ピクシブ百科事典

リックバック

りっくばっく

リックパック とは、仮面ライダーBLACK RXに登場する怪魔異生獣の名称である。

CV/依田英助

概要

仮面ライダーBLACK RX』第24話「パパはドラキュラ」に登場。
怪魔界の“リコ”に棲息する巨大ミジンコに強化改造を施した怪魔異生獣

怪魔異生獣大隊きっての特殊能力の持ち主であり、RXをも押さえつける程の怪力と、鋭いを用いて敵を攻撃する。
また、怪魔妖族大隊武陣が会得している妖術“鏡渡りの術”の様な能力を持っているらしく、を媒体に移動することも可能。

自身の体内にある“リックストーン”と呼ばれる赤く光るの一部を本編が始まる10年前に密偵として地球へ送り込まれたが、任務中に1人の地球人を愛し、任務を放棄して隠れ住んでいたクライシス人のカミラ族(彼らの血肉が怪魔異生獣を強化するエキスとなる為、乱獲紛いの事が行われた結果、隠れスパイとして地球へと送り込まれたが、武藤氏以外滅亡してしまった)唯一の生き残りである武藤に移植
この石の効果により武藤を噛みついた人間にカミラ族の細胞を移植する吸血鬼に変えた上で脅して操り、次々に人間を襲わせ仲間を増やすように仕向けていた。
なお、噛みつかれて吸血鬼に変貌した人間はカミラ族と同じ体質へと変化し、更に噛まれた人間は他の人間に噛みついて仲間を増やして行く。
こうしてねずみ算式に仲間を増やして行く事で、最終的に全地球人たちを怪魔異生獣たちのにしてしまう作戦の実行を任されていた。

リックストーンを持つ者が死ぬと吸血鬼にされた人々に移植された細胞も死滅して元に戻る事から、人々や巻き込んでしまった自身の息子のアキオを救うために自殺を試みる武藤を監禁。
ついでにRXを誘き寄せる餌として利用してRXに決戦を挑むが、戦闘の最中に自身の体内にあるリックストーンと武藤がリンクし、これによって武藤を始め吸血鬼にされた人々が操られていることを見抜いたRXによってリックストーン事“リボルケイン”で刺し貫かれ、エネルギーを注ぎ込まれて爆散。
怪人の死によってリックストーンも消滅し、武藤を始め吸血鬼にされた人々も元の姿へと戻るのだった。

関連項目

怪魔戦士 怪魔異生獣 クライシス帝国 仮面ライダーBLACKRX

コメント