ピクシブ百科事典

黒松教授

くろまつきょうじゅ

『仮面ライダーBLACK』に登場する悪の科学者。フルネームは「黒松英臣(くろまつ ひでおみ)」。
目次[非表示]

演:黒部進

概要

暗黒結社ゴルゴムに賛同する科学者。
表向きの肩書きは、東都大学、及び聖和大学の医学部教授。
ノーベル医学賞の候補者でもあり、バイクレーサー等もその名前を知っているほど有名。

何故、地位も名誉も持っている人が怪しげな団体に協力するかといえば、「超人的な能力や5万年単位という途方もない長命を持つ怪人に改造してもらうため」である。
自分が怪人になるために、多くの人命を弄んだマッドサイエンティスト

能力等

右手の取り外しが可能で、右目も機械化されている。
とはいっても戦闘向きのものではなく、あくまで人間改造やその為の機械を操作しやすくするためのもののようだ。

三神官の暗黒超力の副作用で獣の様な姿になる事も。

最期

失敗が続いた為に当てにならない研究で怪人を死なせたという理由で
三神官に処刑されかかるが、直後に剣聖ビルゲニアの顔盗みの術を受ける。
(要は顔だけ盗まれて、本人は死亡した。)
その後、新聞で変死体で奥多摩山中に発見されたと報道された。

…しかし、ノミ怪人とトカゲ怪人に関しては三神官がさっさと撤退命令を出してれば助かったんじゃないかとも言える。
そう考えると黒松教授が処刑されることになったのはそうした三神官の失態を押し付けるためのいわゆる「トカゲの尻尾切り」であると取ることができる。
そうでなくても最終的にはビルゲニアの作戦のために犠牲になったのは事実であり、自分が怪人になるという野望のために多くの罪のない人々を犠牲にしてきた黒松教授にとっては、三神官やビルゲニアの都合で命を弄ばれるという末路は因果応報と言えるのかもしれない。

尚、ノミ・トカゲ怪人はともかく、マンモス怪人については、研究成果を基に「これで大丈夫」と太鼓判を押し、結果はダメだったので、怪人が生還したとしても責任を問われたと思われる。

関連記事

仮面ライダーBLACK ゴルゴム
科学者 マッドサイエンティスト

黒部進(ウルトラマン)…ハヤタとは対照的な怪演が光る。

森次晃嗣(ウルトラセブン)…直接関係はないが、この人も『仮面ライダー剣』では自らの野望のために自身を怪人化させたり多くの犠牲者を出したりした大悪党を演じていた。
吐き気を催す邪悪(特撮系)

pixivに投稿された作品 pixivで「黒松教授」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 849

コメント