ピクシブ百科事典

EH10

いーえっちじゅう

かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した電気機関車

かつて国鉄に存在していた2車体連結8軸方式の直流電気機関車。1954年から1957年まで64両製造され、東海道本線山陽本線(岡山操車場以東)、宇野線貨物列車牽引にて活躍した。国鉄での分類は「旧性能電気機関車」で最後の旧性能電気機関車であった。真っ黒な塗装に細い黄帯が特徴で、愛称は「マンモス」または「熊ん蜂(塗装から)」。1981年引退、1982年までに廃車された。

余談ではあるが、15号機(この機のみ茶色塗装)の高速牽引試験の結果を生かして旅客用バージョンのEH50形も計画されたが、電車方式のほうが効率がよかったため幻の計画となった。この試験の際には実際に特急つばめをけん引した事もあり、生涯一世一代の晴れ舞台にもなった

現在は、唯一61号機が大阪市東淀川区の公園に保存されている(阪急淡路駅下車、徒歩10分)

関連タグ

EH500(同じく2車体連結8軸方式で「平成のマンモス」とも呼ばれている)
EH200(これも同じく2車体連結8軸方式だが、青を基調にした塗装ゆえ「冷凍マンモス」とも呼ばれている)
EH800 臨時用ではあるが、H型機関車として初めて試験運用でなく本格的に営業運転で客車牽引している。

pixivに投稿された作品 pixivで「EH10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4323

コメント