ピクシブ百科事典

全ての重巡の姉

ふるたかおねえちゃん

大日本帝国海軍の古鷹型重巡洋艦と、そのネームシップの古鷹のこと。
目次[非表示]

詳しい解説は親記事である古鷹型の記事を参照してもらいたい。

概要

簡単に言えば巡洋艦の火力が発達していく中で(巡洋艦の戦艦化にトラウマを抱える)英国がロンドン軍縮条約を提唱した。
その中で
「備砲が6.1インチ以上8インチ以下をカテゴリーA(重巡洋艦)、備砲が5.1インチ以上6.1インチ以下をカテゴリーB(軽巡洋艦)とする」
と定義され、ここに「重巡洋艦」というカテゴリーが爆誕したのである。

その後は「準戦艦の重巡洋艦」と「水雷戦隊を率いる軽巡洋艦」の系譜に分かれて進化していく……のは実は短期間のことだった。早い話が日本が条約の隙間を突いて軽巡洋艦の枠を使って重巡洋艦(の艦体)を建造しようとしたため、その通告された内容にぶったまげた日本以外の国の軽巡洋艦は「準重巡洋艦」化していく。この件については最上型最上型重巡洋艦についても参照。
結果としてアメリカのブルックリン級・イギリスのアリシューザ(II)級はもとより、同盟国となる(ロンドン条約非批准国の)イタリアのアブルッツィ級までも古鷹よりでかいという有様になった。重巡の定義となる備砲8インチは古鷹型の主砲口径が基準になったとも言われており、このタグの由来となっている。(なお古鷹より古い重巡分類艦としては、英国海軍のホーキンス級が存在する。こちらの主砲口径は7.5インチ。)

なお、未実装艦には旧来の分類である装甲巡洋艦から海防艦を経て“一等巡洋艦”に再分類された古鷹より古い艦が3存在しているが、この3隻は通信符丁から生まれた重巡を示す“甲巡”には含まれていない。これは、それまで第一線を退いた艦を分類していた海防の定義が変更された(新造の小型対潜艦とされた)ための措置でしか無く、古鷹の直接の姉とは言い難い。
むしろ古鷹の姉としてもっとも性格が近いのは金剛型である。もともと、日本海軍の内規では巡洋戦艦は一等巡洋艦であった為、古鷹は霧島の次に建造された一等巡洋艦であった。運用面上も、高速と火力を兼ね備えているとよく似ている。

また、実装済みのザラ型も完成時点では装甲巡洋艦扱いであったが、これはイタリアがロンドン条約に参加していなかっただけの話である。なお、こちらは古鷹より後輩である。
余談だが、このロンドン軍縮条約で戦艦比叡が練習戦艦に変更されている。

仲間

他にももう2隻、世界の常識を塗り替えた日本海軍艦艇がいたりするのだが、前者には「専用の呼び名」が無かったりする...。後者は2番艦の方が先に実装されたが絵師が絵師だったため泳ぐLOというタグが付けられた。これはひどい。

関連タグ

全ての空母の母:元祖お艦こと鳳翔固有タグ。こちらも「空母設計のまま就役した世界最初の航空母艦」という史実から。

関連記事

親記事

古鷹型 ふるたかがた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「全ての重巡の姉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16024

コメント