ピクシブ百科事典

巡潜甲型潜水艦

じゅんせんこうがたせんすいかん

巡潜甲型潜水艦は、大日本帝国海軍に所属した一等潜水艦の艦種の1つである。 巡洋潜水艦の1種類。
目次[非表示]

概要

巡潜甲型潜水艦は、日本が軍縮条約破棄後に新たに計画した巡洋潜水艦の内、潜水戦隊司令部設備を持ち、かつ水上偵察機が搭載可能としたグループのの第一陣である。

本級は巡潜3型潜水艦を大型化して改良した艦と言える。 内容としては航続距離の延長・速力向上・航空艤装を前方に移動を行っている。

終戦時残存した艦は1隻もいなかった。

主な特徴

  • 機関は艦本式2号10型ディーゼル2基を採用。
  • 燃料搭載量の増大により、巡潜3型潜水艦の水上での航続距離14000海里から航続距離16000海里に延長している。
  • 機関性能の向上により、巡潜3型潜水艦の水上速力23ノットから23.5ノットに向上している。
  • 従来の巡洋潜水艦と異なり、航空艤装を後部から前部に移動させている。

同型艦

1番艦伊号第九潜水艦
2番艦伊号第十潜水艦
3番艦伊号第十一潜水艦

関連タグ

潜水艦
大日本帝国海軍

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の1等潜水艦
巡潜1型潜水艦 巡潜2型潜水艦 巡潜3型潜水艦
巡潜甲型潜水艦 巡潜甲型改一潜水艦 巡潜甲型改二潜水艦
巡潜乙型潜水艦 巡潜乙型改一潜水艦 巡潜乙型改二潜水艦
巡潜丙型潜水艦 巡潜丙型改潜水艦
機雷潜型潜水艦
海大1型潜水艦 海大2型潜水艦 海大3型a潜水艦 海大3型b潜水艦 海大4型潜水艦
海大5型潜水艦 海大6型a潜水艦 海大6型b潜水艦 海大7型潜水艦
潜高型潜水艦
潜補型潜水艦
丁型潜水艦 丁型改潜水艦
潜特型潜水艦

第一次世界大戦終焉から第二次世界大戦末期の2等潜水艦
第七十一号艦
海中6型潜水艦 中型潜水艦
小型潜水艦
潜輸小型潜水艦
潜高小型潜水艦

関連記事

親記事

巡洋潜水艦 じゅんようせんすいかん

兄弟記事

コメント