ピクシブ百科事典

大宮駅(京都府)

おおみやえき

京都市にある阪急電鉄の駅。ここでは隣接する京福電気鉄道の四条大宮駅についても記載する。
目次[非表示]

阪急京都本線大宮駅

概要

京都府京都市下京区にある阪急電鉄京都本線1931年3月31日開業。

開業時は京都線の終点駅で最初は京阪電気鉄道の「京阪京都駅」として開業。また西院駅と当駅間は関西初の地下線である(大阪の地下鉄御堂筋線の開業はこの2年後)。
戦中に阪急との戦時合併があり「京都駅」(旧国鉄→JRの同名駅名とはまったくの別位置である)に改名、戦後京阪が阪急から独立した際は阪急の路線として帰属。1963年河原町駅延伸で「大宮駅」に改称、中間駅となる。

隣駅の西院駅と共に、かつてホームの有効長は7連分しかなかったため、1972年の特急・急行8連化以降、1986年に有効長を延伸するまで、上下電車とも最後尾の車両のドアカットを行っていた。

相対式2面2線の地下駅。
読みは「お⤵みや」と最初に高く発音する。
地上の交差点は四条大宮交差点で、日本信号初代丸形のある交差点で有名だった。(現在はLED灯器に取り換えられている。)
特急快速特急は通過。

下記の京福四条大宮駅と乗り換える際は、地上の交差点を渡る必要がある。乗り換える際は隣の西院駅で乗り換えた方が便利な場合もある。

乗り場路線方向方面備考
1阪急京都線上り烏丸河原町方面
2阪急京都線下り高槻市梅田(大阪)天下茶屋方面

京福嵐山本線四条大宮駅

京福電気鉄道嵐電)の嵐山本線の始発駅である。上記の阪急大宮駅とは隣接するが、乗り換える際は地上を出て交差点を渡らなければならない。

1910年、嵐山電車軌道の京都駅として開業。大正14年に四条大宮駅に改称。

ホームは櫛型の3面2線。

乗り場路線方向方面備考
1・2京福嵐山本線下り帷子ノ辻嵐山方面

利用状況

近況

阪急大宮駅

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員は、30,258人である(京都府統計書より)。

京福四条大宮駅
  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員は、5,912人である(京都府統計書より)。

利用状況比較表

事業者名阪急電鉄京福電鉄
年度乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度32,416人6,707人
2009年(平成21年)度28,570人6,449人
2010年(平成22年)度28,808人5,797人
2011年(平成23年)度25,923人5,901人
2012年(平成24年)度26,329人6,115人
2013年(平成25年)度26,802人6,164人
2014年(平成26年)度27,493人6,400人
2015年(平成27年)度28,181人5,235人
2016年(平成28年)度30,888人6,274人
2017年(平成29年)度30,778人5,792人
2018年(平成30年)度30,258人5,912人


関連タグ

京都府 京都市 京都
阪急電鉄京都本線  京都府内の駅一覧
京福電気鉄道(嵐電)


関連記事

親記事

京都府内の駅一覧 きょうとふないのえきいちらん

子記事

兄弟記事

コメント