ピクシブ百科事典

艦これ渡し人

かんこれわたしにん

「彼ら観光」氏が執筆する『艦隊これくしょん』の二次創作小説
目次[非表示]

・・・・・この世に悪の栄えた試し無し・・・昔はそうかもしれないが今ではそんなの夢物語
・・・・・悪が正義を喰らい尽くす魍魎跋扈のこの世界・・・聞こえてくるのは悪人共の高笑い
・・・・・天が見捨てたこの時代・・・誰が悪を裁くのか、誰が晴らせぬ恨みを晴らすのか
・・・・・それは言わずとも知れたこと・・・・更なる悪が悪を裁けばいい
・・・・・地獄送りの渡し船、片道のみの地獄旅
・・・・・三途の川の渡し人、お代に貰った恨み銭、貰ったからには渡しましょう
・・・・・悪人共のその命、あなたの晴れぬ恨みと共に・・・・・

概要

彼ら観光による艦隊これくしょんの二次創作小説。444番鎮守府の提督である蒼崎竜一郎と、彼と共に裏稼業『渡し人』として任務を行っている艦娘深海棲艦達を中心としたダークファンタジーストーリー。
現在は「抜錨その1」から「抜錨その5」まで投稿されており、また前日譚である「不可思議な444番鎮守府」も同じく投稿されている。

なお、『艦これ渡し人』の源流はDell氏製作のMMDドラマ『艦これ必殺仕事人』であり、
彼ら観光自身も『艦これ必殺仕事人』との出会いが無ければ『艦これ渡し人』の存在は無いと
断言している(彼ら観光談)





「渡し人」とは?

渡し人とは、法で捌く事の出来ない悪人や外道を『怨み銭』を受け取る事で粛清する殺し屋の総称である。
彼等は表向きは通常の艦娘や提督、もしくは陸軍として従事しているが、直属の司令部、通称『闇の大本営』によって統括されており、闇の大本営、もしくは晴らせぬ恨みを抱えた者からの依頼が入った際には許せぬ悪を地獄送りの恨み船に乗せて地獄に送る三途の川の渡し人となる

とは言え、闇の大本営に直接的な権限は無く、あくまで『依頼』と言う形を渡し人に行い
彼らの行った仕事の後始末(的の死体の始末、死因の偽造等)をメインで行う
これは大本営、強いては海軍が主導でこの仕事を行う事はやがて独善的な暗殺部隊への洗脳発展を危惧し、更には法を守るべき軍がそれを先立って破る事があっては法律の存在意義すらも危ぶまれるがゆえのやむ得ない処置も含まれている

数年前、軍の一部派閥が自身の保身と私利私欲で敢行した『渡し人狩り』において当時の面々の多くは散り散りになってしまったが(一部将校が自らのポイント稼ぎのためにでっちあげの告発を多々行った事もあって、多くの無関係な者達が処罰を受けている)、数年後の現在、新たな仲間を得て再び人知れず活動を再開している。

言い換えるなら、『艦隊これくしょん』の世界における仕事人といっても過言ではない。

また最近では、主な拠点の1つである444番鎮守府に来訪した幾人かの別次元の方々が自主的に参入し、現在の渡し人と共に粛清に乗り出す事もあるとか………



渡し人狩り


かつて人身・麻薬・武器密売などで財を成し、政界・軍部・経済界などでありとあらゆる手段でのし上がった者達が

「いずれ恨み銭を積まれて渡し人に狙われるならば奴等を炙り出して根絶やしにしてしまえ」

と結託し、渡し人の存在をマスコミを使って

「金さえ貰えば女子供だろうと容赦無く殺す殺人集団」

と、出鱈目な情報を世間に流し
更には中世の魔女狩りのように適当な密告、いい加減な疑いで無関係な艦娘・提督などを裁判無しで公開処刑を行い(これに関しても結託した外道達が政治レベルで憲兵に強引な圧力を掛けて行った)
果てや民間人であろうと密告さえあれば容赦無く公開処刑を繰り返しこの一件で1000人を超える命が奪われた(推定でこの中にで処刑された渡し人は100名未満、残りの900名以上は完全な冤罪であった)
結果として各自が散り散りになってしまったもののかろうじて生き延びた渡し人達を羅刹の鳳翔が一時的に纏め上げ、渡し人狩りの成功で油断しきっていた外道達を全て恨み船に乗せて地獄に送り、
これによって頭を失った外道達は有志の憲兵によって大量殺人やそれまで行っていた悪行を暴かれてトドメを刺され、この事件によって複数の大企業の倒産や内閣解散まで行われる大事件へと発展する事となった

