ピクシブ百科事典

全ての重巡の姉

ふるたかおねえちゃん

大日本帝国海軍の古鷹型重巡洋艦と、そのネームシップの古鷹のこと。

詳しい解説は親記事である古鷹型の記事を参照してもらいたいが、簡単に言えば20cm主砲の巡洋艦という前代未聞の艦に驚いた英米が、日本の海軍力を制限するために慌てて軍縮会議を招集、第一次ロンドン海軍軍縮会議の中で
 「備砲が6.1インチ以上8インチ以下をカテゴリーA(重巡洋艦)、備砲が5.1インチ以上6.1インチ以下をカテゴリーB(軽巡洋艦)とする」
と定義され、ここに「重巡洋艦」というカテゴリーが爆誕したのである。
その後は「準戦艦の重巡洋艦」と「水雷戦隊を率いる軽巡洋艦」の系譜に分かれて進化していくことになる。

航空母艦としては改装艦が先に存在した(元祖はイギリスのフューリアス)全ての空母の母こと鳳翔と異なり、重巡洋艦の基本コンポーネントを創ったのが古鷹であるため、日本艦に限らずプリンツ・オイゲンザラ級の面々にとっても姉といえる。

ただし、未実装艦には旧来の分類である装甲巡洋艦から海防艦を経て重巡(一等巡洋艦)に再分類された古鷹より古い艦が3存在しているので、厳密に言えば全ての重巡(として生まれた艦)の姉といったところであろうか(実装済みのザラ型も完成時点では装甲巡洋艦扱いであったが、こちらは古鷹より後輩である)。


余談だが、このロンドン軍縮条約で戦艦比叡が練習戦艦に変更されている。


関連タグ

全ての空母の母:元祖お艦こと鳳翔固有タグ。こちらも「空母設計のまま就役した世界最初の航空母艦」という史実から。


他にももう1隻、世界の常識を塗り替えた日本海軍艦艇がいたりするのだが、こちらには「専用の呼び名」が無かったりする・・・。

pixivに投稿された作品 pixivで「全ての重巡の姉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7873

コメント