ピクシブ百科事典

海大7型潜水艦

かいだいなながたせんすいかん

海大7型潜水艦は、大日本帝国海軍に所属した一等潜水艦の分類の1つである。 海軍大型潜水艦の1種類。
目次[非表示]

概要

海大7型は海軍大型潜水艦の第九陣であり、最後の海軍大型潜水艦の艦級でもある。

海大6型bの竣工から4年が経過した昭和17(1942)年に竣工が始まった。
巡洋潜水艦の甲・乙・丙型が新造される中、なぜ再び海軍大型潜水艦が建造されたかについては、巡潜丙型の不足分を代替する説や海大4型以前の老艦の海軍大型潜水艦の代替艦とする説などがあるが、真意は分かっていない。

本艦種は、マル4計画で10隻が建造されたが、マル5計画・マル6計画でも建造する計画が持ち上がっていた。 しかし、追加分は建造されることはなかった。
終戦時残存した艦は1隻もいなかった。

主な特徴

  • 魚雷発射管を艦首に集約し、艦尾の魚雷発射管は廃止した。
  • 魚雷搭載量が減少した。
  • 水中での運動性能と潜航時間の短縮等の改善を行った
  • 艦本式1号乙8型ディーゼル2基に主機を変更した。
  • 航続距離は海大6型bより短くなった。

同型艦

1番艦伊号第百七十六潜水艦
2番艦伊号第百七十七潜水艦
3番艦伊号第百七十八潜水艦
4番艦伊号第百七十九潜水艦
5番艦伊号第百八十潜水艦
6番艦伊号第百八十一潜水艦
7番艦伊号第百八十二潜水艦
8番艦伊号第百八十三潜水艦
9番艦伊号第百八十四潜水艦
10番艦伊号第百八十五潜水艦

関連タグ

潜水艦
大日本帝国海軍

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の1等潜水艦
巡潜1型潜水艦 巡潜2型潜水艦 巡潜3型潜水艦
巡潜甲型潜水艦 巡潜甲型改一潜水艦 巡潜甲型改二潜水艦
巡潜乙型潜水艦 巡潜乙型改一潜水艦 巡潜乙型改二潜水艦
巡潜丙型潜水艦 巡潜丙型改潜水艦
機雷潜型潜水艦
海大1型潜水艦 海大2型潜水艦 海大3型a潜水艦 海大3型b潜水艦 海大4型潜水艦
海大5型潜水艦 海大6型a潜水艦 海大6型b潜水艦 海大7型潜水艦
潜高型潜水艦
潜補型潜水艦
丁型潜水艦 丁型改潜水艦
潜特型潜水艦

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の2等潜水艦
第七十一号艦
海中6型潜水艦 中型潜水艦
小型潜水艦
潜輸小型潜水艦
潜高小型潜水艦

関連記事

親記事

海軍大型潜水艦 かいぐんおおがたせんすいかん

兄弟記事

コメント