「僕はなるべく先に延ばしたいですね。」と返した。
第11話「血を吸う花は少女の精」とならんで後味の悪い作品に挙げられる。
さらにこのエピソードの後味を悪くしているのが、事の発端であるドルズ星人が本編では倒されていない。戦闘中も安全な宇宙船で高みの見物というところである。もしかしたら真理以外にも怪獣に改造された少女がいるのかもしれない。
投げ飛ばされたメモールがその後どうなったのかは解っていない。
光の国に流れ着き、ウルトラマンの技術で人間に戻れたのか、ドルズ星に帰ったのか、それとも今でも宇宙を彷徨っているのか、放送から40年以上たった現在でも解っていない・・・。

余談

  • 鳴き声はエレキングの流用
  • この話の元ネタは、童謡「赤い靴」。女の子が真理、異人さんがドルズ星人というところである。メモールもよく見れば赤い靴を履いたようなデザインをしている。
  • 名前の由来は、思い出を意味する「memory」から


関連タグ

ウルトラマン ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣
ドルズ星人
サイボーグ トラウマ
ツチケラ・・・同じ境遇を持つ怪獣。
哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「メモール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6350

コメント