ピクシブ百科事典

囚われし魂の迷宮

とらわれしたましいのめいきゅう

2009年12月9日にアクワイアからプレイステーション3用ソフトとしてプレイステーションストアから配信されたコンピュータRPG。
目次[非表示]

概要

 このゲームはウィザードリィルネサンス( サーテック社の崩壊に伴い版権が分散され元の姿を失いつつあったwizardryシリーズを復権させるプロジェクト、失敗に終わったと思われる )の第一弾としてプレイステーション3ダウンロード専用ソフトウェアとしてアクワイアより配信された。
 このシリーズの直接的でない続編としては囚われし亡霊の街が存在する。
 ただし、昔からのファンから言わせれば「追加要素が足を引っ張ている」「バランスグラフィックが微妙」などの問題点が存在するといわれる。

プレイ法

 ちなみに、このゲームは体験版をダウンロード後、解除キーを購入するか、フルパックを購入することによりプレイ可能となる。注意としてはフルパックは解除キーなどを購入していると購入不可能となる点である。

追加要素

 Wizardryに存在しないと思われる追加要素に関して解説する。

  • PCキャラクターグラフィックおよびCV( 割と豪華らしいが、執筆者は声優に詳しくないため不明 )が存在する。
  • 経験値はお金で購入可能
  • オートセーブではなく、任意にセーブ可能
  • レベルアップは経験値を得た時点で行われる
  • モンスターにレベルが存在し、「見かけは弱いが実は強い」モンスターも存在する
  • 職業ごとに固有のスキルが存在する
  • 種族の初期能力値はおそらく後期Wizardryベースと思われるが、元のWizardry初期と比べるとノームエルフが入れ替わったイメージ
  • キャラクターの能力最大値は「初期能力+10」となる
  • 性格に関しては中立も性格が変更される
  • 年齢システムの廃止、これにより宿屋でロストしたり転職のデメリットの一つがなくなった。
 問題点としてよくあげられるのは「キャラクターのグラフィックが1種類しかなく、しかもこれまでのWizardryの概念を覆してくる」( 例としてドワーフ男は人間より明らかに大きい、ノーム男がひげ面のおっさんじゃないなど )、「宿屋でのロスト等がなくなった」、「緊張感に欠ける」、「ダンジョンの構造が月並み」などの不満点があるとされる。

このゲーム内での特殊ルール

  • 10人のキャラクターがあらかじめ用意されており、個人のストーリーを追う形式となっている。ちなみにキャラクターをほかの冒険に連れていくことも可能であるが、万が一ロストさせてしまうとそのキャラクターのシナリオの進行状況もロストする。

移植やパッケージ版

 このゲームに関しては移植などに恵まれており、平成23年にはiPhoneアプリとして、また平成27年にはPSVita版が配信されている。
 また、この作品と囚われし亡霊の街がセットとなり、アイテムなどがセットになったツインパック、および囚われし亡霊の街DLCが完全に含まれ、通常入手不可能な追加ダンジョンが付属しているパーフェクトパックが存在する。この3つのゲームに関してのセーブデータの互換性に関しては不明である。
 ちなみにトロフィーや追加ダンジョン、あまり良いうわさがない囚われし亡霊の街に興味がない場合、PS3を所有している場合、ツインパックを購入するのが手軽である。
 なお、PS3トロフィーはどうもダウンロード版でしか全達成はできない模様。

関連タグ

ロールプレイングゲーム RPG 洋ゲー
Wizardry アクワイア 囚われし亡霊の街
マッピング 不確定グラフィック

外部リンク(出典先)

関連動画



pixivに投稿された作品 pixivで「囚われし魂の迷宮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント