ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

 1986年11月21日に発売されたファミコン専用ロールプレイングゲーム。発売元はバップ

 西遊記を元にしたゲームだが、余りに問題点が多く、完成品とはとても思えないレベルのスッカスカな内容で今なお語り継がれている。つまらなさの観点ではファミコンゲーム史上屈指のクソゲーと言える。

 戦闘はランダムエンカウント制で、戦闘画面ではゼルダの伝説テイルズオブファンタジアなどのように格闘ゲーム風に戦う。


主な問題点

システム面

  1. フィールド画面で歩くことしかできない。
  2. しかもその歩く速度が星をみるひとを下回るほどノロノロな上に、フィールドが異常に広い。にもかかわらずセーブ機能が無く、途中から再開するばあいコマンドを入れる必要があるが、入力方法が説明書に記載されていない
  3. 食料は動いているだけで減るが、たまに建ってる民家で補給しない限り補充不可能。お金宿も存在しない。
  4. フィールド画面におけるワープゾーンが透明
  5. 戦闘画面が非常に見づらく、味方にも攻撃が当たってしまう
  6. その味方は動きが遅く攻撃がロクに当たらない。いない方がまし。

シナリオ面

  1. ゲームを始めると「ながいたびがはじまる…」と表示され、いきなり悟空三蔵法師何もない島(多分台湾に放り出される。なめとんのか。
  2. 何故か、原作において強敵として描かれている牛魔王紅孩児雑魚として無数に登場する。(他で例えると、遊戯王なら海馬社長闇マリクウルトラマンならバルタン星人ゼットン鬼滅の刃なら猗窩座無惨さんが雑魚として無数に登場するようなもんである。)
  3. ラスボスがなぜか、原作において「三蔵に帰依する以前に仙人修業を積んでいた時代の悟空が留守の間に猿山を乗っ取って悟空にあっという間にやられた序盤の敵」である混世魔王。(他で例えると、ONEPIECEなら斧手のモーガン鋼の錬金術師ならコーネロ司祭ドラゴンボールサイヤ人編ならラディッツがラスボスのようなもんである。)
  4. エンディングがたった7行の文章だけ。しかも原作完全無視の文面。

その他

  1. 装備品や消費アイテムが一切無い。イベントアイテムが1個あるだけ。
  2. パスワードやバッテリーバックアップ方式のコンティニューなどできるわけがない。
  3. 卑猥なメッセージがROM内に残されている。
  4. そもそもタイトルの何が元祖西遊記なのかが不明。

余談

  • このように褒める所が見当たらない本作だが、旅情感を掻き立てるフィールドBGMや、1986年当時において時間の概念をゲームシステムとして導入していた点などを、数少ない評価点として取り上げる向きもある。
  • ゲームを途中から再開するためには、作中世界で点在している「都」に立ち入ると表示されるコマンドをタイトル画面で入力する必要があるが、無条件で猪八戒と沙悟浄が加わり、水と食料の状態も初期化されるため、再開よりショートカットの趣が強い。
  • ボス討伐フラグは電源処理を行うまで保持されるため、ゲームオーバー後すぐ再開すると一部道中が楽になることがある。反面、ボスを討伐していない状態で一部の再開コマンドを入力すると、イベントアイテムを入手できない状況に追い込まれて詰みに陥ることがある。
  • 漫画『銀魂』に登場。桂小太郎が過去に借りパクしたもので、作中での役回りは攘夷党投擲用武器としての扱いであった。
    • アニメ版では流石にそのままはマズかったらしく、「スーパーモンー大冒険」と一字変えられている他、ソフトのイラストの孫悟空役が定春になっている、メーカー名やファミリーコンピュータの文字が変えられているなどの違いがある。

関連項目

クソゲー アクションRPG

関連記事

親記事

伝説のクソゲー でんせつのくそげー

兄弟記事

  • action52 あくしょんふぃふてぃーとぅー

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました