ピクシブ百科事典

巡潜丙型潜水艦

じゅんせんへいがたせんすいかん

巡潜丙型潜水艦は、大日本帝国海軍に所属した一等潜水艦の艦種の1つである。 巡洋潜水艦の1種類。
目次[非表示]

概要

巡潜丙型潜水艦は、日本が軍縮条約破棄後に新たに計画した巡洋潜水艦の内、潜水戦隊司令部設備を持たず、水上偵察機搭載を廃止した代わりに、魚雷発射管と魚雷搭載量を増加したグループの第一陣である。

本級は、水上偵察機と搭乗員の不足の観点から巡潜乙型潜水艦から水上偵察機の搭載を廃止した艦級である。船体は巡潜甲型潜水艦巡潜乙型潜水艦のような新規設計と異なり、完成を急ぐために巡潜3型潜水艦の流用であった。
武装は、上述した通り水上偵察機の搭載をやめた代わりに魚雷発射管を従来の6門から8門に増大させ、魚雷搭載量も巡潜甲型潜水艦巡潜乙型潜水艦より多い20本搭載(巡潜3型潜水艦も20本搭載できる)が可能である。
水上の速力も巡潜乙型潜水艦と同等で、魚雷装備周りが強化されているため、巡洋潜水艦版の海軍大型潜水艦と言える存在で、本級の建造計画が立てられたマル3計画・マル急計画では、海軍大型潜水艦の建造計画は無かったので、後継艦と言える存在でもある。ただし、後のマル4計画では新型の海軍大型潜水艦である海大7型潜水艦が建造されているので、完全な後継艦とは異なるとも言える。

終戦時残存した艦は伊号第四十七潜水艦の1隻しかいなかった。

主な特徴

同型艦

1番艦伊号第十六潜水艦
2番艦伊号第十八潜水艦
3番艦伊号第二十潜水艦
4番艦伊号第二十二潜水艦
5番艦伊号第二十四潜水艦
6番艦伊号第四十六潜水艦
7番艦伊号第四十七潜水艦
8番艦伊号第四十八潜水艦
仮称艦名第379号艦~仮称艦名第381号艦 3隻 ― 建造取り消し

関連タグ

潜水艦
大日本帝国海軍

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の1等潜水艦
巡潜1型潜水艦 巡潜2型潜水艦 巡潜3型潜水艦
巡潜甲型潜水艦 巡潜甲型改一潜水艦 巡潜甲型改二潜水艦
巡潜乙型潜水艦 巡潜乙型改一潜水艦 巡潜乙型改二潜水艦
巡潜丙型潜水艦 巡潜丙型改潜水艦
機雷潜型潜水艦
海大1型潜水艦 海大2型潜水艦 海大3型a潜水艦 海大3型b潜水艦 海大4型潜水艦
海大5型潜水艦 海大6型a潜水艦 海大6型b潜水艦 海大7型潜水艦
潜高型潜水艦
潜補型潜水艦
丁型潜水艦 丁型改潜水艦
潜特型潜水艦

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の2等潜水艦
第七十一号艦
海中6型潜水艦 中型潜水艦
小型潜水艦
潜輸小型潜水艦
潜高小型潜水艦

関連記事

親記事

巡洋潜水艦 じゅんようせんすいかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「巡潜丙型潜水艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 553

コメント