ピクシブ百科事典

一橋派

ひとつばしは

江戸幕府末期、13代将軍・徳川家定の後嗣をめぐって一橋慶喜を推した一派。

概要

江戸時代末期、江戸幕府は度重なる黒船来航に混乱の度を極めつつあった。
当時の将軍は13代・徳川家定、政治的に無能との評があるうえ、病弱であったため、家定と多くの女性たちとの間に将軍継嗣を望むことは困難であろうことが予測されていた。
当時存命であった12代・徳川家慶や幕閣はこの事態を憂えて、次期将軍をだれにするかを考えざるをえない状況に置かれた。

この当時、考えられていた候補者はふたり、ひとりは将軍・家定に最も血筋の近い紀伊藩主・徳川慶福、もうひとりは水戸藩主・徳川斉昭の七男で御三卿・一橋家の家督を継ぎ、英明で知られた一橋慶喜であった。

このうち、慶福を推した南紀派は将軍・家定をはじめ血筋を重視する彦根藩主・井伊直弼、会津藩主・松平容保ら譜代や親藩の大名たちであり、慶喜を推した一橋派は前将軍・家慶、幕閣を主導する老中首座・阿部正弘、親藩のなかでも越前福井藩主・松平慶永、慶喜の父・斉昭、薩摩藩主・島津斉彬、土佐藩主・山内容堂、宇和島藩主・伊達宗城ら有力外様大名であった。

対立が深まるなか、安政3年(1856年)、薩摩藩主・島津斉彬は養女にした一門・島津忠剛の娘を右大臣・近衛忠煕の養女(篤姫)として将軍・家定に娶わせる。
大奥に慶喜シンパを作ることが目的であり、家定に将軍継嗣に慶喜にすることを納得させるためであった。

安政4年(1857年)、幕府最大の実力者・安部正弘が39歳の若さで急死したことにより、井伊直弼が大老に就任、井伊は勅許を得ることなく「日米通商和親条約」を締結したことを怒った徳川斉昭・一橋慶喜らは無断登城、松平慶永もいいを責め立てたことによって後に起きる「安政の大獄」の口実のひとつとなった。
対立は南紀派有利に傾き、安政5年(1858年)7月5日、病床にある家定が将軍継嗣に慶福を定めたことを宣言、翌7月6日に亡くなったことにより慶福が将軍に就任、「徳川家茂」に名を改めた。

その直後、井伊による大弾圧・「安政の大獄」がはじまり無断登城した徳川斉昭・一橋慶喜・松平慶永らは隠居・謹慎を命じられ、多くの反対派が処刑されることとなった。

コメント