2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

有愛うらら

ゆめうらら

「有愛うらら」とは、スマートフォン用アプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』に登場するキャラクター(魔法少女)である。
目次[非表示]

「こうして糸でぐるぐる巻いちゃってヨーヨーでピンと止めれば、人質のできあがりなんよ」
「心配されるからって理由で解放するなんて意味不明なんよ。ニパッ」

概要

プロミストブラッドに身を寄せている前向きで頑張り屋の魔法少女。
周囲の役に立ちたいと頑張るほどドジしてしまうのが悩みだが、その一生懸命な姿勢は周囲から好かれている。
大道芸の素質に恵まれ、地元ではプロとして活動していた。

プロフィール

出演作品マギアレコード
性別女性
出身地湯国市
学校湯国青波学園→ニ木市の近くの系列校
年齢学年13歳以下?/不明 ※
身長不明
肩書き魔法少女
願い事くららを助けて
固有魔法不明
ソウルジェムの形状/色/位置真ん中で半分に分かれた円/黄緑/腰
武器ヨーヨー
キャラクターデザイン蒼樹うめ
声優丸岡和佳奈


※うららとナイショと送別会曰く、プロミストブラッドの魔法少女の中で一番年下

人物像

無題


プロミストブラッドのメンバー。元気で頑張り屋だが勢いで行動する所がある。お団子頭蛇眼が特徴で、よく手を前に伸ばす仕草をする。一人称は「ウチ」で、語尾に「~なんよ」「~なのん」とつけ、「ニパー」と笑うなど独特な口調で喋る。
湯国市の出身で、地元で有名な天才大道芸人。相方のくららと共にローカル番組にも出演している。家が貧乏で弟と妹に娯楽が無いのもあって路上パフォーマンスを見たのをきっかけに今に至るも、元々天才肌であるのが災いしてくららの気持ちに気づけておらず、それが後に悲しい結末を引き起こす。

二木に越してきたばかりなのでメンバーの中では新参者。神浜の魔法少女との面識がないのを利用していろは達を罠に嵌めた。
若輩者だからか、釘を差しているとはいえ抵抗するはぐむに対して優しく忠告したり、結菜の指示で誘拐したういに対しては、特に何かしら拷問するわけでなく、どころか丁重にもてなしながら協力を求めたり等、他のメンバーと比べるとかなり温厚な性格をしている。

ただし上記にあるように勢いで行動することも多く、かごめ里見太助の名前を口にした途端、魔法少女でもない彼女を殺そうとしたりと、意外と感情的な一面も。

実はある組織の一員である。

魔法少女として

緑色のセーラー服姿。武器のヨーヨーで相手を拘束するその姿は、さながらカメレオンを彷彿とさせる。
ヨーヨーは糸を含め触れるとズタズタになる程の威力。

ゲーム上の性能

潜在スキルとマギアで攻撃を引き付け、ダメージを受けるとMPが回復していく。

基本データ

属性アクア
タイプバランス
イラストレーター
実装日2022年6月27日


ディスク構成

AcceleBlast(縦方向)Blast(横方向)Charge
×2×1×0×2


最大ステータス

レアリティレベルHPATKDEF
★4Lv.8022,4647,2037,286


コネクト「ウチだって役に立てるんよ!」

レアリティ効果
★4攻撃力UP[Ⅶ]& 防御力UP[Ⅶ]& 必ず霧


マギア「ミラクルトリック・ストライク!」

レアリティ効果
★4ランダム5回 ダメージ[Ⅴ]& 必ず挑発 & 被ダメージ時MPUP & ダメージカット状態(自/1T)


