ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

所属月光木馬團→庭園→アルマータ
肩書棘のメルキオル
年齢21歳
身長173cm
CV蒼井翔太


概要

共和国内で不審な動きを見せるマフィア組織《アルマータ》の三幹部のひとり。

元は【棘の管理人】と呼ばれる【庭園】の幹部の一人であった。他の幹部であるアリオッチやオランピアと違って協力者と言う形で雇われているのではなくボスのジェラールに気に入られたことにより正式に引き抜かれアルマータ幹部として取り入れられる事になる。

同性愛者の気があるようで、アルマータ内ではジェラールの右腕にして懐刀であると同時に『愛人』であったと言う情報が判明されており、共にいる際もやたらと近くに付いていることからそうであると思われる。(そのためか同じくジェラールに気があると思われる幹部のヴィオーラからは蛇蝎の如く嫌われている。また同じくその手の気質があったデビッド・キャラハン教授は資本の提供だけでなくそちら方面でも篭絡していたと思われる)

少年時代は月光木馬團の構成員でもあったが、結社との抗争により壊滅。《破戒ように結社に連れて行かれず7歳にして見捨てられた(ただし、ルクレツィアは結社以外に彼らが落ち着ける場所を探していた。)が、《破戒》の『好きに庭を造っていい』と言う指示から皇帝D∴G教団の残党と組み【庭園】を結成したようである。

庭園出身であるため武器は大型の装飾ナイフと無限に増やす事のできる様々な特殊効果を持つボムというふたつの古代遺物を使い分ける戦闘スタイルをしており、さらにザイファの機能を使う事により自らのホログラフ(分け身にあたるもの)などを作り出すことが出来るのである。

だが彼の一番の脅威はその戦闘スタイルと同様の残虐極まりない性格と言えるだろう。
敵はおろか味方であろうと敗北した者に対して容赦のない言葉を浴びせかけ絶望を与えさせるなど、肉体のみならず精神まで破壊するような破綻者である。

そういう意味ではアルマータの望む“恐怖”を体現したキャラと言え、事実本作においてサブキャラクターで惨殺された者は大部分がメルキオル自身が手をかけたのである。

その外道ぶりは半グレや結社からの依頼ですら道理が通るなら受けると語るヴァンも否定するほどで、歴代軌跡シリーズの中ボスキャラクターでは事実上初のサイコキラーとも言え、歴代でもシャーリィですらメルキオルのやった蛮行までは行わず、しいて言えば黒のアルベリヒが自ら手を汚せればようやくメルキオルと匹敵するほどと言える。


元庭園構成員のナーディア・レインからは「棘のやつらはねちっこいから嫌い」と称されており彼の部下も彼に似た気質を持ってる模様。

関連タグ

卑劣漢 まさに外道 鬼畜 絶対悪
黎の軌跡 アルマータ 庭園 月光木馬團
ジェラール・ダンテス サイコキラー クレイジーサイコホモ

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント