ピクシブ百科事典

海大3型b潜水艦

かいだいさんがたびーせんすいかん

海大3型b潜水艦は、大日本帝国海軍に所属した一等潜水艦の分類の1つである。 海軍大型潜水艦の1種類。
目次[非表示]

概要

海大3型b潜水艦は海軍大型潜水艦の第四陣である。

本級は前級の海大3型aに比べ、艦首の形状や居住性の向上が行われた。
太平洋戦争の初期は作戦に使用されたが、昭和17(1942)年以降は残存艦3隻は練習潜水艦として従事し、終戦時まで残存していた。

主な特徴

海大3型bの特徴としては以下のことが挙げられる。

  • 海大3型aに比べ艦首の形状が直線状になった。
  • 居住性の向上のために細かい改善が行われた。
  • 設計が米英のフィート・ポンド法から独のメートル法に変更された。
  • 以上を除けば海大3型aと同じ設計である。
  • 太平洋戦争初期は、作戦に参加したが老艦だったこともあり、残存艦は大半の期間を練習潜水艦として従事した。

同型艦

1番艦伊号第百五十六潜水艦
2番艦伊号第百五十七潜水艦
3番艦伊号第百五十九潜水艦
4番艦伊号第六十潜水艦
5番艦伊号第六十三潜水艦

関連タグ

潜水艦
大日本帝国海軍

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の1等潜水艦
巡潜1型潜水艦 巡潜2型潜水艦 巡潜3型潜水艦
巡潜甲型潜水艦 巡潜甲型改一潜水艦 巡潜甲型改二潜水艦
巡潜乙型潜水艦 巡潜乙型改一潜水艦 巡潜乙型改二潜水艦
巡潜丙型潜水艦 巡潜丙型改潜水艦
機雷潜型潜水艦
海大1型潜水艦 海大2型潜水艦 海大3型a潜水艦 海大3型b潜水艦 海大4型潜水艦
海大5型潜水艦 海大6型a潜水艦 海大6型b潜水艦 海大7型潜水艦
潜高型潜水艦
潜補型潜水艦
丁型潜水艦 丁型改潜水艦
潜特型潜水艦

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の2等潜水艦
第七十一号艦
海中6型潜水艦 中型潜水艦
小型潜水艦
潜輸小型潜水艦
潜高小型潜水艦

関連記事

親記事

海軍大型潜水艦 かいぐんおおがたせんすいかん

兄弟記事

コメント