ドッペル交情のドッペル


専用メモリア「」

基本データ

レアリティ★3
タイプ
装備可能
イラストレーター


ステータス

レベルHPATKDEF
Lv.40


「」

特殊能力効果発動ターン
通常
限界突破


活躍

メインストーリー第2部『集結の百禍編


第2章『微笑みと火花
終盤、襲われたフリをして環ういをさらった。

第3章『内なる常夜の夜明け
ういの監視兼お世話係の役目を担う。

第6章『薄氷のレゾンデートル
午前0時のフォークロアの一員であることが判明する。

第7章『トワイライト・レムナント
ユニオンと時女一族との最終決戦に参戦したがあまりにも出番が少なく、一枚絵にも描かれないという扱い。
涼子と刺し違えようとするさくやを旭と共に庇おうとしたが…
戦いの後、自分が二木の魔法少女ではないことを見抜いていながら最後まで一人の仲間として接する結菜に感謝し、プロミストブラッドを抜けた。

第8章『夢のなごりに芽吹く花
かごめに自分がフォークロアの一員であることを明かし、退院後は湯国市での魔法少女の扱いを理由にかごめに対し、もう魔法少女とは距離を置いた方が良いと忠告する。

第9章『光差す正機迷宮
くららから那由多を拉致したと言う報せを受け、撲滅派に拉致された那由多救出に向かう。
アナザーで自身が湯国青波学園からニ木の近くの系列校の学生寮に移った事を明かす。

第10章『疾走ドラスティックラバー
ネオマギウスが見せしめにアオにくららたち撲滅派を攻撃させる作戦を知るとプロミストブラッドへ撲滅派の拠点を提供し、くららを助けるように頼む。樹里の「テメエを傷つけた奴なのにか?」と言うセリフから見て恐らくプロミストブラッドに湯国市の状況や撲滅派の詳細も教えた模様。

魔法少女ストーリー

有愛うらら

  • 1話「ウチだってできるんよ!」
    • 忙しいラビに代わり、買い出しに行ったうらら。近くのスーパーを何軒も回った経験を活かそうとするもタイムセールに釣られてリストに無い物を買ってしまう。ラビは許してくれたものの、自制できるようになれと言われる。
    • 大道芸人の芸能事務所を辞めるため、最後の挨拶をすべく1日だけ湯国に戻る事にしたが、撲滅派の警戒を恐れたラビ達も付き添う。
    • そして事務所を訪れ、マネージャーに別れを告げる。彼からは引退を惜しまれ、くららが冷静になればコンビ復活も有り得ると言われるも、別の仕事があるくららに代わり一日だけディアボロ教室のコーチの仕事を頼まれた。
    • そして当日、一人だけ出来ない子がいて彼女からは「一つずつ教えて」と言われてしまう。しかし身体が自然に動くほど上達しており、元々解説が上手くない事に悩む。お昼休憩の時間、マネージャーはラビに頼まれ他の2人にも先程撮影した練習の映像を見せ、出来なかった子供を各自分析。この事から3人もスタッフとして手伝う事になった。
    • こうしてディアボロ教室は大成功したが、今度はラビ達の力が大きかった事に悩む。人に教え、説明するのはくららの方が上手かったのもあって。
    • あの子のこと…やっぱり思い出しちゃうんよ
    2話「もう戻れないから…」
    • それから数日後、退所手続きの書類を受け取ることとなったが、ラビはうららが落ち込んでる所を見抜いており、うららはくららを思い出した事を告げる。
    • くららとの和解を望むが、最早元の関係には戻れない。その時くららの声が聴こえたので彼女と話す事に決めた。
    • くららに謝罪し、せめて普通に話せるよう求めると彼女は天才のうららに追いつくべく必死に練習し、成果をあげてきたのに周囲からは「うららじゃない方」と見られ苦しんできた事、うららからの好意を無碍にする自分の醜さを吐露し、これからは自分の実力でのし上がるからもう関わるなと言い残して去っていく。
    • そこにマネージャーが現れ、くららはプライドが高く弱音を吐かない事とうららの居ない間のくららの様子を告げられ、うららは彼女の事を考えられなかった事を痛感させられた。
    • 拠点の水族館に戻った一同。変わらず悩みを聴く姿勢を見せるラビにうららは泣きつき、ラビはくららの方もうららの気持ちを考えずに行動した筈なので、うららだけ悪く言われる筋合いは無いと告げ、苦しみを否定せずに乗り越えるべきだと諭す。そしてうららはそんなラビに憧れる。その時、マネージャーからメールが来て…
    • ウチにできることなんてあるのん…?
    3話「前に進むだけなんよ」
    • 後日、ディアボロ教室に参加した子供「れい」がうららの元を訪ねた。彼女は粘り強い交渉の末、マネージャーを通して今に至った。同い年の天才に負けて大会の決勝まで残れず、もっと難しいトリックをうららから教わるために。
    • その子は他の大道芸人を真似したのに出来ず、できる人は最初から違うと言った事でうららはまたくららとの過去を思い出し、自分とラビと共に練習する事を決めた。
    • そしてれいは練習の成果を発揮し、大会でギリギリ優勝を決める。くららの気持ちを考えられなかったうららだが、今回は上手く成功を収めた。れいも引き続きうららにコーチをお願いする。
    • この一件からマネージャーの助力もあり、ディアボロ教室のコーチを続行。家計の足しはもちろん、誰かを教える事で気づく事もあり、一緒に目標を達成できた時は嬉しいから。そして何より、ディアボロの演技で皆を笑顔にさせられる事を人々に伝えたいから。
    • ウチの夢、いつか叶えてみせるんよ!

期間限定イベント

お願い結菜さん
プロミストブラッドが主役なので登場しているが、ここでも一枚絵に彼女だけ描かれていない(ラストシーンで最後にやって来たため)。
無くしたひかるの生徒手帳を返そうとしたが、結菜の写真がたくさん詰まっていたために躊躇する。

灰色革命
当初は魔法少女ではなく、キュゥべえに付きまとわれ結界に迷い込んだ所を魔法少女に助けられた事を機に魔法少女の真相やラビ達と関わっていく事となる。
ラビ達との再会を願い、テレビ上で魔法少女の存在を世間に知らせる活動を行うも最終的に予期せぬ大惨事で相方のくららが死亡し、太助の制止も振り切って上記の願いで蘇生した。しかし彼女からは感謝や心配するどころか自分だけ救って他の人達を見殺しにしたと罵られ、魔法少女になった直後に全てに裏切られたうららは後悔と罪悪感から事務所を去る事となった。

これも太助の唱える仮説によるものかは定かではないが、くらら自身は契約する前からうららのことをあまり良く思っていなかった為、どのみちこのような結果になっていたことは想像に難くないだろう。

うららとナイショと送別会
時系列は第8章の辺り。
結菜に正体がバレ、プロミストブラッドを抜けようとしている時に結菜から自分の送別会をやると告げられるも、うらら自身はそれを拒否してしまう。
しかし二木市に未練を感じており、かつて自分に良くしてくれたさくやが通っていた神浜市立大附属学校に偶然足を運び、さくやからもし自分に何かあったら形見として賞状を受け取って欲しいと言われた事を思い出し、送別会にてそれを果たした。

けじめをつけ、ラビの所に戻ると彼女から「魔法少女は救われないという結論が出れば諦念に到着した二木市の子と再会できる」と言われるも、うららは一人彼女達の幸せな未来を願うのだった。

なおプロミストブラッドを担当した理由はラビから「元々運動神経が良く成長も速いうえ、順応性が高くて誰からも好かれやすい」と評されたため。
狙い通りプロミストブラッドはうららのお陰で空気が和み、どんな任務にも一生懸命に挑む姿に皆が感化された。

関連イラスト

ヨーヨーとうららちゃん



関連タグ

マギアレコード
三浦旭 栗栖アレクサンドラ 氷室ラビ
くらら

桑水せいか:同じく「死んだ友達を生き返らせてほしい」という願いで契約した魔法少女繋がり。

桐野紗枝佐和月出里:契約して願いを叶えた直後に後悔するような結果を迎えた魔法少女繋がり。








































第二部12章のその後はサーカスの劇団に入り、全国を旅する大道芸人に。くららとの再共演を願い出ているが、既に10連敗。

関連記事

親記事

プロミストブラッド ぷろみすとぶらっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「有愛うらら」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「有愛うらら」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115960

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました