ピクシブ百科事典

主将ミズキ

きゃぷてんみずき

原作:ONE 漫画:村田雄介による漫画『ワンパンマン』に登場したヒーローの一人。
目次[非表示]

概要

主将ミズキとは『ワンパンマン』に登場した女性ヒーロー。主将と書いて「キャプテン」と読む。

134話で初登場。同話にてS級ヒーロー達による怪人協会への突入作戦が開始。またこの作戦は誘拐されたヒーロー協会最高顧問の一人であるナリンキの息子ワガンマ救出作戦でもあり、ヒーロー協会と言う組織としては出資者であるナリンキの息子救出が重要視された。そのために作戦開始の直前、作戦の成功を確実なものとするため、取りこぼした怪人の始末、救出した人質の保護の引継ぎ等を行うA級以下のヒーローによるサポートチームが組まれた。そのヒーローの中の一人がミズキである。

サポートチームは下はC級から上はA級までのヒーローで構成されており、ONE版でも登場している三日月フトマユゲ等濃い面子が揃っている。その中でミズキはB級71位。現在確認できるサポートチームの中にいる女性は彼女含めて二人(もう一人はA級32位のシャドーリング)。

人物

  • 太目の眉に左頬に絆創膏、サイドテール気味の髪型に、首からはメダルを三つ下げ、「MZK」と書かれた短距離の陸上選手の様な服を着たかなりの長身女性。うっすらと浮き出るシックスパックが特徴のよく引き締まった筋肉を誇る肉体派。集められたサポートチームのヒーローの中でも最も身長が高い。
  • カラーでの掲載はされていないので、彼女の衣装や髪の色の詳細は不明。同様に首から下がるメダルの色も金銀銅の何色か現在不明。もしかしたら、武器なのかもしれない。
  • 初登場時、ヒーロー協会のシッチの問いに対し「はいッ」と選手宣誓の様に答え、続けて任務に関して「種目はS級のセンパイ方の応援(サポート)だと伺ってますッ!」元気に答える姿から、見た目通りハキハキした人物。
  • 任務を種目と言ったり、応援と書いてサポートと読ませるなど体育会系を前面に押し出したキャラでもある(シッチも「種目?」と面食らっていた)。
  • 134話内では彼女の戦闘能力に関しては一切説明は無いが、彼女をはじめサポートメンバーはヒーロー協会職員セキンガルによって「将来S級への出世もありえる有望株」とされる面々が揃っているため、B級とは言えそれなりの戦闘能力があると思われる。
  • 危険な任務を受けるにあたり、セキンガルがヒーローランクアップの確約を約束すると「やったァ」と飛び跳ね喜ぶ姿がある。かわいい。 当然この確約を喜ぶヒーローは他にもおり、確約を取り付けたB級ヒーローに対して他のヒーローと一緒に「ナーイス!」と平手でそのヒーローの肩を叩いていた。痛そう。
  • 超合金クロビカリを先輩と慕っている。村田氏は、クロビカリとミズキの関係はザンギエフレインボー・ミカのそれに似ている部分があると Twitter にて述べている。


ファインティングスタイル

  • 陸上競技を模した技で戦う。そうじゃないと調子が出ないらしい。バトン型の武器で串刺し、もとい槍投げも決める。
  • が、他は組技しかできないらしい。スイカ型の怪人を潰してベトベトになるのは流石に反則。


余談

  • 登場したコマは7コマのみ。しかしその内の一コマ(「はいッ」の選手宣誓場面)では高身長である事を現すようにページの上から下までを使い描かれ、それが多くの高身長女子好き達を魅了したのか、134話が掲載されてから即ツイッター等で彼女の事が呟かれるなどして、その名が知られていった。
  • S級のタツマキや、サイタマジェノス達と共に協会に相談無く独自に怪人協会本部へ乗り込み出したフブキ(裏で姉のタツマキがフブキの参加を拒否したと思われる)以外では、数少ない作戦参加の女性キャラであるため活躍が期待される。
  • Pixiv内でもイラストが徐々に増えている。そちらの面でも期待が高まる。



関連イラスト

主将ミズキ
Captain Mizuki



関連タグ

ワンパンマン 筋肉娘 超合金クロビカリ

pixivに投稿された作品 pixivで「主将ミズキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177468

コメント