この事件以降、渡し人達は普通の艦娘・提督・民間人として解散して渡し人であった事を隠して全国に散り散りに分かれ
数年後に国内の腐敗によって『闇の大本営』が立ち上がるまで渡し人達が活動していた記録は存在していない



主な構成員


海軍関係者(444番鎮守府)

蒼崎竜一郎

艦これ渡し人より 蒼崎竜一郎提督



ヲ級よりスカウトされて渡し人の道に進んだ444番鎮守府を預かる提督
『八房の大太刀』を用いて外道を切り刻んだのちにトドメを刺す
無論それには「苦しんだ者達の恨みを晴らす」意味合いが込められている

「俺がテメエに渡すのは引導……………貰うのは……テメエの命だ!!」

鳳翔


かつて日向、間宮と共に恐怖の象徴と恐れられた三強の一人 通称「羅刹の鳳翔」
蒼崎がまだ渡し人になる前は元締めを引き受けていた艦娘
これまでの間では艤装のアンテナを改造した仕込み刀を使う手段を用いている

抜錨の4では刀を使って的に皮肉を言いながら一切の情けを掛ける事無く斬り捨てている

モデルは『必殺仕事人』出演の中村主水

「間違っても…化けて出てこないでね…あんたも私も…冷たくて暗い地獄の底で……また会うんだからさ」

武蔵


渡し人狩り以前より姉の大和共々渡し人を務めている
己の怪力で繰り出すブローで的の内臓に右手をブチ込み、手近の内臓を握りつぶしてトドメを刺す

モデルは『必殺渡し人』出演の大吉

大和


妹の武蔵共々長く渡し人を務めている超弩級戦艦
元来の艤装を外す事によって人知を超えた身体能力を発揮し
愛用の長傘を的目掛けて投げつけ、そのまま串刺しにする
投げられた長傘は砲弾並みの速度で飛んでいる為逃げる事は不可能と言ってもいい

モデルは『翔べ!必殺うらごろし』出演の先生

青葉


444番鎮守府に属する重巡洋艦娘
蒼崎や鳳翔と同じく『闇の大本営』に属する渡し人ではあるが、直接殺しに関わるのではなく情報収集や仲間のサポートを行うのが本職

モデルは『必殺仕事人』出演のなんでも屋のお佳代

龍驤


鳳翔と同じく軽空母娘にして、元444番鎮守府所属(先々代提督時代)の時代から闇の大本営に所属している渡し人
かつては「渡し人狩り」のために、当時渡し人だった上官を失い、後に先先代の提督に召し抱えられた過去を持つ
使う道具は以前計画が頓挫して試作品のみが作られた『試作型電磁力甲板』と両翼に鋭利な刃を付けた漆黒の『震電改』
音速に近い超高速で発艦させた無人の震電改を遠隔操作して的の喉笛を切り裂く

追記として
彼女に殺しの技を仕込んだのは江戸時代から爆発事故によってタイムスリップで流れ着き
とある外道提督を殺して鎮守府を乗っ取った伝説の殺し屋地獄組の鉄眼

まるゆ


傍目から見れば年端もいかぬ少女でも立派な渡し人
海、もしくは川辺などで片方に信管と火薬の代わりに燃料と鉛をたっぷり詰め込んだ二本の魚雷を括り付けたワイヤーを投げて的の首を絞めてから魚雷を発射し的を二度と上がってこれない深海に引きずり込む

鳥海


普段は444番鎮守府の秘書艦であるが仕置きとなれば冷酷な鬼と化す
仕置きの手口は仕込み針を入れたチェキで的の顔写真を撮って相手を油断させ
壁や柱に相手を押し付けてからチェキに仕込んでいる針を抜いて相手の延髄を刺し貫き破壊する

これは現実世界でも言える事なのだが延髄は人体急所の一つで
ここを破壊されると身体全体の筋肉が固まってしまい、更には肺を動かす筋肉も機能しなくなりやがて窒息死に追い込まれる

「どうです・・写り具合は?・・・・・あなたの死に顔のさ」

モデルは『必殺渡し人』出演の鏡研ぎの惣太

足柄


『飢えた狼』の異名を取る武闘派の重巡洋艦娘
彼女も普段は秘書艦を務めているが(たまに必死になる)ひとたび仕置きとなれば修羅となる
彼女のやり方は一切の小細工無し、的となった相手を徹底的に殴り倒し蹴り倒しての撲殺となる

モデルは『翔べ!必殺うらごろし』出演の若

長門


普段は北方棲姫や駆逐艦を追い掛け回すロ●コンでもれっきとした渡し人
的の身体を頭を下にして高々と持ち上げ、必殺の『ビック7バスター』で的の頭蓋骨と首の骨を粉砕する

モデルは『助け人走る』出演の島帰りの龍

那珂


普段はおちゃらけた2流アイドルを装っているがこれでもかなりの数の外道を地獄に送っている
いつも持ち歩いている携帯型探照灯とは別の組み換え式の手槍探照灯を使い表の顔で相手を油断させて手槍を相手の心臓を突き刺す
かつては川内と共に通常の艦娘だったが、当時の姉妹であった神通の死を経て渡し人となった

ファンに外道がいることは決して許さない

モデルは『必殺仕事人V・風雲竜虎編』出演の鍛冶屋の政

「あんたみたいなロクでなしだったら…那珂ちゃんのファンやめてくれていいから……」

川内


夜戦大好き軽巡洋艦娘
大抵夜戦病(自称)をこじらせて「一日5回を夜戦をしないと轟沈してしまう」と言って皆を困らせる艦娘ではあるが実力は確かのもので
決まったスタイルこそ無いが忍者のような軽い身のこなしを使った方法で的の命を奪う

最近は、とある方々に触発されたのか、「夜戦」と書かれた仮面をつけたスタイル(自称、夜戦仮面)で現れる事も………

由良


普段忙しく無い時は間宮亭でアルバイトを行っている事が多く最近影が薄い事を微妙に心配している
仕置きの際は端に鉛を仕込んだ特注のリボンを障害物越しに飛ばして相手の首を締め上げる

モデルは『必殺仕事人2009』出演のからくり屋の源太

山城


常に『不幸だわ』を口癖にしているものの駆逐艦達から見れば頼れるお姉さんの一人
仕置きの際も相変わらずの不幸オーラを撒き散らして的を油断させてから匕首で心臓を一突きで殺し
、その度に誰に言うでもない文句を呟いて去っていく

モデルは『翔べ!必殺うらごろし』出演のおばさん

初春

抜錨の4から新たに加わった駆逐艦の渡し人
元々78番鎮守府所属の艦娘であったが渡し人の再編成も兼ねて444番鎮守府に異動してきた
仕置きの際は特殊な機構を施した鉄扇を駆使して、先端の鋭利な刃で相手の喉笛を一閃して始末する

モデルはPS2ゲーム『必殺裏稼業』出演のおとき

村雨

抜錨の4から、初春と共に新たに加わった駆逐艦の渡し人
144番鎮守府所属の黒潮とは初春共々旧知の仲である(因みに黒潮は渡し人ではない)
獲物は立ち絵でおなじみの艤装に搭載している錨の部分を鋭く研ぎ直したモノと取り換えており、仕置きの際には相手に投擲する事で対象を槍の様に貫いて始末する

モデルは『必殺仕事人2007』出演のからくり屋の源太が最初に使った仕置き技

天城

劇場版より新たに加わった空母娘の渡し人
本来は444番鎮守府の出身ではなく闇の大本営の根回しによって前年度の秋に配属されてきた
得物は右の小指に装備した六角錐水晶の指輪で、仕置きの際は六角錐水晶を外側に向けて平手打ちをするように振りぬいて標的の喉笛を鎌鼬の様に切り裂く

モデルは『必殺渡し人』の鳴滝忍


間宮

特務型補給艦娘であり444番鎮守府に於いて三強『覇王間宮』と呼ばれる艦娘
彼女自身渡し人としての活動は鳳翔共々古く古参の一人に入る
獲物はラーメン屋などで出前に使われるオカモチと呼ばれる道具を使い
蓋を空けたオカモチを的に叩き付けるように被せ、鋭く研いだ蓋を閉めて簡易ギロチンの如くに首を撥ねる

モデルは『週刊コミックバンチ』掲載漫画『殺し屋麺吉』の麺屋 吉右衛門

「間宮亭特別料理、外道の生き締め・・・・毎度あり・・・」

深海棲艦

ヲ級flagship


先代の渡し人『修羅の日向』の引退の際に愛刀と共に渡し人の稼業を引き継いだ深海棲艦

日向直伝の剣術を使い相手を一撃で切り捨てる方法を使う

モデルは『必殺仕事人・激突』出演の山田朝右衛門

港湾棲姫


ひょんな事から渡し人の事を知り、竜一郎の了解を経て渡し人となった棲艦
的の頭を自分の巨大な手で鷲掴みにして力任せに握り潰す方法を使う

彼女の詳しいプロフィールはこちらを参照のこと

『ニドト………クルナ』


陸軍、憲兵関係者

牛島崇満


陸軍憲兵隊に属する中佐
表向きは強面な大男だが、竜一郎や鳳翔達と同じく『闇の大本営』に属する渡し人でもある
また、過去の経緯から青葉とも繋がりを持ち、憲兵が仕入れた情報の提供なども行っている
自らは八極拳による徒手格闘を十八番とし、仕置きの際は相手の胴体に掌を打ち込んで肉体を破壊する打震を以て処刑する(この打震については、とある超人的なお医者様のそれに結構近い)
『不可思議な444番鎮守府』では、度々女性(艦娘、深海棲艦、方々からのお客様等々)に対するエチケット違反をやらかす天の御使いへの制裁のために偶に呼び出される事も……

「お前に異動命令だ・・・・行先は地獄・・・期間は無期限・・・荷物はいらん、今スグに逝け」

元『渡し人』

日向


かつて渡し人の棟梁を務めていた元艦娘
引退と同時に渡し人稼業もヲ級に譲ってからは居酒屋の女将と主婦の仕事に専念している
ヲ級の師匠なだけあって殺しの業もヲ級と同じ日向示現流を使う

現役時代は鳳翔、間宮と共に三強の一角として恐れられており、当時の呼び名は「修羅の日向」


別次元からの参入者

曹操

外史の世界から444番鎮守府にやってきた来訪者の1人。
元はお客様であったが、美少女達を弄ぶ輩に強い反感を持っており、愛用の『死神鎌・絶』で原型も残らぬほど切り刻んでしまう。
元々の戦闘力の強さも相俟って、外道に対しては竜一郎と同様に容赦しない。

華蝶仮面

曹操と同じく別次元からの来訪者の1人。
見た目は奇抜な女性だが、曹操と同じく並はずれた戦闘力を有している女傑である。
得物である槍『龍牙』による一撃で、超人的な速度を以て相手の心臓を貫く。


関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ小説 蒼崎竜一郎

派生作品


不可思議な444番鎮守府

艦これ渡し人の前日譚を主な内容とする日常系小説。クロスオーバー要素が多い。
舞台となる444番鎮守府の秘密や、登場人物の過去が明かされることもある。 時々、読者が執筆する作品の主役がゲスト出演することも。
作者の都合次第で休載されたり、別の曜日に投稿されることもあるものの、ほぼ毎週日曜日に更新される。





余談


〇本来は『実装石虐待保管庫』に実装スク師『kf』とタッグを組んで製作した『仕置き実装』シリーズの続編となるはずだったのだが
kf氏の都合で未投稿になった物を作者が『艦隊これくしょん』バージョンに再編成して製作した小説である



参考までに、その時にタッグを組んで製作されたものは
『僕の妹(改変版)』
『仕置き実装外伝 少女を食い潰す腐れ外道』
『仕置き実装第二夜 灰色少女』
『仕置き実装一・五夜 無惨技・人面獣心狂乱蟲毒殺し』

以上となっている

こちらに関して投稿希望の依頼があれば投稿出来るとの事です

〇足柄が採用された経緯については、当初は戦艦である『霧島』のはずだったのだが『戦艦級の馬鹿力だと2~3発で的が死ぬ』と思い
急遽重巡洋艦から選ぶ事となったとのことらしい
また山城の採用についても、当初の設定では重巡洋艦『羽黒』の予定だったのだが彼ら観光が製作中に急遽山城に変更、理由は

『羽黒にこの仕事は重過ぎる』

との事である

関連記事

親記事

艦これ小説 かんこれしょうせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「艦これ渡し人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 949

コメント