ピクシブ百科事典

海大4型潜水艦

かいだいよんがたせんすいかん

海大4型潜水艦は、大日本帝国海軍に所属した一等潜水艦の分類の1つである。 海軍大型潜水艦の1種類。
目次[非表示]

概要

海大4型潜水艦は海軍大型潜水艦の第五陣である。

本級の最大の特徴は機関にマン社のラウシェンバッハ式ディーゼルを搭載した点である。 この機関は巡潜1型に搭載された信頼性とズルザー式3号ディーゼルと異なり完成度が高いことから取り入れられたと考えられる。
3隻が竣工し、終戦時には伊号第百六十二潜水艦のみが残存していた。

主な特徴

  • 機関にラウシェンバッハ式ディーゼルを2基採用。
  • 海大3型bに比べ、寸法がやや短い。
  • 魚雷発射管を艦首4門艦尾2門に削減。
  • 魚雷搭載量を削減。
  • 以上を除けば海大3型bと同じ設計である。

同型艦

1番艦伊号第六十一潜水艦
2番艦伊号第百六十二潜水艦
3番艦伊号第百六十四潜水艦

関連タグ

潜水艦
大日本帝国海軍

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の1等潜水艦
巡潜1型潜水艦 巡潜2型潜水艦 巡潜3型潜水艦
巡潜甲型潜水艦 巡潜甲型改一潜水艦 巡潜甲型改二潜水艦
巡潜乙型潜水艦 巡潜乙型改一潜水艦 巡潜乙型改二潜水艦
巡潜丙型潜水艦 巡潜丙型改潜水艦
機雷潜型潜水艦
海大1型潜水艦 海大2型潜水艦 海大3型a潜水艦 海大3型b潜水艦 海大4型潜水艦
海大5型潜水艦 海大6型a潜水艦 海大6型b潜水艦 海大7型潜水艦
潜高型潜水艦
潜補型潜水艦
丁型潜水艦 丁型改潜水艦
潜特型潜水艦

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の2等潜水艦
第七十一号艦
海中6型潜水艦 中型潜水艦
小型潜水艦
潜輸小型潜水艦
潜高小型潜水艦

関連記事

親記事

海軍大型潜水艦 かいぐんおおがたせんすいかん

兄弟記事

コメント