ピクシブ百科事典

時読みの魔術師

ときよみのまじゅつし

アニメ・漫画・ゲーム『遊戯王ARC-V』及び、コナミのカードゲーム『遊戯王 オフィシャルカードゲーム』に登場するモンスターカードである。
目次[非表示]

概要

マスタールール3移行後初の商品である「STARTER DECK(2014)」において登場した、レベル3・闇属性・魔法使い族ペンデュラムモンスターモンスターとしては効果モンスター扱いになる。攻撃力1200・守備力600。
コート魔法使いがよく被ってるの帽子を着込んだ魔術師スカーフ装飾品がチャームポイント。には歯車のホイールを模したデュエルデスクのようなモノを付けている。
の色は茶髪髪型は短髪のツンツンヘアー。

仲間を守る頼れるアニキ。

カード説明

自分フィールド上にモンスターが存在していると魔法カードとしては発動出来ない。Pゾーンに置くためにはブラックホールなどで自軍モンスターを除去しておくか、モンスターを展開する前に発動しておく必要がある。モンスターカードとしてなら普通に召喚出来る。
Pスケールは8と高く、高レベルモンスターのペンデュラム召喚が行えるが、もう一方のPゾーンに「魔術師」「オッドアイズ」と付けられたPモンスターが居ないとPスケールは4に減少してしまう為、必然的に星読みの魔術師オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンが相方となる。

ペンデュラム効果は攻撃時に罠カードを防ぐ効果。ペンデュラム召喚で大量展開したモンスターが「次元幽閉」などで返り討ちにされる心配が無くなり、自軍モンスターが安心して戦闘を行える。ただし、ペンデュラムモンスターのみ。また、罠カードだけしか防げないので注意。「星読みの魔術師」と組み合わせれば魔法・罠両方を封じられる。

モンスターとしての効果はPゾーンを守る効果。下級モンスターなので手札で腐ることもない。

最初期に登場したペンデュラムモンスターで、高いペンデュラムスケールを持つ代わりにデメリットが大きく扱いづらいカードである。
その後慧眼の魔術師の登場で多少使いやすくはなったが、その後すぐに登場したデメリットの無いスケール8の竜穴の魔術師の登場により完全にお役御免となった。

テキスト

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守600
【Pスケール:青8/赤8】
自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで罠カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードまたは「オッドアイズ」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、1ターンに1度、自分のPゾーンのカードは相手の効果では破壊されない。

アニメでの活躍

アニメ遊戯王ARC-V』において主人公榊遊矢が愛用する主力モンスターの一角。当初は他のペンデュラムモンスターと同じくただの効果モンスターカードだったが、謎の力によって振り子を得、ペンデュラムモンスターへと書き換えられた(遊戯王ではよくあること)。
以降は遊矢がペンデュラム召喚を行う際に多用されている。
沢渡シンゴとのデュエルではレアハンタープレイで「星読みの魔術師」共々奪われてしまいシンゴに使用されてしまうが、遊矢の起死回生のプレイで遊矢の下に戻った。その際に柊柚子とチビッ子達を救出しており、イケメンっぷりを視聴者に見せ付けた。

ペンデュラム効果名は「インバース・ギアウィス」

相方は「星読みの魔術師」。カラーリングが白と黒と対になるようになっており、ペンデュラム効果も対になっている。

おそらくは武藤遊戯の「ブラック・マジシャン」や九十九遊馬の「ガガガマジシャン」をイメージしたであろう、歴代主力魔法使いモンスターの3代目。

関連タグ

カード カードゲーム モンスター
遊戯王 遊戯王ARC-V ペンデュラムモンスター 魔法使い族 魔術師(遊戯王) 遊戯王OCGの種族一覧 遊戯王OCGの特殊カテゴリー一覧 

クロノグラフ・マジシャン

関連記事

親記事

魔術師(遊戯王) まじゅつし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「時読みの魔術師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233718

コメント