ピクシブ百科事典

石丸進一

いしまるしんいち

石丸進一は(1922年~1945年)はプロ野球選手(投手・内野手)、大日本帝国海軍軍人。
目次[非表示]

概要

1922年7月24日、佐賀県佐賀市水ヶ江町で、理髪業を営んでいた石丸金三の五男として生まれる。
兄・藤吉(1914年~1991年)も元プロ野球選手で、その孫・石丸泰輔も米マイナーリーグで投手として活躍。

兄の影響から野球を始め、兄が通っていた佐賀商業学校(現:佐賀県立佐賀商業高校)に入学し、2年生から速球派エースとして活躍したが甲子園に出場できなかった。
父親が教育資金調達のために方々で借金を重ね、借金返済のため1941年に名古屋軍入団。(4年前に先に入団した兄も同じ理由で佐賀商業⇒門司鉄道局から名古屋軍に入団。)

当初は新人時代は兵役で離脱している藤吉の代役ということで、内野手として73試合に出場し、打率.197、0本塁打、8打点の成績を残したが、一方で手首を鍛え、投手としていつでも出場できるようにしていたという。

藤吉の復帰後は投手として出場し、持ち前の速球と針の穴を通すほどの抜群の制球力を武器に、1942年4月1日の対朝日戦で、初登板・初先発で2安打完封勝利を飾る。
7月12日の対東京巨人軍戦でも須田博ヴィクトル・スタルヒン)と投げ合って勝利するなど、最終的に負け数が先行したものの17勝19敗・防御率1.71の成績を残ししかもその年の名古屋軍の勝利数の4割強を石丸一人で稼ぐというと奮闘ぶりだった。
1943年10月12日の対大和戦では戦前最後となるノーヒットノーランを達成(この時戦時中で新聞は紙面が少なくスコアと投手名が記載されただけ)、20勝12敗・防御率1.15と前年以上の好成績を収め、チームを2位まで躍進させた。

しかし戦争の影は大きくなりプロ野球選手ながら兵役を免れるため、日本大学法科夜間部に在籍していたが、1944年春の学徒出陣によって召集される。

石丸は海軍飛行科を希望し、第14期飛行専修予備学生として筑波海軍航空隊に配属され、1945年に神風特別攻撃隊に志願して特攻隊員となる。特攻訓練を受けたのち、鹿児島県の鹿屋基地に転進する。
同年5月11日の菊水六号作戦発動に伴い、石丸は神風特別攻撃隊「第五筑波隊」隊員として爆装零戦に搭乗、沖縄方面の米機動部隊を目指して出撃し、未帰還。
この時、出撃前に同僚の本田耕一とキャッチボールを行い、当時海軍報道班員として鹿屋基地に滞在していた作家の山岡荘八が立ち会った。

石丸の背負っていた背番号26は、チームメートだった村松幸雄(グアム島で戦死)の18とともに戦後の数年間、欠番となった。

映画『人間の翼 最後のキャッチボール』

1996年には石丸を主人公とした映画『人間の翼 最後のキャッチボール』が製作された。
進一の兄・藤吉の息子で、藤吉が作ったタクシー会社「親和交通」の社長だった石丸剛が製作費調達から公開・興行までの全てを取り仕切った自主製作映画である。

主な出演者

東根作寿英 - 石丸進一
山口真有美 - 桜井圭子
酒井一圭 - 本田耕一(石丸と「最後のキャッチボール」を行なった。本田自身は3日後に出撃、戦死している)
佐藤允 - 石丸金三(進一の父)
馬渕晴子 - 石丸ソデ(進一の母)
藤王みつる - 石丸藤吉(進一の兄)
久保田篤 - 石丸刀雄
誠直也 - 小西得郎(進一が所属した名古屋軍(現・中日ドラゴンズ)監督)
ヨネスケ - 赤嶺昌志(名古屋軍の理事)
広岡瞬 - 山岡荘八

スタッフ

監督:岡本明久
原作:『消えた春』牛島秀彦
主題歌:『時の流れに-鳥になれ-』 五輪真弓
製作者:石丸剛、永野新平、原徹雄、古賀武夫、鶴勤
総指揮:末次一郎、古川貞二郎
プロデューサー:神佑輔
監修:小鶴誠、鴨原良樹、丸尾穂積、青戸廣二
特撮監督:佛田洋
特殊効果:国米修市
監督補:崎田憲一
協力:防衛庁海上自衛隊、中日ドラゴンズ、中日新聞、富士火災海上保険、全日本空輸佐賀新聞社  ほか


関連タグ

プロ野球選手 内野手 投手
中日ドラゴンズ名古屋軍⇒産業軍の後身

日本海軍/大日本帝国海軍 神風特攻隊

pixivに投稿された作品 pixivで「石丸進一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント