ピクシブ百科事典

改造兵士レベル3(プロトタイプ)

さいぼーぐそるじゃーれべるすりー

Vシネマ『真・仮面ライダー序章』に登場する怪人。メインイラストの手前のバッタの怪人がそれである。

概要

財団』傘下の生科学研究所「ISS」の雇われマッドサイエンティスト鬼塚義一上層部には無断で自らにバッタ遺伝子を組み込み誕生した、レベル3型改造兵士のプロトタイプにあたるバッタ改造人間

そのため、主人公である風祭真=仮面ライダーシン酷似した姿をしているが、素体となった人物の精神が弱かったため変身後は理性を全く保つことができず、衝動のままに夜な夜なに出没しては殺人を繰り返すだけの化け物と化してしまった。

その容姿もシンのなのに対してこちらは濁った色で、最大の差異はに「第3の目」が無いことである。設定では、この第3の目が開眼していないせいで理性を保てないとされている。

よって決してヒーローもののお約束偽者的ポジション怪人ではなく、あくまでも主人公・仮面ライダーシンのプロトタイプに過ぎない。

主な戦力はシンと同じく湾曲した鋭いで相手を切り裂くハイバイブ・ネイルやスパイン・カッターなど。
また、バッタの持つテレパシー能力で、同じバッタの改造人間であるシンとシンクロ状態にあり、彼の起こした殺戮の記憶がそのまま真の精神にフィードバックされた結果、真があたかも自身が殺人を行っているかのような錯覚に陥る原因となってしまっていた。

最後はその暴走を知ったISSの所長・氷室によって捉えられ、貴重なサンプルとして『財団』本部に護送される途中、それを阻止せんとするCIA工作員セーラ・深町の放ったロケットランチャーの直撃を受け、護送車共々に包まれ焼死した。

はっきり言ってしまえばレベル2より弱そうだが、精神力が弱く力に飲まれっぱなしで、全くコントロールできていなかったのが敗因と取れる。

S.I.Cでは仮面ライダーシンと同時に立体化されたが、最大の特徴はパーツの差し替えで腕が4本になるというS.I.C独自のギミックで、ただでさえ生物的でグロテスクだったデザインがより禍々しいものとなってしまう。

関連タグ

鬼塚義一 財団(仮面ライダーシン) 真・仮面ライダー / 真・仮面ライダー序章

改造兵士 生体兵器 生物兵器 ライダー怪人

pixivに投稿された作品 pixivで「改造兵士レベル3(プロトタイプ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1138

コメント